愛想の良さってなに?愛想を良くする方法

この記事のカテゴリー:

パパ友ができるかも?

運動会や父親参観など、園や学校の行事に積極的に参加して、周りのパパたちとも愛想良くコミュニケーションが取れたら、気が合うパパ友ができるかもしれません。

忙しいパパも多いので、ママ友よりはライトなお付き合いになるでしょうが、仕事抜きの友達ということで時々集まればストレス解消にもなるでしょう。愛想が悪いと話しかけにくい雰囲気が出てしまい、パパ友を作る機会が失われてしまいます。愛想が良ければ気軽に声をかけやすいので、話しかけられる機会が増えるでしょう。

愛想を良くするためのポイント

https://www.pexels.com/

もっと愛想を良くしたい人は、次のようなことを意識してみてください。いつも意識しておくことで、きっと愛想の良い人になれるでしょう。

笑顔を忘れない

愛想が良い人になる最初のステップとして、笑顔を心がけましょう。爽やかな笑顔で会話すれば、相手にも関心を持って話を聞いていることが伝わります。

また、会話中は笑顔でも、誰もいないと不機嫌そうな顔になっている人もいますので注意しておきましょう。一人のときまで笑顔でいるというのも不自然ですが、どこで誰に見られているかわからないので、せめて仏頂面にならないように気を付けたいものです。

相手を不快にする表情を見せない

愛想が良い人は、相手が誰であってもにこやかな表情を見せます。本当は面倒なときや疲れているときもあるでしょうが、それを顔に出すと相手を不快にしてしまうかもしれません。

愛想を良くするためには、ネガティブな感情をそのまま表に出さないようにしましょう。いつも明るい表情を見せるようにすれば、一緒にいて居心地がよく、周りの誰からも好かれます。

相手を褒める

会話をするとき、相手の素敵な部分を見つけて褒めるようにしましょう。褒められたら誰でも嬉しいので、きっと今以上に親しみを持ってくれるはずです。

褒めるのが苦手という人もいるでしょうが、上手に褒めるコツは、具体的に褒めること。素敵なところ、すごいところを具体的に褒めたらお世辞に聞こえません。

普段からできるだけ人の長所に目を向けるクセをつけたら、自然と相手を褒められるようになるでしょう。

丁寧な言葉遣いを心がける

いくら顔がにこやかでも、言葉遣いが悪ければ印象が悪くなります。言葉遣いが荒いために「怖い」と思われることもあるでしょう。

愛想が良い人になるためには、言葉遣いを丁寧にするよう心がけましょう。話す内容は同じでも、言葉遣いによって印象はずいぶん違います。相手がどのように受け止めるかということを考えて、丁寧な言葉遣いを心がけてください。

悪口を言わない

話す内容に愚痴や陰口などが多いと、いくら笑顔を保っていても愛想が良いとは言えません。優しそうなのに「裏表がある人」と思われてしまうでしょう。

人を不快にするような話題が多い人は、自分の印象を下げてしまいます。愛想が良い人になるためには、決して悪口を言わないように注意しましょう。

挨拶や感謝の言葉を欠かさない

愛想が良い人は、自分の方から挨拶をします。挨拶はコミュニケーションの基本なので、相手の挨拶を待つのではなく、自分から言葉をかけるようにしましょう。

また、「おはようございます」と言っても笑顔がなく目も合わさないようでは、愛想が良いとは言えません。相手の目を見ながら笑顔で挨拶を心がけましょう。

挨拶だけでなく、「ありがとうございます」などの感謝の言葉もすんなり出るように意識しておくと、さらに好感を持たれます。近くでパパの姿を見ている子供も、自然と挨拶や感謝の言葉を口にするようになるでしょう。

ポジティブ思考になる

物事をいつも悪い方向に考えるクセがついている人は、表情も暗くなりがちです。普段の表情が暗いと、人と会話するときだけ笑顔を心がけても無理しているように思われるでしょう。

マイナス思考の人は不安を抱えがちなので自然な笑顔が難しく、会話の内容も自分を卑下したり愚痴が多かったりして、ネガティブなものになることが多いでしょう。

愛想を良くするためには、できるだけポジティブな考え方ができるように意識してください。何事も前向きに考えられるようになれば、表情も自然と明るくなります。日頃からネガティブな言葉を使うのは避けるように意識して、物事を楽観的にとらえるようにしてはいかがでしょうか。

・「また会いたい」と思われる人: 「人に好かれる」絶対ルール


出典:https://amzn.to/2Jz3vMo

  • 続きを読む
  • 2/3