サラリーマンの副業|メリット・副業増加の背景・バレない方法

この記事のカテゴリー:

今は好景気?サラリーマンの皆様いかがでしょうか?

サラリーマンの皆様、景気はいかがでしょうか?安定しておりますか?仕事に忙殺されていませんか?会社の仕事は楽しいですか?

つい最近、日本株は25年ぶりとなる日経平均価格23,000円まで回復しました。一部ではまだまだ上昇をし続けて年内には25,000円を突破し、これを通過点として、30,000円まで上昇するのではないかとも一部で囁かれています。

今後の日本は、皆さんもご存じの通り首都東京での世界的スポーツイベントの東京オリンピックの開催が決定しており、これに牽引される形で景気も伸びていくだろうとの期待が高まっています。

 

バブルの再来?実感できるほど景気は上向いているのか?

出典:https://www.pexels.com/

またバブルの再来かともちらほら言われはじめ、これまでの長きに渡る不景気から景気が上向いている流れへと向かっているようにも感じられます。サラリーマンの皆さんは実際の街の雰囲気や、個人での好況感は実感されているのでしょうか?例えば一部では、サラリーマンのボーナスが過去最高の水準であることが報じられたりしています。実際に皆さんの暮らしは、現在豊かであると感じているのでしょうか?

 

現在の世の中は格差社会!サラリーマンボーナスの恩恵を受けているのも一部の人?

サラリーマンボーナスに関して、報道されているような恩恵を受けているのは一部の大企業に勤務している特定の層のみであり、業績が伸びているのも、実際のところは大企業がほとんどです。それ以外の一般の方は、なかなか厳しい状況であることは、変わりないのではないでしょうか。

現在の世の中、実は潤っている方は非常に儲かっているし、一方で低賃金での報酬条件で働いているワーキングプアの層も存在し、実際はお金持ちと貧乏な人との格差が激しい時代というのが実際のところでしょう。

 

サラリーマンの副業を取り巻く状況。サラリーマンでも決して「安泰」ではない?

出典:https://www.pexels.com/

サラリーマンは安定しているというのは、過去の話であるでしょう。サラリーマンは会社に守られているし、ある程度継続的に勤めている以上、社会的信用もあることから安心と見えますがリスクもあります。例えサラリーマンといえど、会社だっていつ倒産するかはわかりませんし、業績低下によるコストカットの影響を受け、リストラされる可能性だってあります。そのように考えると自営業者でもサラリーマンでも、それほど変わりはなくリスクというものは存在します。

そんな中、将来に安心感を持てる状況ではないと考える方も増加しているようです。例えサラリーマンだとしても、決して「安泰」とは言えません。特に若い世代からそのような考えを持つものが増え、結婚し家庭を持ち、ましてや子供を作り育てるのは無理な現実社会と受け止める方も多くみられます。

サラリーマンの方は何年働いたとしても、充分な給与のベースアップが期待できないのが現実とも言えます。それどころか、サラリーマンの収入も減っていく一方であり物価や税金の値上がりなども生活を圧迫する現状です。

続きを読む
1/6