つわり時の食べ物|つわりの原因・症状・おすすめの食べ物

この記事のカテゴリー:

つわりとは?ほとんどの妊婦さんが経験する、本当は怖いつわり

奥さんのお腹に新しい命が宿るのは家族にとってとても幸せなことです。パパさんはこれからやってくるお子さんとどんなふうに過ごそうか、色々考えていることでしょう。しかし、お子さんが誕生する前にはどうしても避けて通れない困難もあります。

その最初の困難が「つわり」。つわりはほとんどの妊婦さんが経験する症状。男性にとっては「気分が悪くなる」程度に思っている人も多いかもしれません。しかしつわりは本当につらいもの。場合によっては入院や点滴といった治療が必要になることがあります。本当は怖いつわりについて解説します。

 

つわりの症状は吐き気だけ?|つわりの代表的な5つの症状

出典:https://www.pexels.com/

つわりの代表的な症状は吐き気だと考えている男性は多いことでしょう。しかし、つわりの症状は吐き気や嘔吐だけではありません。もっとも多いのは吐き気や嘔吐ですが、それ以外にも、全身がなんだかだるい、頭が痛い、眠くて仕方がないといった症状が出ることもあります。

吐きつわりとは?

一言でつわりといっても、中には様々な症状があります。まず一般的な吐き気や嘔吐が続くつわりは「吐きつわり」と呼ばれています。これはわかりやすく言えば、二日酔いの吐き気がずっと続いているような状態。さらに食べられないことによって栄養失調につながってしまうこともあります。

食べ物が食べたくなる|食べつわりとは?

出典:https://www.pexels.com/

吐きつわりとは逆に、常に何かを食べていなければ落ち着かないといった症状のつわりもあります。これは「食べつわり」と呼ばれるもので、空腹になると吐き気がするため、ついつい食べてしまうというつわりです。

人によっては食べつわりと吐きつわりが交互にやって来る人もいて、食べては吐いてしまうという悪循環に陥ることもあります。

においつわりとは?|ごはんの匂い、香水や化粧品、体臭の匂いもダメに?!

匂いに敏感になるといった症状もつわりの代表的なもの。この匂いに関するつわりは「においつわり」と言われているもので、多くの妊婦さんが悩んでいる症状です。においつわりの中で有名なのは「ご飯の炊ける匂い」。普段ならなんでもない匂いによって、吐き気がしたり、実際に吐いてしまったりということがあります。

ご飯の炊ける匂い以外にも、香水や歯磨き粉、タバコといった匂いにも嫌悪感を感じることもあります。たとえば今まで好きだった香水や化粧品の匂いがダメになってしまうということも少なくありません。さらに単体では平気でも、匂いが混ざってしまうことで吐き気がする、吐いてしまうということもあります。

たとえば、スーパーやデパ地下など、食べ物の匂いの混ざりやすい場所や、人の多い場所などが苦手になってしまうという人も少なくありません。

さらに、においつわりの場合、体臭がダメになってしまうということもあります。それまではまったく気にならなかった旦那さんの匂いや、子どもの匂いがダメになってしまうという場合、それによって夫婦仲や家族関係がうまくいかなくなってしまうということもあり得るのです。

よだれが止まらない|よだれつわりとは?

つわりの症状として、唾液の量が増えるということがあります。これはよだれつわりと呼ばれるもので、自分では唾液がコントロールできないという特徴があります。さらによだれが止まらないという不快感や、自分のよだれが苦く感じられるという症状もあり、吐きつわりと同時に現れることもあります。

起きていても動けない|眠りつわりとは?

つわりは食べ物に関する症状だけではありません。眠くて眠くて仕方がない「眠りつわり」に襲われるという人もいます。これは起きているのもつらいほどの眠気に襲われるつわり。そのほか、倦怠感や集中力、記憶力の低下などが起きることもあります。

この眠りつわりは、母体を安定させることで流産を防ぐという意味もあると言われています。

 

つわりはなぜ起きる?つわりの原因や役割

出典:https://www.pexels.com/

それではつわりはなぜ起きるのでしょうか。つわりは「悪阻(おそ)」と呼ばれるもので、実ははっきりした原因は分かっていません。ただし、つわりの原因についてはいくつかの有力な説があります。

まず有力なのは、ホルモンバランスの変化によるものという説です。女性の身体は妊娠すると、体内で分泌されるホルモンのバランスが変化します。妊娠初期には、子宮の中に生まれた受精卵の発育のために、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンが分泌されます。このホルモンは胎盤の一部で作られるもので、卵巣の中の黄体の分解を防ぎ、「プロゲステロン」という別のホルモンの分泌を促進します。

このプロゲステロンというホルモンは、妊娠・出産には非常に重要なもので、妊娠した場合、子宮に働きかけて出産まで無事に赤ちゃんを守ってくれるほか、乳腺の発達や、体温の上昇に作用したり、母体の身体を健康にしてくれます。

ただし、このプロゲステロンには消化管の運動を妨げるという作用もあります。これは消化管が活発に働くと、赤ちゃんに悪い影響が出るからなのですが、消化管が不活発になることで、どうしても母体は食べ物を消化・吸収しづらくなり、結果として食べ物を食べられなくなる、食べ物の匂いを嗅いだだけで気分が悪くなると言うことが起こってしまうのです。

また、ホルモンの問題だけではなく、つわりは母体のアレルギー反応だという説もあります。女性が妊娠した場合、妊娠初期では女性の身体は赤ちゃんがお腹の中にいるという状態に慣れていません。そのため、女性の身体は自分の身体の中の赤ちゃんを異物と判断、免疫が働いてアレルギー反応を起こしてしまいます。その結果、食べ物を吐くといったつわりの症状が生まれてしまうのです。

 

つわりは赤ちゃんを守るため?つわりの役割

出典:https://www.pexels.com/

ただし、つわりは悪いことばかりとは言い切れません。最新の研究によれば、つわりには赤ちゃんを守るための役割があることも分かっています。まず、つわりが起きるとお母さんは匂いに敏感になったり、食べ物が食べられなくなったりしますが、これは身体の中に悪い食べ物が入らないように防いでいる防衛反応と言うことができます。もし妊娠中に赤ちゃんに悪い影響がある食べ物を口にすると、無事に出産を迎えられないという可能性も生まれてきます。

また、妊娠中は免疫力が低下している状態。普段の場合なら少し傷んだり悪くなった食べ物を食べても平気という人でも、免疫力が下がっている状態で傷んだ食べ物を食べた場合、重症化してしまうことも考えられるのです。

つわりはこのようなことから母体を守る役割もあると考えられています。

 

ストレスがつわりの原因になることも

つわりの原因は、女性の体内の変化だけではありません。たとえば、ストレスがつわりの原因となることもあります。夫婦関係がうまくいっていない、妊娠・出産に対する不安が強いと言った場合、つわりの症状が悪化することもあります。

さらに、食べたいのに食べられないといったつわりの症状自体がストレスになり、つわりを悪化させることもあります。

 

つわりで赤ちゃんの性別はわかるの?

つわりで赤ちゃんの性別がわかるという迷信がありますが、これは医学的な根拠はありません。

つわりはホルモンバランスで変化して起こるものなので、赤ちゃんの性別が女の子だから、つわり中に甘いものが食べたくなったり、つわりがひどくなるということもありません。また、赤ちゃんの性別が男の子だから、揚げ物が食べたくなったり、食べつわりが起こるということもありませんよ。

 

つわりはいつから始まる?つわりが起こる時期

つわりは通常、妊娠1か月のころに始まり、胎盤が完成する3か月から5か月ごろにかけて続きます。しかし、この時期には個人差があり、つわりがまったくない人もいれば、出産直前まで続く人、いったん収まったつわりがまた始まる人など様々です。そのため、パパさんは妊娠中の奥さんに対しては、いつも以上に慎重にケアをすることが必要です。

 

つわりの中でも注意すべき|重症妊娠悪阻とは?

つわりはほとんどの妊婦さんが経験するもので、そのうち自然に収まるものと考えられていますが、中には注意を必要とするものもあります。それが「重症妊娠悪阻」と呼ばれるものです。

重症妊娠悪阻とは、つわりの症状が極めて悪化したもののことを指します。重症妊娠悪阻になると、脱水症状やめまいなどが起き、意識障害や昏睡などに陥り、最悪の場合死に至ることもあります。

重症妊娠悪阻の原因

重症妊娠悪阻の大きな原因は、強い吐き気によって身体に必要な栄養素が補給できないことにあります。吐きつわりがひどい場合、水を飲んでも吐いてしまうということがあり、そうなると水分が補給できないため血圧が上昇、重篤な症状を引き起こします。また糖分が補給できないため、低血糖になり意識障害などを起こしてしまうこともあります。

重症妊娠悪阻の3つのチェックポイント

重症妊娠悪阻になった場合、入院や点滴など、医療機関での加療が必要になります。そうならないため、通常のつわりと重症妊娠悪阻を見分けるために3つのポイントに注意をする必要があります。

まず、つわりの種類に注意をすることが重要です。重症妊娠悪阻になるのは吐きつわりです。匂いつわりや眠りつわりの場合、重症化することは稀ですが、吐きつわりの場合、状態が悪化しやすいため、特に注意をする必要があります。

二つ目のチェックポイントは、嘔吐の回数です。胃の中に食べ物がなくても吐いてしまうというときには、重症妊娠悪阻に発展する可能性があります。嘔吐したもののなかに、胃液や胆汁、血液などが混じっている場合、重症妊娠悪阻になる可能性があります。

最後は頭痛やめまい、血圧の低下といった症状です。これらの症状が出た場合、早期に産婦人科を受診することが必要です。日ごろから奥さんの様子を注意深くチェックし、必要に応じてすぐに診察を受けられるようにしましょう。

重症妊娠悪阻を予防するために

重症妊娠悪阻を予防するためには、水分と栄養を補給することです。といっても、吐きつわりの場合、食べても吐いてしまう、そもそも食べられないという場合があります。ただし、吐きつわりには一日の中でひどい時間帯、比較的マシな時間帯があるので、マシな時間帯にすぐに栄養を補給できるよう、常に枕元や目につくところに簡単に口にできるものを置いておくといいでしょう。

食べるものや飲むものは、喉を通るものなら何でも構いません。栄養補給がゼロになってしまわないように気を付けることが、重症妊娠悪阻を予防する最善の方法です。

 

つわりのときでも食べやすい・楽になる食べ物ランキングTOP5

出典:https://www.pexels.com/

つわりのときには食べ物をきちんと補給するということが必要です。しかし、つわりの場合はそもそも、食べること自体が難しいもの。それでは、つわりのときにはどのような食べ物が食べやすく楽になるのでしょうか。

つわりの時は食べたいと思う食べ物を食べる

つわりのときに選ぶ食べ物の基本は、「食べたい食べ物を食べる」ということです。つわりのときにいい食べ物はネットなどでも紹介されていますが、食べ物の好みは非常に個人差が大きいもの。とにかく口に入れられる食べ物、食べられそうだと思える食べ物なら何でもチャレンジしてみましょう。

その際、栄養が偏るなどということは考えないこと。少しでも水分や塩分といった栄養素を補給することを優先しましょう。

つわりの時はジャンクフードなどの食べ物は避けたほうがいい?

出典:https://www.pexels.com/

つわりのとき、なぜかフライドポテトやポテトチップスといったジャンクな食べ物を食べたくなったという妊婦さんは少なくありません。これはジャンクフードなどの食べ物は塩分や油分、カロリーが多いため効率的に栄養が補給できるという説や、手で食べられるので食べやすいという説、妊娠すると身体がアルカリ性から酸性に変化するため食べ物の好みも変わるという説など、様々な説がありますが、詳しいことは分かっていません。

しかし、いくら食べられる食べ物だと言っても、ジャンクフードを食べ過ぎてもいいのでしょうか?

結論から言えば、つわりのときでも食べられる食べ物であれば、なんでも食べるべきです。確かにジャンクフードは油分やカロリーも多く、母体に対していい影響があるとはいえません。しかし、だからと言ってせっかく食べられるものを我慢するのは逆効果。口に入れられる食べ物であれば、積極的に摂取したほうがいいでしょう。

さらに、食べたいものを我慢すると、ストレスがさらにつわりをひどくしてしまうという可能性もあるため、食べたいと思う食べ物であれば、ジャンクフードでも口にしたほうがいいでしょう。

 

つわりを和らげる食べ物はある?|つわりに効く食べ物ランキングTOP5

それでは、つわりを和らげて軽減してくれる食べ物はあるのでしょうか。ランキング形式で、つわりが楽になる食べ物をご紹介します。

第1位:梅干し

出典:https://amzn.to/2PFrEoA

つわりを和らげて軽減してくれる食べ物・つわりに効く食べ物としては「梅干し」が挙げられます。妊娠中は酸っぱい食べ物が食べたくなると言われますが、梅干しに含まれている塩分は、吐き気を軽減してくれることもあります。

 

第2位:炭酸水

出典:https://amzn.to/2PFsqlu

また、つわりがひどいときには炭酸の入った飲み物も効くと言われています。これは炭酸が胃の活動を刺激して、げっぷを出してくれることで一時的に胃の中の環境が変わることが原因とされています。

ただ、梅干しも炭酸飲料も食べ過ぎには注意したほうがいいと言われていますが、つわりがひどいときには口に入るものならなんでも食べてつわりを軽減させたほうがいいでしょう。

 

第3位:トマト

出典:https://amzn.to/2PLvfBB

栄養価の高いトマトは、さっぱりしているので、つわりの時でも食べやすく、あまり食べられない時に栄養を取れるものとして、つわり経験のあるママたちからの人気が高いです。

 

第4位:バナナ

出典:https://amzn.to/2PJo1hm

つわりを軽減してくれるバナナは、つわりに効くだけでなく、妊娠中に欠かせないビタミンB6も取れます。酸味のあるプレーンヨーグルトと一緒に食べると、つわりの時でも食べやすいでしょう。

 

第5位:ゼリー

出典:https://amzn.to/2QW2dfb

つわりがあっても、つるんと食べられるゼリー。味やにおいによっては、さらにつわりが出てしまうこともあるので注意しましょう。柑橘系のゼリーは比較的食べやすいようです。

 

つわりのときは避けたほうが無難な食べ物は?

出典:https://www.pexels.com/

つわりのときには食べられるものを食べるというのが基本になりますが、注意したほうがいい食べ物もあります。

まず、生もの。妊娠中は免疫力が低下しているため、お寿司やお刺身などの生の食べ物には注意したほうがいいでしょう。

生ものの中でも、特に気を付けたいのが魚や貝のフライ。生の食べ物には気を付けている人でも、フライなら火が通っているから大丈夫と考えがちですが、フライなどの食べ物の場合、芯まできちんと加熱されていない場合があります。また、フライに使われているのは「生食用」の素材ではないこともあるため、妊娠中は注意したほうがいいでしょう。

また、グレープフルーツにも注意が必要です。妊娠中はグレープフルーツの酸っぱさが美味しく感じるもので、ジュースなどは飲みやすいため人気がありますが、グレープフルーツは血圧を下げる作用があります。そのため、血圧が下がっている場合にはそのまま失神したり、昏睡状態になることもあります。たかがグレープフルーツだと油断すると非常に危険なこともあるので覚えておいたほうがいいでしょう。

 

つわりがひどい奥さんのためにパパできること

出典:https://www.pexels.com/

パパさんがつわりのひどい奥さんのためにできることは、まず奥さんのつらさを理解してあげること。吐きつわりのときはわかりやすいものですが、眠りつわりやよだれつわりの場合、なかなかそのつらさを他人が理解するのは難しいものです。

特に眠りつわりの場合だと、周囲からは怠けているだけ、やる気がないと思われがちですが、本人は動きたくても動けない、非常につらい状態です。そのため、パパさんはつわりには様々な種類があることを理解して、奥さんをいたわってあげることが必要です。

また、つわりがひどい場合には、食事の支度をするのも難しいもの。特に匂いつわりの場合には、ご飯を炊くだけでも吐き気が起きてしまうということもあります。また、食べ物の匂いが混ざってしまうスーパーでの買い物も一苦労です。そのため、食事の支度を奥さん任せにせず、できることは積極的にサポートしていきましょう。

つわりは非常につらいものですが、いつかは必ず終わるものです。奥さんが精神的に不安定になることがあっても、それをしっかり支えることがパパさんの重要な役目ですよ。

関連する記事