子供の熱が下がらない時の対処法|3日経過時・食事や原因分析など

この記事のカテゴリー:

子供はちょっとしたことで熱を出しやすい…

子供が熱を出すとかなり焦るものです。赤ちゃんなどの乳幼児はちょっとしたことで熱を出しやすく、熱が下がらないなんてことも珍しくないもの。ほうっておくと赤ちゃんなどの乳幼児は大事に至ることも少なくありません。熱が下がらないで単なる風邪だと思っていたら実は他の病気が関係していたなんてこともあります。

そもそも風邪だからといって子供の場合には決して軽視できないこともポイントでしょう。1歳2歳3歳くらいの子供、特に1歳未満の子どもだとなおさらです。

ここではもしも子供が熱を出した際の対処法やその原因について詳しく解説していきますから、熱が下がらない子どもがいる親御さんはぜひとも参考にしてみてください。

 

子供の熱が下がらない!?対処法は?

出典:https://www.pexels.com/

子供がいる親は一度や二度は「子供が急に熱を出して困った」といった経験をしたことがあるものです。 大事なのは親の対処の仕方であり、うまく対処できれば症状を軽度に抑えられることもあります。子どもは成長するまでには何回も熱を出すものですから、早めに対処法を知っておきたいところでしょう。

 

そもそもどうして子供は熱を出しやすい?

赤ちゃんなどの乳幼児は抵抗力も弱く、体もしっかりできていませんから、風邪などにもかかりやすくなっています。そのため、熱を急に出すことは仕方のないことなのです。子供が熱を出す場合はやはり風邪が一番多いとはいえ、見逃せない原因もあります。こうした風邪以外が原因で熱を出してしまう場合についても見ていきましょう。

 

子供の熱が下がらない、熱を出す原因は様々|高熱の原因は?

赤ちゃんなどの乳幼児の熱が下がらない場合には様々な原因が関係していることもあります。例えば、他の病気が原因になっているケースです。旅行中に熱が出たという際には感染症が原因のこともあります。子供は免疫力も弱いために大人ならばなんてことはなくても子供だと少しの環境変化でも病気になることもあるのです。

他にも、子供だと突発性発疹や水疱などによっても高熱が出やすくなります。突発性発疹の場合にはかゆみなどが伴うことが特徴である一方、水疱の場合には体中に水ぶくれのようなものができます。他にも、悪いものを食べたり、食中毒が原因で熱が出るなんてこともあります。

子供はどうしても抵抗力が弱いために熱もでやすくなっており、熱が出る原因はいろいろとありますが、もしも子どもの熱が出てしまった際にはどのような原因なのかを見定めていくことも大事です。

 

子供の熱が下がらない時に起こる熱性痙攣(熱性けいれん)について

出典:https://www.pexels.com/

赤ちゃんなどの乳幼児の熱が下がらない際に起こる熱性痙攣(熱性けいれん)についても知っておきましょう。

熱性痙攣(熱性けいれん)は10人に1人くらいの割合で起こるもので、熱が出始めてから熱が下がらないで24時間以内に起こることがほとんどです。

熱性けいれんは、熱が下がらず白目を向いてけいれんを起こすもので、原因はよくわかっていません。熱性けいれんは6歳以下の子供がよくかかりますから、赤ちゃんや小さな子どもがいる場合には特に気をつけておきたいところでしょう。

最悪の場合には脳炎や骨膜炎などにも至ることもあるのが熱性痙攣(熱性けいれん)です。また、親や兄弟・姉妹が熱が下がらないで熱性けいれんにかかったことがある場合には子どもも熱性けいれんにかかりやすくなります。こうした遺伝的な要因もあることも見逃せません。他にも、熱性痙攣(熱性けいれん)はあまり高温ではない熱の場合にもなることもあります。

1歳2歳3歳くらいの子供は特に注意して観察してあげましょう。

続きを読む
1/4