https://unsplash.com/

テスラのモデルXが話題!|自動運転などの性能や購入方法について

この記事のカテゴリー:

テスラとは?

テスラモーターズのことを省略して多くの人は「テスラ」と呼んでいます。

アメリカ合衆国のカリフォルニア州にテスラモーターズの拠点となる場所があります。テスラモーターズは世の中に大々的に電気自動車を送り出している有名なメーカーです。

最近ですと、テスラモーターズのディーラーやテスラの車に乗っている有名人についてやニュースを見た事がある人もいるかもしれません。

 

テスラの歴史について

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

テスラの歴史を知るには、会社名に使用されている「テスラ」が何を意味するのかを理解する必要があります。

ニコラ・テスラ氏の名前から会社名が取られています。テスラ氏は、なんと電気を発明したトーマス・エジソン氏が経営していたエジソン電灯という会社の社員でした。

その会社を退社した後、彼は「テスラ電灯社」という会社を設立しました。そして、テスラ氏は交流電流を用いることによって電気事業を始めました。それが世の中の多くの人に受け入れられて行きました。

このように、テスラ氏の行った研究や発明は賞賛に値するものだと言われていますが、テスラ氏は人との関わりが苦手な人でしたので、孤立しながらの研究開発に没頭していたともいわれています。

この発明力の優れている、ニコラ・テスラ氏の名前から、テスラモーターズという会社名がつけられているのです。

2008年には、「ロードスター」というテスラモーターズの最初の車両が販売されることになりますが、その時点ではテスラはまだ日本への参入はなされていない状態でした。

その後、2010年4月に「ロードスター」の日本での発売がなされるようになります。現在、日本においても徐々にテスラの知名度が高まって行きました。

 

テスラの特徴は?|自動車界のApple

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

テスラは自動車界のアップルとも言われています。アップル社は他者が生み出すことのできない最先端の機能を備えた製品を世の中に送り出しています。

同じように、テスラも他の自動車会社では生み出すことのできていない自動車を世の中に送り出すことに力を注いでいます。

テスラが取り組んでいる代表的な機能の一つが、太陽光発電を利用して電力を自動車のバッテリーに充電するシステムです。

日本では多くの場合、家の屋根取り付けてソーラーパネルを使って発電した電気を自宅で使用しています。それと同じ原理をテスラモーターズは自動車にも取り入れようとしているわけです。このように、今では考えられない常識を覆しながら、将来を切り開いていくのがテスラの特徴です。

型にはまらない会社ということもできるかもしれません。

 

テスラのモデルの種類|モデルS・モデルXなど

モデルSが、テスラの車としてよく知られています。テスラのモデルSの中でもグレードによって価格帯が変わってきます。約1000万円から約1700万円で購入することができます。

また、最近では、いくつかの種類があるテスラの車の中でも、モデルXが非常に話題になっています。

では、テスラのモデルXはどんな特徴があり、価格はいくらなのでしょうか?

 

テスラのモデルXとは?|高機能なSUVの電気自動車

https://www.tesla.com/jp/modelx

出典:https://www.tesla.com/jp/modelx

テスラのモデルXは、高機能の車を目指して開発された自動車です。

テスラの他の車も十分に高機能ですが、モデルXの場合は、高機能なSUVの電気自動車と表現することができます。7人を乗車定員とする、比較的大型のSUVになります。

さらに、モデルXが話題になっている理由の一つとして「自動運転」があります。

環境にも配慮しつつ、最先端のテクノロジーを取り入れているモデルXは誰もが一度は乗ってみたい車の一つです。

また、通常の横に開くドアとは違い、テスラのモデルXにはファルコンウィングドアが取り付けられています。鳥が翼を広げるかのようにして、上下に開閉することのできるファルコンインドをドアは誰もが見とれてしまう人気のあるデザインです。

 

モデルXの気になる性能は|異次元の加速モード

なんとテスラのモデルXには、加速モードが搭載されているんです。これが本当に凄いのです。

ルーディクラスと呼ばれている、加速モードを使うことによって、100㎞/hまで2.7秒で到達するといわれています。

このモデルXの加速モードは、一般向けに販売されている車の中でこの加速力は異次元といえます。また、モデルXの出力は、グレードによって変わってきます。

 

モデルXのインテリアは|選べる3タイプ

モデルXに備え付けられているハンドルやパネルには高級感が漂い出ています。

パネルも独特のサイズで、少し大きめの物がつけられています。具体的なサイズは、17インチのタッチスクリーンパネルになります。このパネルのサイズ自体は、以前から販売されていたテスラのモデルSと同じサイズですので、使い勝手の良さがそのまま引き継がれていることになります。

さらに、シートにもこだわりが詰められています。テスラのモデルXのシートは3タイプの中から選択することができます。

ホワイトシート、タンレザーシート、そしてブラックレザーシートです。どの色を選んだとしても、質の良い皮が使われていますので高級感が漂い出ています。

テスラのモデルXは、フロントガラスの大きさにも特徴が現れています。なんと、運転席の頭の上の部分にまでフラットグラスが張り巡らされているのです。ですからテスラのモデルXを運転している人は、頭上を見上げることによってすぐに開放感を味わうことができます。

また、通常の車ではまず考えられないのですが、ボンネットの中に入っているはずのエンジンのスペースがテラスのモデルXの場合は収納スペースに置き換えられています。モデルXならではの機転の利いた発想が生かされているのでしょう。

 

モデルXの駆動方式と馬力

テスラのモデルXの駆動方式は、AWD方式が採用されています。通常の自動車ですと前輪の力だけで車体を推し進める駆動方式が採用されていることがありますが、テスラのモデルXの場合は、前後それぞれにモーターが搭載されている駆動方式になっています。

この駆動方式によって、前後それぞれのホイールを駆動させることが可能になります。必然的にテスラのモデルXの馬力数を知るためには、前後の出力を合計してあげる必要が生じます。

モデルXの前後につけられているモーターの出力を合計すると、470馬力になります。かなり強力なパワーをテスラのモデルXには備えられていることが分かります。

モデルXの中でもグレードが分かれてきますので、グレード別の出力についても参考までに書かせていただきます。

一番下のグレードの「75D」だと386kw525㎰、真ん中のグレードの「100D」だと568kw762㎰、一番上のグレードの「P100D」も568kw762㎰という出力に関する情報も参考にすることができます。

 

注目のモデルXの自動運転について

出典:https://www.tesla.com/jp/modelx

テスラのモデルXに関心を抱いている方の多くは、自動運転についても気になっているはずです。

なぜなら、モデルXの「完全自動運転」が人気を寄せている理由の一つになるからです。

自動運転を実現するためにテスラが搭載したハードウェアは、8台のサラウンドカメラを操作して実現しています。それぞれのカメラが機能することによって、360度の視野と250m先の情報を得ることができるようになりました。

さらに、超音波センサ-も搭載されています。様々な物体を検知するために役立っているそうです。しかもテスラのモデルXに搭載されている超音波センサ-によって、従来センサーが感知していた距離と比べると、2倍の距離の物まで検知可能になったそうです。

実際に、テスラの「自動運転」がどのようなものであるかを知るために、モデルXに乗って自動運転で自宅から会社まで行く様子が収められたビデオもあります。

信号が赤になっているところではしっかりと停車し、高速道路や開けた道路を運転している時にもハンドルを一切操作することなく、モデルXの「自動運転」が運転しているところを見ることができます。ちなみに、アクセルなどの操作も行っていないそうです。

そして、到着地である会社の入り口にモデルXが到着した時です。勝手に会社の入り口でモデルXが停車しました。当然運転手はそこで車から降りるわけですが、車から降りた後、なんとモデルXが運転手なしで勝手に動き始めたのです。急に人が飛び出してきた時にもちゃんと停止して安全に配慮された自動運転をしていました。

そして、最後に車を駐車するスペースに到着したのですが、そこは縦列駐車をしなければならない場所でした。「さすが自動運転!」といった感じで、ミスをすることなく、テスラのモデルXは一発で縦列駐車に成功しています。

テスラのモデルXの自動運転に関心のある方は、一度このビデオを見てみることをお勧めします。どんな人でも初めて見る方であればモデルXの凄さに驚かれるでしょう。

モデルXの自動運転での事故について

2018年3月23日、アメリカカリフォルニア州でおきたテスラモデルXの追突事故によって、一人が死亡するという残念な事件が起きました。事故当時車体は、運転支援機能「オートパイロット」が作動しており、事故の原因は夜道で見通しが悪かった道で安全装置が起動するのが遅れた為だとの見方もあります。
実際に、この事件で考えさせるのは、事故が起きた場合の責任の所在です。この問題が今後も議論されていくことでしょう。

実際の事件の映像はこちら

モデルXの価格は|3つのグレード別

テスラのモデルXの価格は、モデルによって変わってきますが、約1000万円から約1800万円の間と言うことができます。

一番下のグレードである、「75D」であれば約1041万円、真ん中のグレードである「100D」であれば約1241万円、最後に一番上のグレードである「P100D」であれば約1780万円といった具合です。

モデルXの場合は、グレードによってスピードの出方が違いますので、よく調べてから自分の好みに合ったらグレードを選びましょう。

 

テスラのモデルXの購入方法について

テスラのモデルXを購入しようと考えている人は、「実際にどういう方法で買えばいいんだろう?」と疑問に思っている方も多いはずです。なぜなら周りの人や知り合いで、テスラのモデルXを購入したことのある人はほとんどいないからです。

テスラのモデルXの購入方法について具体的に見てみましょう。

 

モデルXは公式ホームページで購入!

公式ウェブサイトに行くことによって、テスラのモデルXを購入することができます。

カスタマーオーダーになりますので、テスラのモデルXを買う時には電気自動車に必要不可欠のバッテリーの種類を選択する必要があります。

サイト上では、「75D」「100D」そして、「P100D」の3つのうちから一つを選択する画面が表示されます。

特に、「P100D」の表示の部分には、「3.1秒で100kmまで加速」という書き込みがされていますので、スピードにこだわりを持っている人にはオススメの選択肢になります。

同じような手順で、ホイールの種類やインテリアの細かい色を選択することができます。このようにして、自分だけのモデルXに仕上げていくことができます。

 

モデルXの納車時期の目安は|オーダーや時期による

公式サイトにもあるように、テスラのモデルXを購入した際の納車の時期は、注文状況や注文内容によって大きく異なってきます。

つまり、全く同じ注文内容のテスラのモデルXを注文したとしても、注文する時期によって納車時期にばらつきが出てくるということです。個人のオーダーを取り入れてくれるテスラのモデルXの良いところと考えて、辛抱強く待つことにしましょう。

 

テスラのメンテナンス方法|年次点検・メンテナンスプラン

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

ステラのモデルXをもし購入したとしたら、どのようにメンテナンスをしたら良いのでしょうか?

普通の乗用車とは違い、電気自動車独特の特徴を兼ね備えているステラですので前もって知っておくことはとても重要です。

 

テスラの年次点検を行う!

まず大前提として、テスラにおいて販売されている車は、ガソリン車とメンテナンスの仕方が異なってきます。当然ながらテスラのモデルXは、オイル、スパークプラグ、エレメントの交換は必要ありません。

また、交換する必要はあるのですが、電気自動車の場合、回生ブレーキを使うことによってブレーキの減りが抑えられているため、ブレーキパッドを交換する頻度も少なくなります。

テスラのモデルXを購入した後にもサービスセンターに行けば、経済的に車のメンテナンスを行うことができます。

1年経過する、もしくは2万km走行したのであれば、年次点検をお願いすることができます。

 

テスラのメンテナンスプランにお願いすることも

テスラのモデルXを購入した後の年次点検とメンテナンスプランは違うものです。

年次点検の場合は、前払いでお金を払うことはありませんが、メンテナンスプランの場合は、あらかじめお金を払っておく必要があります。

そうすることにより、複数回分の定期点検をする時に生じる費用をあらかじめ払って、将来に行うメンテナンスの契約を事前にしておくことができるのです。

電気自動車に乗ることに慣れておらず、メンテナンスに不安を覚える方におすすめのプランということができます。

テスラのモデルXを買う時には、メンテナンスプランについて聞くことを忘れないようにしましょう。

 

テスラのディーラーについて|ストアの場所・試乗方法も

テスラのディーラーやストアを見たことのある人は、恐らく大きな都市に住んでいる人でしょう。テスラのディーラーやストアの数は他の大手自動車会社に比べると、まだ多いとはいえません。

では、実際に日本においては、どこにストアがあるのでしょうか?

 

テスラのストアの場所は

テスラのストアは限られた都市にしかありません。東京、愛知、大阪、福岡には現在ストアがあります。

愛知と大阪のストアには、アフターサービスの電話番号も公式ホームページに掲載されていますので、特にサービスが充実しているストアといえるかもしれません。

テスラのストアはまだ数が少ないのが現状です。詳しい所在地については公式ホームページでも確認しましょう。

・東京 南青山(ストア)

住所:東京都港区南青山2-23-8

お問い合わせ:03-6890-7701(直通) / 03-6890-7700 (自動音声)

営業時間:平日 11:00am – 8:00pm / 土日祝日  10:00am – 7:00pm

・愛知 名古屋(ストア、サービスセンター)

住所:愛知県名古屋千種区千種3丁目35-13

お問い合わせ:052-456-4683 / アフターサービス:0120-975-214

営業時間:平日 10:00am – 7:00pm / 土日祝日  10:00am – 7:00pm

・大阪 心斎橋(ストア)

住所: 大阪府大阪市中央区南船場4-2-4

お問い合わせ:06-7711-5171(直通) / 06-7711-5170(自動音声) / アフターサービス:0120-975-214

営業時間:平日 11:00am – 8:00pm / 土日祝日  10:00am – 7:00pm

・デザインスタジオ 福岡(Gallery)

住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3(ヒルトン福岡シーホーク内)

お問い合わせ:0120-982-428

営業時間:平日 10:00am – 6:00pm / 土日祝日  10:00am – 6:00pm / 定休日  火曜日

 

テスラのモデルXの試乗体験は可能?

例えば、東京のテスラ青山に行ったとしましょう。どんな車の試乗をすることができるのでしょうか?

これは、モデルSとモデルXの試乗をすることができます。

ただ、公式ホームページによるとテスラ青山で試乗を希望される方は、事前に連絡するよう勧められています。当日テスラのストアに行ってモデルXの試乗ができなくなってしまったら非常にがっかりですので、事前に連絡してから行きましょう。

また、モデルXの試乗だけでなく車を購入する際に必要な手続きや車の仕組みについての説明を聞くこともできます。ですから、テスラのモデルXの購入を真剣に考えているのでしたら、補助金や購入後の維持費用について詳しく質問してみましょう。専門家が親切に、抱いてる疑問について答えてくださるはずです。

場所によってはモデルXの試乗が出来るところと出来ないとこがあるかもしれませんので、事前の連絡を忘れないようにしたいものです。

 

有名人のテスラ愛好家

世界中でテスラの車に乗っているセレブ達は大勢います。誰もが一度は聞いたことのある有名人の名前を聞いて、「この人もテスラに乗ってるんだ!知らなかった!」と思われるに違いありません。

どんな有名人がテスラを愛用しているのか、ご一緒に見てみましょう。

キャメロン・ディアスもテスラモーターズの車を使用

あのキャメロン・ディアスも、テスラモーターズから購入した車を使用しているそうです。

ちなみに車を購入した時にテスラモーターズのCEOのマイク氏という方と知り合いになったそうです。そして、キャメロン・ディアスとマイク氏の間の熱愛も噂されています。

 

ウィル・アイ・アムもテスラの愛好家

アメリカ合衆国の音楽ミュージシャン、もしくはラッパーとしても知られているウィル・アイ・アムもテスラを所有している有名人の一人として知られています。

現在、テスラ車を所有しておられるユーザーの方の中には、ウィル・アイ・アムがきっかけでテスラモーターズを知るようになった人たちも多くいます。

1/1