赤ちゃんの湿疹|乳児湿疹の原因・湿疹が出る期間・ケア方法

この記事のカテゴリー:

赤ちゃんの肌はバリア機能が弱く敏感!顔にできる赤いぶつぶつは乳児湿疹?

赤ちゃんの肌はやわらかくて、触るとフニフニで気持ちがいいですよね。

しかし、乳幼児の肌は、大人の肌と違い、バリア機能が弱く、まだ皮膚も薄いのです。そのため、肌が敏感で色々なものに反応してしまいブツブツができやすく、頬が赤くなっている赤ちゃんがよくいます。顔などによくできるブツブツの赤い湿疹、この赤い湿疹のブツブツが「乳児湿疹」の症状のひとつです。

 

赤ちゃんの湿疹「乳児湿疹」の原因は?

出典:https://www.pexels.com/

赤ちゃんの湿疹である「乳児湿疹」。乳児湿疹がでている赤ちゃんは多いのですが、原因は様々です。

乳児湿疹とは、新生児から乳児期にかけてでる湿疹をまとめてよんでいるものであり、正式な病名ではありません。新生児や乳児は、バリア機能が弱いこと、汗や皮脂の分泌量が多いことが原因ではないかと考えられています。

顔にブツブツがでる赤ちゃんも多いのですが、同様にお尻にもブツブツとした湿疹ができている赤ちゃんが多くいます。赤ちゃんがしているオムツが原因で、パパとママも赤ちゃんのことを考えて、通気性の良いオムツを使ってあげていると思います。しかしながら、オムツはむれやすく、どうしても湿疹ができてしまうことがあるようです。赤ちゃんは自分がしたものがお尻についてしまいますよね。だから、どうしてもお尻には湿疹ができやすいのでしょう。

ナチュラルムーニーテープ 無添加オーガニックコットン 新生児5kg 66枚 (参考価格:1,368円)

おむつも新生児の頃から赤ちゃんの肌に優しい質のものを選んであげましょう。

出典:https://amzn.to/2TzYYvQ

 

赤ちゃんの湿疹はいつまで続くの?|6か月以上続く場合はアトピー性皮膚炎の可能性も?

赤ちゃんの湿疹「乳児湿疹」は、新生児から乳児期にかけてでる湿疹のことであり、気づくと治っていることもよくあります。乳児期以降も続く湿疹、6か月以上続く湿疹は「アトピー性皮膚炎」の可能性があります。

アトピー性皮膚炎は乳児湿疹とは違って、正式な病名です。なかなか赤ちゃんの湿疹が治らないので、病院で診てもらったら、アトピー性皮膚炎と言われたという話はよく聞きます。パパとママで赤ちゃんを見守ってあげていると思いますが、赤ちゃんの赤い湿疹がなかなか治らない、おかしいと思ったら病院へ連れていってあげましょう。

※赤ちゃんのアトピー性皮膚炎についてはこちら

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは?特徴や初期症状・おすすめ石鹸2選

 

赤ちゃんの湿疹予防はパパとママの力を合わせて!

出典:https://www.pexels.com/

新生児や乳児などの赤ちゃんの肌はバリア機能が弱いので、外敵から守ってあげましょう。清潔に保つこと、保湿をしっかりとしてあげることが大事です。赤ちゃんがいる部屋からは埃などが極力ないようにし、顔についた汚れはすぐにとってあげるようにしてください。赤ちゃんは汗をかきやすいのですが、なるべく汗もまめに拭いて、オムツ交換もまめにやってあげましょう。

ママひとりでは疲れきってしまい、まめにやることは難しいでしょう。そこでパパの出番です。良いパパになるため、赤ちゃんのためにもママのためにも頑張ってください。食事中に赤ちゃんの顔についてしまった食べ物、ヨダレなどは気づいたら拭いてあげてください。汗もかいているなと思ったら、まめに拭いてあげてください。オムツ交換も、ママとの当番制にしていることが多いようですが、パパとママで力を合わせて頑張ってください。二人の頑張りで、赤ちゃんの湿疹を防ぐこともできます。

 

赤ちゃんの湿疹が出ないように…キレイ好きなパパになる!

新生児や乳児の赤ちゃんの赤い湿疹がでないように、赤ちゃんの肌を守るためには、部屋などを清潔に保つことが大事です。神経質になりすぎても良くないのですが、ママだけではなく、パパが部屋の掃除をすすんでやるといいでしょう。ママが赤ちゃんにミルクをあげたりしている間に塵や埃をとってあげたら、赤ちゃんだけではなく、ママも大喜びでしょう。空気清浄機なども使ってキレイな空間を作れるとさらに効果があります。

続きを読む
1/3