お七夜とは|お祝いのやり方・祝い膳の準備・記念イベント

この記事のカテゴリー:

お七夜とは?古くから続く、赤ちゃんが産まれて初めてのお祝い行事!

お七夜とは、赤ちゃんが産まれてから7日目に、無事に生後7日を迎えられたことをお祝いする行事です。

現代では医学や技術の進歩、環境の変化により新生児の生存率というのは、当たり前のように高いものですが、その昔は産まれて間もない新生児の生存率は、今ほど高いものではなく、無事に育つことが出来ない場合が少なくありませんでした。

そのような事情から「お七夜」という行事が生まれたのです。つまり、産まれてから1週間経てば安心であるという思いから、盛大にお祝いを行ったことがそのはじまりと言われています。その歴史は長く平安時代から続いています。

 

お七夜のお祝いはどのように行うの?

出典:https://www.pexels.com/

お七夜の正式な執り行いは、産まれてから数えて七日目の夜を節目として、半紙に書いた赤ちゃんの命名書を神棚や床の間に貼ってお披露目し、祝い膳で無事の成長と命名のお祝いをします。このようなことからお七夜は、「命名式」「名付けの祝い」とも呼ばれています。

現在では生後七日目というと、赤ちゃんとママの退院時期になりますので、退院祝いも兼ねて行われることも多いですね。昔は、赤ちゃんが生まれた家の主が親戚などを招き、一族の長老などに、名付親をお願いして命名を行った後で、お祝いの宴を開くなどしていました。生後七日目は、「枕引き」「枕下げ」ともいい、昔はママの床上げの日ともされていましたが、まだまだママの体は十分に回復していない状態というのが現実です。その為、近年ではその風習は受け継がれていないことがほとんどであり、極親しい内輪のみや、両家の両親を招いて行うか、夫婦だけでお祝いをする場合が多いようです。

赤ちゃんが生まれたら名前をつけてあげますが、現在では赤ちゃんの名前は、ほぼ両親で決めることが多いでしょう。出生届は生後14日までに提出する必要がありますが、それまでに名前を考える人もいます。日本の伝統として「お七夜」という命名式に名前をつける風習として今でも初めての行事として行っている方も多いようです。

 

菅公工業 命名軸 ケ129 (参考価格:2,786円)

出典:https://amzn.to/2DO86rR

 

お七夜のお祝いでは何を食べる?お七夜の祝い膳

お七夜の祝い膳として用意する料理は、赤飯や尾頭付きの鯛、紅白の麩、お刺身などを祝い膳とするのが一般的です。しかし、産後のママのことを考えて形式にとらわれず、ママの好きなものや、食べたいもの、また産後ということで、ママが食べやすいものなどを用意してあげるのもいいでしょう。

最近はお寿司や仕出し料理、ケータリングサービス、デリバリーなど、産まれて間もない赤ちゃんとママの負担とならないように、外食サービスを利用するパパも多いようです。せっかくのお祝いなので、みんなが笑顔で祝い膳を囲み、お祝いしてあげられるよう、ママの体調を最優先で考えてあげましょう。

この時、パパがどれだけ活躍できるかが鍵となります。お七夜のお祝いや準備は、パパの主導で動きましょう。パパがママの為に手料理を頑張ってもよいでしょうし、ママへの感謝の気持ちをこめて、プレゼントを用意するなど、ママを喜ばせる為の素敵な演出も大切ですね。パパの真価が問われる時ですので、ぜひ頑張ってみてください。

 

お七夜はいつ行う?赤ちゃんの生後の日数の数え方は?

出典:https://www.pexels.com/

赤ちゃんのお七夜・命名式の日数の数え方ですが、生まれた日を1日目とし、7日目(生まれた日を0日として数えると生後6日目)の夜にお祝いをします。例えば1月1日出産であれば、1月7日の夜にお七夜を行うこととなります。

 

お七夜で赤ちゃんの命名式!正式な名前の書き方は?

赤ちゃんの命名式での名前の書き方としては、半紙(奉書紙)に筆で書くのが正式な形となります。半紙には下記の事項を記入します。

・親の名前

・続柄

・赤ちゃんの名前

・赤ちゃんの生年月日

続きを読む
1/2