後陣痛とは?|仕組み・原因・パパができるケアや緩和方法

この記事のカテゴリー:

後陣痛とは?どんな症状?

後陣痛(こうじんつう)とは、分娩が終わった後の数日間に産褥初期の子宮収縮によっておこる疼痛(とうつう)のことです。生理的な後陣痛はむしろ望ましいものですが、出産という大きな仕事を終えたばかりのママにとっては疲れも取れておらず非常につらいものです。

通常は特別な治療は必要ありませんが、後陣痛のケアは産褥婦(さんじょくふ)管理にとって課題でもあります。

 

後陣痛が起こる仕組みを知って、ママの身体に合わせたサポートをしましょう!

出典:https://www.pexels.com/

後陣痛を理解するには出産を終えたママの体がどのような状態になっているか知ることが大切です。パパや周りの人たちは、ママの体の状態に合わせたサポートをしてあげましょう。

妊娠中、ママの体は赤ちゃんを育むために子宮が大きくなり、より多くの酸素や栄養を赤ちゃんに送るために血液量も増加しています。ところが、出産を終えるとママの子宮は赤ちゃんを育む役割をいったん終え、酸素や栄養も必要としなくなります。このため、産後、ママの体は妊娠する前の体に戻ろうとし始めるのです。

この、産後に現れる変化の中で特に大きいのが子宮です。妊娠中、ママの子宮は普段の5倍ほどの大きさにもなり、それは周辺の臓器を圧迫するほどです。これを元の大きさに戻すために、子宮収縮が起こります。

また、このとき子宮内は胎盤が剥がれ出血があるため、子宮へ流れる血液量を元に戻しながら止血します。こうして子宮は徐々に妊娠前の大きさに戻っていくのですが、これを「子宮復古」といいます。出産のときに起こる陣痛と仕組みは同じなので、産後に起こる子宮収縮は後陣痛といわれます。

・はじめてママ&パパの妊娠・出産 主婦の友実用No.1シリーズ (参考価格:1,264円~)

出典:https://amzn.to/2QncRzx

 

後陣痛はなぜ起きるの?後陣痛の原因

このように後陣痛は胎児と胎盤など付属物が娩出されたために起こる急速な子宮収縮と、プロスタグランジン、オキシトシンといった薬剤による急激な子宮収縮が、後陣痛の原因とされます。これらの薬剤は陣痛促進剤と呼ばれ、出産時に陣痛を促すために使用されるものです。

痛みの感じ方は人それぞれで、陣痛に似た激しい痛みを感じる場合もあれば、キリキリ、チクチクするような痛みであったり、生理痛のような鈍痛の場合もあります。いずれにしても、産後すぐの腹痛はほとんどの場合後陣痛によるものと考えられます。ただし、オキシトシンは母乳の分泌にも関わっているホルモンなので、母乳育児のママは後陣痛の痛みがそうでないママより増すことがあるので注意が必要です。

 

後陣痛は初産と経産婦で症状に差がでるのか?

出典:https://www.pexels.com/

経産婦と初産では症状に違いはあるのでしょうか?

まず、経産婦は、初産のママに比べて子宮が柔らかくなっています。このため、出産後の子宮の伸び縮みが大きく、収縮が一気に起こります。初産ではさほど後陣痛が気にならなくても、2人目以降の出産では同じとは限りません。

同様に、双子や三つ子といった多胎児や巨大児といわれる大きめの赤ちゃんを出産した場合も妊娠中には通常よりも子宮が大きく広がっているため、その分急激に子宮が収縮し、後陣痛がひどくなる傾向があります。また、羊水の量が多い羊水過多症の場合も後陣痛がひどくなりがちです。

初産では、多胎児や羊水過多症などで子宮の伸びが大きくなっている以外は、そこまで伸縮の差がでなければ後陣痛の症状がひどくなることはないかもしれません。しかし、子宮の柔らかさも人それぞれなので、一概には言えません。ママの症状に合わせてのケアが必要となってくるでしょう。

 

後陣痛は帝王切開でも起こる症状なの?

帝王切開により出産した場合は、出産時の陣痛はありません。ただし、後陣痛は帝王切開でも起こります。むしろ、帝王切開のほうが出産時の陣痛を経験しておらず、子宮にメスを入れていて、傷の痛みも伴うため、後陣痛をつらく感じることが多いようです。

・1分読むだけ! 助産師さんが教えてくれた「吐く・吸う・ゆるむ」の呼吸法 陣痛・出産・産後の痛みに (参考価格:~670円)

出典:https://amzn.to/2QmqWNz

 

続きを読む
1/2