https://pixabay.com/

ベビーベッドはいつまで使用するの?|メリットとデメリット・活用方法

この記事のカテゴリー:

ベビーベッドへの理解を深めて、購入や活用方法を検討しましょう!

自分の子供が生まれると、用意しなければいけない必要なものがたくさんありますね。特に、大切な我が子を育てる時間はいつまでも続くものではないので、子供が小さい時から必要なものをしっかり備えてあげて、大切な思い出を作ってあげたいと思う人は多いのではないでしょうか。

子供に必要なものの一つとしてベビーベッドがあります。しかし、このベビーベッドは子供が小さいときから使用することができないので、出費がかさむことへ気後れしてしまう方や「いつまでも使えるわけではないから我慢して購入を控えておこう!」と思う方もいらっしゃることでしょう。

出典:http://amzn.to/2DsSgyz

こちらでは、ベビーベッドのメリットやデメリット、ベビーベッドのレンタル、使わなくなってしまったベビーベッドの活用方法をご紹介します。ベビーベッドのことをよく知ることで、メリットをなるべく多く取り入れたベビーベッドを購入することができるかもしれません。ベビーベッドの購入を悩んでいる方へ、実際にどのようなベビーベッドが自分の生活に合っているのか判断する材料になったら幸いです。

 

ベビーベッドのメリットとは?

ベビーベッドのメリット:産後ママの腰痛に!ベビーベッドの高さが腰への負担を減らします

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

産後のママの身体はしっかり気遣いながら生活していないとなかなか回復することができません。そんな中、お子さんを毎日の生活の中で何十回も抱きかかえているお母さんの悩みの一つに「腰痛」があるのではないでしょうか。ストレスゆえに「いつまで子供の世話が続くんだろう?」と考えているママもおられるはずです。しかも床に子供を寝かせて、その後に子供を抱きかかえるという動作を何十回もしていると自然と腰痛が悪化しやすい環境になってしまいます。

そんな腰痛に悩むママへ、ベビーベッドの使用を勧めてあげてはいかがですか?ベビーベッドを使用するのであれば、子供を持ち上げやすい腰の高さにお子さんを寝かせてあげることができます。膝を床につけて子供を抱きかかえる作業がなくなりますので、ベビーベッドによって子供を寝かせる動作も簡単に行うことができます。いつまでもベビーベッドを使えるわけではありませんが、重い腰痛が生じるようになってしまうと、いつまでも腰痛と付き合い続けなければならなくなってしまいます。将来への投資だと思って、ベビーベッドを使用してママの腰をいたわってあげましょう。

 

ベビーベッドのメリット:覆いかぶさりによる窒息事故のリスクがベビーベッドによって減少する?

近年、仕事で忙しくしているパパやママが多いため、24時間子供に気を配ることはますます難しくなっていると言えます。ですから必然的に何かのものが子供の顔に覆いかかぶさって、子供が呼吸のできない状態が生まれてしまう可能性があります。時々、ニュースでも幼い子供が窒息死をしてしまったという事例を聞くことがあります。

出典:http://amzn.to/2lfC64Z

愛する我が子をいつまでも守りたいと思うパパやママにとって、ベビーベッドはかなりメリットがあります。ベビーベッドは当然ゆかよりもう少し高い位置にあり、他の障害物とは遮られた状態が確保されています。ですから必然的にお子さんが何か予想できないような動きをしたとしても、他の物にぶつかったり、物の下に入ったりする可能性はほぼありません。それだけでも、いつまでも大切にしたいお子さんの命を守ることができるのですから、ベビーベッドを使う価値があるといえるのではないでしょうか?

 

続きを読む
1/4