後陣痛とは?|仕組み・原因・パパができるケアや緩和方法

この記事のカテゴリー:

後陣痛とは?どんな症状?

後陣痛(こうじんつう)とは、分娩が終わった後の数日間に産褥初期の子宮収縮によっておこる疼痛(とうつう)のことです。生理的な後陣痛はむしろ望ましいものですが、出産という大きな仕事を終えたばかりのママにとっては疲れも取れておらず非常につらいものです。

通常は特別な治療は必要ありませんが、後陣痛のケアは産褥婦(さんじょくふ)管理にとって課題でもあります。

 

後陣痛が起こる仕組みを知って、ママの身体に合わせたサポートをしましょう!

出典:https://www.pexels.com/

後陣痛を理解するには出産を終えたママの体がどのような状態になっているか知ることが大切です。パパや周りの人たちは、ママの体の状態に合わせたサポートをしてあげましょう。

妊娠中、ママの体は赤ちゃんを育むために子宮が大きくなり、より多くの酸素や栄養を赤ちゃんに送るために血液量も増加しています。ところが、出産を終えるとママの子宮は赤ちゃんを育む役割をいったん終え、酸素や栄養も必要としなくなります。このため、産後、ママの体は妊娠する前の体に戻ろうとし始めるのです。

この、産後に現れる変化の中で特に大きいのが子宮です。妊娠中、ママの子宮は普段の5倍ほどの大きさにもなり、それは周辺の臓器を圧迫するほどです。これを元の大きさに戻すために、子宮収縮が起こります。

また、このとき子宮内は胎盤が剥がれ出血があるため、子宮へ流れる血液量を元に戻しながら止血します。こうして子宮は徐々に妊娠前の大きさに戻っていくのですが、これを「子宮復古」といいます。出産のときに起こる陣痛と仕組みは同じなので、産後に起こる子宮収縮は後陣痛といわれます。

・はじめてママ&パパの妊娠・出産 主婦の友実用No.1シリーズ (参考価格:1,264円~)

出典:https://amzn.to/2QncRzx

 

後陣痛はなぜ起きるの?後陣痛の原因

このように後陣痛は胎児と胎盤など付属物が娩出されたために起こる急速な子宮収縮と、プロスタグランジン、オキシトシンといった薬剤による急激な子宮収縮が、後陣痛の原因とされます。これらの薬剤は陣痛促進剤と呼ばれ、出産時に陣痛を促すために使用されるものです。

痛みの感じ方は人それぞれで、陣痛に似た激しい痛みを感じる場合もあれば、キリキリ、チクチクするような痛みであったり、生理痛のような鈍痛の場合もあります。いずれにしても、産後すぐの腹痛はほとんどの場合後陣痛によるものと考えられます。ただし、オキシトシンは母乳の分泌にも関わっているホルモンなので、母乳育児のママは後陣痛の痛みがそうでないママより増すことがあるので注意が必要です。

 

後陣痛は初産と経産婦で症状に差がでるのか?

出典:https://www.pexels.com/

経産婦と初産では症状に違いはあるのでしょうか?

まず、経産婦は、初産のママに比べて子宮が柔らかくなっています。このため、出産後の子宮の伸び縮みが大きく、収縮が一気に起こります。初産ではさほど後陣痛が気にならなくても、2人目以降の出産では同じとは限りません。

同様に、双子や三つ子といった多胎児や巨大児といわれる大きめの赤ちゃんを出産した場合も妊娠中には通常よりも子宮が大きく広がっているため、その分急激に子宮が収縮し、後陣痛がひどくなる傾向があります。また、羊水の量が多い羊水過多症の場合も後陣痛がひどくなりがちです。

初産では、多胎児や羊水過多症などで子宮の伸びが大きくなっている以外は、そこまで伸縮の差がでなければ後陣痛の症状がひどくなることはないかもしれません。しかし、子宮の柔らかさも人それぞれなので、一概には言えません。ママの症状に合わせてのケアが必要となってくるでしょう。

 

後陣痛は帝王切開でも起こる症状なの?

帝王切開により出産した場合は、出産時の陣痛はありません。ただし、後陣痛は帝王切開でも起こります。むしろ、帝王切開のほうが出産時の陣痛を経験しておらず、子宮にメスを入れていて、傷の痛みも伴うため、後陣痛をつらく感じることが多いようです。

・1分読むだけ! 助産師さんが教えてくれた「吐く・吸う・ゆるむ」の呼吸法 陣痛・出産・産後の痛みに (参考価格:~670円)

出典:https://amzn.to/2QmqWNz

 

後陣痛はいつまで続くの?長く続く場合も問題ないの?

後陣痛は一般的に分娩後2日から3日で治まるといわれています。ただし、これには個人差があって、1週間ほど続くこともあります。その後も子宮収縮は続きますが、おおむね産後1ヶ月程度で完全に痛みを感じなくなるとされています。

また、母乳育児は後陣痛の痛みが増す傾向がありますが、オキシトシンは子宮収縮を促す働きがあるのでその分回復も早い傾向があります。しかしながら、産後1ヶ月以上過ぎても下腹部に痛みが続いていたらそれは単に後陣痛ではないかもしれません。子宮収縮がスムーズに進んでおらず、「子宮復古不全」の可能性があります。

子宮復古不全とは、子宮に胎盤や卵膜の一部が残っていたり、生理の出血に似た、出産後の産褥期間に排出される分泌物である悪露がたまっていたりすることによるトラブルで、子宮内感染や子宮筋腫の炎症、子宮奇形の可能性もあります。子宮復古不全では、腹痛以外にも悪露が続きます。

産後1ヶ月を経過しても腹痛や出血が続いているようであれば、1ヶ月検診などで医師に相談しましょう。場合によっては虫垂炎だったり、出産によるストレスによるホルモンバランスの乱れから腹痛を起こしている可能性もあります。

 

後陣痛で辛そうなママ…後陣痛のケア・緩和方法は?

出典:https://www.pexels.com/

とはいえ、通常の後陣痛は子宮復古の過程において起こるものなので、心配することはありません。むしろ痛みがあることは回復の証と考えてよいでしょう。しかしながら、痛みが酷いと日常生活にも支障が出てしまいます。痛みを緩和するためにはさまざまな方法があるので試してみるとよいでしょう。

後陣痛は子宮周辺の血行を促すと改善する場合があります。冷やさないように腹巻をつけたり、カイロや湯たんぽでお腹周りを温めてあげるのもよいですし、あたたかい飲み物を飲むなどして、体を内側から温めましょう。また、冷えやすい首・手首・足首といった部位を温めて全身の冷えを予防するのも効果的です。

他にも、深呼吸しながら下腹部を優しくマッサージすると痛みが和らぐときがあります。枕やクッションなどを下腹部に当て、うつぶせに寝るのも効果があります。ただし、圧迫しすぎないよう気をつけましょう。

それでも痛みが和らがない場合は、痛み止めを使用することもひとつの方法です。授乳中に薬剤を使うのは抵抗があるかもしれませんが、赤ちゃんに影響のない痛み止めもあります。医師に相談した上で薬の力に頼るのも大切なことです。

・(アツギ) ATSUGI (フォーママ) for mama 産前 産後 マタニティ ホットのび~る はらまき インナー 腹巻 (参考価格:1,080円)

出典:https://amzn.to/2zT0m49

 

・Tae (タエ) 玄米湯たんぽ レンジで温める お湯の要らない カイロ 冷え対策 繰り返し使える 玄米カイロ ホットパック ぽかぽか (レッド) (参考価格:3,900円)

出典:https://amzn.to/2Qt7ZsJ

 

後陣痛のママへ、パパができるサポートは?

出典:https://www.pexels.com/

後陣痛が続く中、赤ちゃんをお世話したり、授乳したりするのは想像以上に大変なことです。沐浴や寝かしつけなど、協力してパパができることはきちんと役割分担をしましょう。

また、後陣痛は不安になりすぎず、リラックスできることがとても大切です。パパはママの好きな曲や香りを知っていますか。時には好きな音楽をかけてみたり、好みのアロマを用意してあげるなど、できるだけママがリラックスできるようにしてあげましょう。

関連する記事