https://www.pexels.com/

子供の名前の付け方【女の子編】|名付け6方法、人気名前ランキングなど

この記事のカテゴリー:

名前はわが子に贈る最初のプレゼント|とびきりステキなものにしたい!

子供の名前は、両親からわが子に贈る初めてのプレゼント。しかも一生使うものだから、思いを込めてとびきりステキな名前を贈りたいですよね。

特にパパにとって娘である女の子は特別な存在。名前を付ける時の思い入れもひとしおではないでしょうか。

そこでここでは、女の子の名前を考えるときに知っていると役立つ、名前に関する知識や名づけ方、注意点などをご紹介します。

 

子供の名前の決め方6つの方法|花の名前や漢字一文字など

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

いざ名前を考えようと思っても、なかなかいい名前が浮かばないという方もいるのでは?特にパパの場合、自分とは性別の違う名前を考えなければならないため「どんな名前がいいのか見当もつかない」と感じることも。

そこでここでは、子供の名前を考える際の助けになってくれる方法をいくつかご紹介します。

1.子供が生まれた季節からイメージして名前を付ける

子供の性別に限らず人気なのが、生まれた季節をイメージする名前。季節をイメージさせる名づけ方には、主に以下のような方法があります。

・生まれた季節の漢字をそのまま取り入れる

・生まれた月の異名(3月は弥生など)

・誕生石の名前をもじる

・季節の植物や動物などの漢字を生かす

・季節特有の天候にちなんだ名前

・行事や暮らしからイメージする

春生まれの女の子の名前おすすめ5選

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

・颯希(さつき)

5月の異名である「皐月」に、初夏のさわやかな風のイメージを重ねて。

 

・笑里(えみり)

「山笑う」という言葉からとった名前。この言葉は、草木が芽吹き、明るくなった春の山の様子を表しています。

 

・風音(かざね)

アネモネの花は、ギリシャ語の風が由来。そこからイメージしています。

 

・千咲(ちさき)

春に花が咲きみだれる様子からイメージしています。

 

・陽菜(ひな)

春の温かい日差しと菜の花を思い浮かべる名前です。

 

夏生まれの女の子の名前おすすめ5選

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

・愛風(あいか)

日本海沿岸で吹く北寄りのそよ風「あいの風」をイメージしています。

 

・雨音(あまね)

しとしと降り続く梅雨のイメージです。

 

・風南子(かなこ)

夏に吹く南風から。

 

・雲音(もね)

夏の入道雲を連想させます。

 

・鈴風(りんか)

夏の風物詩風鈴から。

 

秋生まれの女の子の名前おすすめ5選

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

・楓(かえで)

真っ赤に色づく紅葉が由来です。

 

・可澄(かすみ)

秋の澄んだ空をイメージしています。

 

・栞奈(かんな)

10月の異名神無月が由来。また、栞という字は読書の秋を連想させます。

 

・穂波(ほなみ)

実りの秋のイメージです。

 

・優月(ゆづき)

十五夜のお月さまと、秋の夜の優しい空気感をイメージしています。

 

冬生まれの女の子の名前おすすめ5選

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

・彩羽(いろは)

お正月の羽根つきやいろはかるたから。

 

・小雪(こゆき)

冬といえば、雪のついた名前は定番です。

 

・聖奈(せいな)

クリスマスのイメージから。

 

・柚香(ゆずか)

冬に実がなる果物「柚」から。

 

・律花(りっか)

雪の結晶が六角形なことから、雪のことを「六花」と呼ぶことがあります。

 

2.花の名前からイメージして名前を付ける

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

女の子といえば、花に由来する名前を付けることが多いのではないでしょうか。女の子らしくかわいいイメージで、季節とも絡めやすいところがポイント。

「花のように美しく育ちますように」「多くの人に愛されますように」など、パパの願いも込めやすいのではないでしょうか。

いろいろな花の名前を調べ、イメージを膨らませてステキな名前を考えてみてくださいね。

花の名前をモチーフにした女の子の名前おすすめ10選

・衣音(いおん)

春の花「菫」を意味するギリシャ語「イオン」から。

 

・菜々

春の菜の花のイメージです。

 

・美桜(みお)

春を代表する花「桜」から。

 

・沙羅(さら)

夏に花を咲かす「沙羅」から。

 

・茉莉(まり)

夏の花茉莉(まつり)から。

 

・璃々衣(りりい)

百合の花を意味する英語「リリー」をもじった名前です。

 

・日葵(ひまり)

夏の花向日葵をもじった名前です。

 

・珠華(しゅか)

赤い花を咲かせる曼殊沙華からイメージしています。

 

・愛里(あいり)

英語であやめを意味するアイリスをもじっています。

 

・千絵莉(ちえり)

英語で桜を意味するチェリーをもじっています。

 

3.大和なでしこをイメージして名前を付ける

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

日本の女性といえば「大和なでしこ」を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。最近は今風な名前が流行っており、古風な名前はかえって新鮮な印象を受けるかもしれませんね。

和をイメージする漢字は柔らかい印象のものが多く、優しいイメージの女の子らしい名前をつけやすいのではないでしょうか。

以下のようなものをイメージすると、古風な名前が思いつきやすくなるでしょう。

  • 日本の神話や歴史上の人物

日本の神話や歴史に出てくる女性の名前をヒントにしてみましょう。そのままつけてもいいですし、響きだけ、イメージだけ取り入れるのもいいでしょう。

  • 日本の地名

地名には、昔ながらの大和言葉が残っているケースが多く、名前を付ける際のヒントになります。

  • 古典文学

和歌などの古典文学の中には、響きの良い言葉や情緒を感じさせる言葉など、名前のヒントになりそうな言葉がたくさん出てきます。

大和なでしこをイメージした古風な名前おすすめ5選

・佐保(さほ)

春の女神佐保姫から。

 

・明日香(あすか)

日本の地名から。

 

・七瀬(ななせ)

万葉集の中の一句にこの言葉が出てきます。

 

・伊予(いよ)

日本の昔の地名、伊予の国から。

 

・瑞穂(みずほ)

日本のことを、稲が多く取れることから「瑞穂の国」と呼ぶことがあります。

 

4.漢字一字に思いを込めて名前を付ける

漢字には、その一字に思いがこもっているものがたくさんあります。思い入れの強い、どうしても名前に使いたい漢字があるのなら、思い切って漢字一字の名をつけるのもおすすめです。

名前に込めた意味が、より鮮明に伝わるのではないでしょうか。またシンプルな分、画数が多い漢字や珍しい漢字なども使いやすいでしょう。

子供の性別に関係なく使える漢字一字の名前5選

・心(こころ)

有名子役「寺田心」くんでも有名なこの名前。この漢字には、精神、思い、中心といった意味があります。

 

・天(そら)

スケールの大きな印象を与える名前です。大空、雨、神、真理を意味します。

 

・奏(かなで)

音楽や調和をイメージさせる名前です。

 

・凪(なぎ)

風がやみ、海が鎮まることを意味する言葉です。

 

・歩(あゆむ、あゆみ)

目標に向かって前進するイメージです。歩く、行くなどの意味があります。

 

女の子らしい漢字一字の名前5選

・柚(ゆず)

柑橘系の果物の柚。かわいらしい印象を受けるためか、最近人気があります。

 

・杏(あん)

あんずや銀杏からとっています。丸くて小さな果物のイメージと、かわいい響きで人気があります。

 

・紬(つむぎ)

大島紬など、絹織物をさす漢字です。

 

・雫(しずく)

かわいい響きが人気の名前です。

 

・桃(もも)

ピンク色の桃のイメージそのままに、かわいらしい印象になります。

 

続きを読む
1/2