https://unsplash.com/

おしゃれなグラスはお酒の味が変わる|選ぶポイント・おすすめ10選

この記事のカテゴリー:

お酒の相棒「グラス」

お酒の相棒として、主役のお酒を引き立ててくれる「グラス」。

グラスにも、様々な種類があり、それぞれ奥深さや特徴があります。今回は、普段何気なく使っているグラスに焦点をあてて、グラスの奥深さや選び方などをお伝えします。

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

グラスはお酒もインテリアも高めてくれる

グラスの種類はお酒同様、様々なものがあります。

グラスは、お酒の特性に合わせた形で作られており、お酒の味を引き立てたり、お酒の雰囲気をより高めてくれたり、おしゃれで美味しそうに見せてくれるのもグラスの役割のひとつです。

もちろん、お酒が注がれていない状態でも、充分おしゃれなグラスもあります。

インテリアとして、グラスを並べるだけでも雰囲気が出て、おしゃれな部屋に見えるものです。

たとえば、ダイニングバーなどをイメージしてみてください。店内では、大量のグラスをあえて見せるように飾ったり、店の一部として、そして場の演出としてグラスを飾っている店もあります。

店内のライトに照らされたおしゃれなグラスを見ているだけで、その店で飲むお酒は、何倍も美味しくなる気がしますよね。

 

グラスによって味が変わる?

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

グラスはお酒の相棒かもしれませんが、では、選ぶグラスによって、お酒の味は変わるのでしょうか。

お酒の味自体は、酸化や温度変化などしない限りは変わりません。

実は、グラスによって変わるのは、味ではなく感じ方なのです。

これは、舌や唇がグラスに触れている感覚によって変わるということです。つまり、グラスの特徴によって感じ方が大きく異なるということです。

具体的には、グラスの素材や厚み、飲み口の広さなどで味や香りが変わったように感じるということなのです。

グラスには、ワイングラスやビールグラス、日本酒用のグラス、ロックグラスなどのそのお酒ごとに様々な種類があります。グラスによって、サイズや材質なども違います。

また、季節によってもグラスを変えることでも、その味わいを楽しめます。

夏は保冷性に優れたグラスで、冬は陶器のグラスで雰囲気と味わいを変えるのもいいでしょう。

 

グラス選びの3つのポイント

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

では、感じ方が変わるグラス、そのお酒にあったグラスはどのように選べばいいのでしょうか。

グラス選びのポイントとしては、3つのポイントがあります。

それは、材質・厚み・形状です。

この3つのバランスの違いによって、それぞれの変化があるのです。飲むお酒によって、グラスを変えるのもそのせいです。

3つのポイントを理解しつつも、見た目で選んでももちろんかまいません。あなた好みのおしゃれなグラスを見つけてみましょう。

 

グラスの材質

「グラス」という言葉の響きからすると、材質の多くは、一般的にはガラス製のものをイメージしますが、酒器という広義の意味での「グラス」には、様々な素材が使われています。
主に使われているのは、ガラス、木、陶器、磁器、金属になります。それぞれの特性や味わい方をご紹介します。

・ガラス製

ガラス製のグラスは、酒質を感じるのに最も適した材質となります。ですので、お酒の味わいをシャープに感じることができます。

・木製

木製の酒器は、木のほのかな香りを楽しんで呑むという方もいます。口当たりはマイルドで、お酒を優しく感じることができます。

・陶器

陶器は、味わいをやわらかくさせます。日本酒はもちろんのこと、焼酎やビールでも相性がよいものです。

・磁器

磁器は、口当たりが滑らかで、様々なお酒に適しています。特に熱燗の時は、穏やかに温度伝わるので、口当たりの良さを感じることができます。

・金属製(主に銅製や錫製)

電熱性に優れていて、安定した温度をキープしてくれます。
ビールなどキンキンに冷やして飲むお酒は、ジョッキやビールグラスでは、時間がたつと温度が変わりぬるくなってしまいますが、金属は冷たさをキープしてくれます。

特にキンキンに冷やしたビールを飲む時に、おすすめなのが錫製のグラスです。

保冷性も高いのは当たり前ですが、ビールの泡も柔らかくクリーミーに感じます。また、イオン効果によって、ビールそのものの味をまろやかにしてくれます。そして、見た目も美しく高級感と重厚感があり、とってもおしゃれに見えます。

 

グラスの厚み

グラスの厚みも、感じ方の違いに大きく影響を与えます。

厚みのあるものは、酒質を穏やかな優しい感じにします。まったりと、ゆっくりと飲みたい時に適しています。

薄いものほど、酒質を感じやすくさせ、シャープな印象となります。さっぱりしたお酒や、フレッシュ感を感じたい時に適しています。

たとえば、ビールであれば、厚みがあるグラスはビールの自然な甘さを感じることができます。一方、薄いグラスは、ビール本来のコクや清涼感を感じることができます。

 

グラスの形状

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

グラスの形状は、グラスの種類により特徴があります。まず、グラスは大きく分けて、平底タイプのものと、脚付きタイプのものに分けられます。

ここでは、よく使われる、脚付きタイプのワイングラスと、平底タイプのビールグラスの形状をみていきます。

・ワイングラス

ワイングラスは、グラスボールの大きさによってワインの風味と香りの感じ方が変わります。

大きめなワイングラスには、香り豊かなワインを、小さめなワイングラスには、香りの穏やかなワインが適しています。

さらに、グラスの口の形状によっても変わってきます。

グラスの口が開いているものは、ワインの香りを豊かにします。

ワイングラスの口がすぼまっているものは、香りを閉じ込める為、強めに感じます。

ワイングラスはグラスボールの形や大きさにより、グラスの中でのワインの転がし具合によっても、実は味わいが変わって感じます。おしゃれにワインを転がして、しっかりとその味わいを堪能してください。

また、ブルゴーニュグラスやボルドーグラスなど、そのワインに適したグラスもあります。

もし、ワインをカジュアルに楽しみたいなというときには、脚付きではないワインタンブラーを選ぶといいでしょう。

 

・ビールグラス

ビールグラスは、飲むビールのタイプによって選ぶグラスを変えましょう。

背が高く中央がくびれたグラスは、たっぷりの泡立ちを感じることができるので、缶ビールを注いで飲むときにおすすめです。ヴァイツェン系のビールにも向いています。

同じく背が高く、細身のグラスは、さわやかでキレのある苦みを感じることができます。日本のビールやピルスナー系のビールに適しています。

口元が広いグラスは、さわやかな苦みと酸味、コクを感じさせてくれます。スタウト系のビールに適しています。

また、飲み口が狭いものほど、泡の持ちもよく、ホップの香りを感じることができます。

 

日本酒をワイングラスで楽しもう

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

数年前から、日本酒をワイングラスで飲むというスタイルが定着してきています。

なぜこのスタイルが定着したかというと、ワイングラスの方が日本酒の香りを楽しめて、甘みや酸味を感じることができるからです。また、味わうだけでなく、ゆっくりと日本酒の色や雰囲気も楽しめます。

ちなみにグラスで飲む日本酒は、フルーティーな味わいのものが飲みやすくておすすめです。

 

おすすめのおしゃれグラス10選

おすすめの「おしゃれグラス」を紹介します。お気に入りのグラスを探す際の参考にしてみてください。

おすすめのおしゃれグラス 1「ティモ グラス」(DESIGN HOUSE STOCKHOLM)

出典:https://amzn.to/2pYOLL5

デザインハウスストックホルムのティモグラスは、お酒はもちろんソフトドリンクにもちょうどいいサイズで使い勝手がよく、フォルムが美しいグラスです。

 

おすすめのおしゃれグラス2 「THE GLASS」(THE)

出典:https://amzn.to/2H7A7JW

軽量でありながら、耐熱性といういいとこどりのグラスです。サイズはショート・トール・グランデの3サイズになります。

 

おすすめのおしゃれグラス3 「アンドーズグラス」(アンドーギャラリー)

https://www.amazon.co.jp/ANDO-GALLERY%EF%BC%88%E5%AE%89%E6%9D%B1%E5%AD%9D%E4%B8%80%EF%BC%89%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-Jasper-Morrison-ANDOS-GLASS/dp/B00QLPRJL6/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=MEH95WHG73CC0MSQA4F8&linkCode=sl1&tag=sp0b9-22&linkId=90c4693769173ea842fd10663b900aa9

出典:https://amzn.to/2EdHn3E

デザインはイギリスを代表するプロダクトデザイナーのジャスパー・モリソン氏。シンプル且つ美しい曲線が特徴的なおしゃれグラスです。

種類は背の高いものと低いものの2種類です。

 

おすすめのおしゃれグラス4 「サクラサクグラス」(100%)

出典:https://amzn.to/2EcJqVJ

さくら模様のグラスが幻想的なおしゃれグラスです。サクラ色とクリアのセットのものは、紅白で縁起がいいので贈り物としても最適です。

通常の「さくらさく」タイプのほかに、半透明の氷のようにきらきらとした表面の「みぞれ」と、表面を繊細なフロスト加工で淡い雪の美しさを表現した「雪桜」があります。

どのタイプも色はサクラとクリアの2色。サイズは、タンブラー・ロック・酒グラスの3サイズになります。

 

おすすめのおしゃれグラス5 「富士山グラス」(スガハラ)

出典:https://amzn.to/2GIPNp4

ビールを注ぐとまるで富士山のようになる、おしゃれグラスです。

 

おすすめのおしゃれグラス6 「カンナグラス」(木村硝子店)

出典:https://amzn.to/2GONWyY

プロダクトデザイナーの山崎宏氏デザイン。名前の由来は、グラスの原型を制作する際、鉋(かんな)で削り出したからだそう。

ウイスキーなどのロックグラスとして最適なおしゃれグラスです。父の日のプレゼントにもいかもしれませんね。

 

おすすめのおしゃれグラス7 「ダブルウォールグラス」(bodum)

出典:https://amzn.to/2uE2898

まるで飲み物が浮いている様な二重構造のおしゃれグラスです。飲む物の温度変化を防ぐ優れものおしゃれグラスです。

サイズやデザインも豊富なので選ぶのも楽しくなりそうですね。

 

おすすめのおしゃれグラス8 「Karito タンブラー」(iittala)

出典:https://amzn.to/2Gw4rNb

普段使いとしてぴったりおしゃれなグラスです。

サイズは小さいタイプと大きいタイプの2種類あります。カラー展開も豊富で、色違いで集めるてインテリアとして飾れば素敵な演出になるでしょう。

 

おすすめのおしゃれグラス9「コッテージ タンブラー」(BOHEMIA Crystal)

出典:https://amzn.to/2GtUwMg

やわらかで上品な曲線のシルエットなので、お酒だけでなくジュースなどを入れてもサマになります。

またデザートカップにもなるので、幅広く活躍するグラスになるでしょう。

 

おすすめのおしゃれグラス10 「KINTO TRIA タンブラー」

出典:https://amzn.to/2H3HPol

レトロな印象のプレスガラス風のグラスです。

カラーバリエーションも8色と豊富で、材質がMS樹脂なので割れにくく子供用に揃えてもいいかもしれませんね。

1/1