セスナが欲しい!必要資格と維持費用・レンタルや共同購入・価格

この記事のカテゴリー:

セスナは航空ファンの憧れ!自家用小型軽飛行機の代表「セスナ」をご紹介

セスナという響きは一定の世代以上の方にとって非常に魅力的なものだといえます。誰しもが持っている「大空を自由に飛び回る夢」を実現できるツールとして昭和の日本の自家用機としてセスナ機は長年航空ファンの心を鷲掴みにしてきたといえるでしょう。

近年では耳にする機会が少なくなってしまったセスナですが、現在でも十分に魅力的なコンテンツとして根強い支持を受けています。今回は「自家用小型軽飛行機の代表」ともいえるセスナにスポットライトをあてて紹介します。

 

セスナは世界3大軽飛行機メーカー!セスナが歩んできた歴史

出典:https://www.photo-ac.com/

自家用飛行機の代名詞として昭和の日本で親しまれていたセスナは、正式名称をCessnaAircraftCompany(セスナ・エアクラフト・カンパニー)というアメリカの軽飛行機メーカーの1つです。ビーチクラフトやパイパー・エアクラフトと並ぶ軽飛行機のメーカーで、世界3大メーカーとして知られています。小型単発機を多く生産したことから、日本では軽飛行機の代名詞となっているといえるでしょう。

数多くの戦闘機を出荷した第二次世界大戦…軍事産業として成長したセスナ社

1927年に設立したセスナ社は紆余曲折を経て1934年に現在の経営体制を確立します。1939年に開戦した「第二次世界大戦」の影響を避けることはできず、1940~1944年はアメリカの空軍の練習機であるAT-17ボブキャットの生産を行い、5,400機を出荷しました。

1960年代初頭東南アジアを舞台に繰り広げられた共産と反共産の戦場にアメリカが参戦した際にもセスナ社は小型ジェット機をベースに改良した戦闘機を投入しています。ドラゴンフライ(DragonFly:とんぼ)の愛称で呼ばれたこの機は、15カ国で採用されるヒット作となりました。

・米国直送 セスナ CESSNA Skyhawk 172 152 182 【iphone全種】&【GALAXY全種】ケース 4980円~ 日本未発売 米国限定品 MADE IN USA [並行輸入品] (参考価格:5,980円)

出典:https://amzn.to/2zv1KtK

 

セスナが小型軽飛行機の代名詞となった大ヒット商品とは?

出典:https://www.pexels.com/

1956年にリリースされたセスナ172は世界的な大ヒット作となり、小型軽飛行機のベストセラーといえるほど売れました。このセスナ172の大ヒットの影響から日本国内での小型軽飛行機の代名詞がセスナとなったといえるでしょう。ベストセラー機セスナ172(Cessna172)とは?1956年のリリースから60年を経過しようとする現在でも生産され続け、累計生産数は45,000に達する世界で最も生産されている機体だといえます。

セスナ社では第二次大戦後の開発モデルを数字3桁のモデルナンバーで表すようになり、172モデルの改良版はモデルナンバーの後に付けられるアルファベットで表します。1998年リリースの現行モデルは172Sとなっているので、19度のマイナーチェンジが行われたことが伺えます。

続きを読む
1/4