シトロエン2CVが欲しい!|車名の読み方や燃費・維持費・購入方法

この記事のカテゴリー:

シトロエン2CVとは

「シトロエン2CV」とは?と尋ねて一体どれだけの人がわかるのでしょうか?

車好きの方ならともかく『車は走ればいい』と思っているような方では、聞いたこともない車になりかねませんが「シトロエン2CV」を見れば、この車なら知ってるという方が多いのも事実です。国産車でもありませんし、ミニバンでもありません。そう「シトロエン」とは、フランスの車なんです。

シトロエン2CVとヨーロッパの有名車たち

出典: https://pixabay.com

イギリスであれば「クーパー」イタリアであれば「フィアット」ドイツであれば「ワーゲン」そしてフランスと言えぱ「シトロエン2CV」です。

・シトロエン2CV―フランスが生んだ大衆のための実用車 (参考価格:4,104円)

出典:https://amzn.to/2Q9wk6F

 

「2CV」の意味

「シトロエン2CV」の「2CV」とは、「2馬力」を意味します。この「2馬力」ですが、エンジンの出力が「2馬力」ではありません。この「2馬力」の意味はフランスにおける当時の自動車課税基準である「課税出力」カテゴリーの「2CV」に由来があります。実際の「シトロエン2CV」はその後の改良にて「3CV」相当まで上がりましたが、車名のみ「シトロエン2CV」と残った形となります。

シトロエン2CVの「2CV」の読み方は?フランス読みに近い形で呼ぼう!

シトロエンという言葉は、どこかで聞いたことはあっても「2CV」とは何?どのような読み方なの?一般の方には、あまりわからないかもしれません。「にーしーぶい」や「つーしーぶい」という読み方なのでしょうか?

表記や読み方も様々あります。「ドゥシュボー」、「トゥー・スィー・ヴイ」、「ドゥ・セ・ヴェ」、「ドゥ・シ・ヴォ」、「ドゥ・セ・ヴォ」などなど人によって読み方も様々ですが、フランス読みに近い形で呼ばれる方が多数います。「にーしーぶい」という呼び名は、少し恥ずかしいかもですね。熱狂的オーナーの方からは嫌がられる呼び名ということですから、ご注意下さい。

 

「シトロエン2CV」の歴史|第一次世界大戦終結直後の1919年に設立したオトモビル・シトロエン社によって開発

「シトロエン2CV」の歴史を簡単に振り返りましょう。「シトロエン2CV」を開発したのは、フランスの大手自動車メーカーである、オトモビル・シトロエンです。設立は1919年ですから、2019年には創業100年を越える老舗メーカーです。1919年と言えば第一次世界大戦終結直後ですから、その歴史の重みを感じます。現在はプジョーグループの傘下の一企業となっています。

誕生のきっかけは農民が手押し車で運搬をしていた光景を目撃したこと

「シトロエン2CV」誕生のきっかけとなのは、1930年代後半にまで遡ります。当時のシトロエンの副社長であるピエール・ブーランジェの主導により、その開発はスタートしました。ピエールが感じ取った『需要のある車』として「必要にして最低限」の条件を満たした車が当時の時代のニーズとして必要であると感じ取ったことがきっかけとなります。

当時、既に自動車は発明されてはいたものの、一般庶民には、まだそれほど普及しているには至りませんでした。ピエールがきっかけとしたある光景を目撃したことによります。その光景とは農民たちが、手押し車で荷物の運搬をしていたシーンでありました。

 

「シトロエン2CV」のコンセプト|現状と需要を分析した上の8つの要望

出典: https://pixabay.com

それを見たピエールが開発エンジニアに伝えた言葉は以下の通りです。

「こうもり傘に4つの車輪を付けたものを作れ。」とは、なかなかの名言ですね。つまりこの要望とは、

・大人二人と荷物(50kgのジャガイモまたは樽)を積むことができること。

・燃費がいい事。(リッター20km)

・荒れた悪路でも走れること。

・そして全力で走っても卵が割れないくらいの乗り心地であること。

・時速60㎞の最高速度が出せること。

・女性でも運転しやすい車であること。

・安い車であること。

・車内スペースも充分であること。

上記の仕様要件は当時としては、非常に実現性に難があり、いくつものハードルを乗り越えなければ達成できないものでもありました。そしてコンセプト重視であり、上記の要件を満たすことができれば、デザインには特にこだわないということでした。

当時の考えとしては、当時の現状と需要をしっかりと分析した上でそれでいて、かなり先を見据えたコンセプトでもありました。

続きを読む
1/5