https://pixabay.com/

新しい生活をスタートさせた我が子に、パパがかけるべき言葉

この記事のカテゴリー:
  • 「すごい!」「さすがだね」

新生活は、はじめて体験することの連続で、子供はパパに聞いてほしい話がたくさんあるでしょう。子供の話をしっかり聞いてあげて、「すごい!」「さすがだね」と褒めてあげましょう。

パパが褒めてくれたら子供も自信をつけて、もっと頑張ろうという気持ちになります。

3.前向きな気持ちにさせる言葉

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

新しい環境の中で、自信をなくしてしまっている子供もいるでしょう。こんなとき、さらに自信をなくしてしまうような言葉を投げかけるのはNGです。子供が前向きな気持ちになれるか、それともさらに自信をなくしてしまうかは、親の言葉にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

ちょっと内気なお子さんも、パパの声掛けがあればきっと前向きな気持ちになれますよ。

  • 「きっとうまくいくよ」

不安な気持ちでいっぱいのとき、パパから「きっとうまくいくよ」と励ましてもらえば、子供は安心します。不安が払われ、勇気が湧いてくるでしょう。

新しい生活が始まると、今まで経験したことがないことに直面して、尻込みしてしまう子供もいます。パパの「きっとうまくいくよ」という温かい励ましは、子供の背中をそっと押してくれるはずです。

  • 「お友達がたくさんできるね」

入園してすぐの頃は、ママと別れる時間が辛そうな子供も多いです。しかしママと離れて過ごすということは、たくさんのお友達や先生たちと一緒に過ごすということ。

「お友達がたくさんできるね」という言葉で「寂しい」気持ちを「楽しい」気持ちに切り替えてあげましょう。

4.愛情を伝える言葉

子供には、愛情を伝える言葉をたくさんかけてあげましょう。自分は愛されているということを実感することで自己肯定感が高くなり、何事も前向きに取り組むことができるようになります。

親に愛されていると実感できたら、外で嫌なことがあったとしても、家に帰ればリラックスできます。子供が小さなうちに、愛情を伝える言葉をたくさん伝えておきましょう。

  • 「大好きだよ」

子供は大好きなパパやママから「大好き」と言われるのが何よりの喜びです。言葉にしなくても伝わるでしょうが、ぜひ言葉で伝えてあげてください。子供が成長すると、だんだん面と向かって「大好きだよ」という機会もなくなってきます。小さい頃にたくさん言葉で伝えておけば、「自分は愛されている」と心に刻まれて、自分を大切にできるようになるはずです。

  • 「いつも〇〇(名前)の味方だよ」

子供にとって集団生活は楽しいことばかりではないでしょう。友達とけんかしてしまったり、先生に叱られたり…。もちろん悪いことをすれば家でも注意しなくてはいけませんが、子供を傷つけるような言葉で叱っては、子供にとって安らげる場所がありません。

「パパはいつも〇〇の味方だよ」という言葉は、子供にとって救いの言葉となるでしょう。自分を信用していつも味方でいてくれる人がいることで、失敗を恐れず挑戦する勇気が湧いてきます。園や学校で嫌なことがあっても、パパが自分の味方でいてくれるから、安心できるのです。愛情が伝わる言葉で子供に安心と勇気を与えましょう。

言ってはいけないNG言葉

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

つい口から出てしまった言葉が子供の心を傷つけてしまうこともあります。言ってしまってから後悔しても、取り消せません。

新生活を迎えた子供につい言いがちなNG言葉をご紹介します。

  • 「何でそんなこともできないんだ」

子供の不安をあおる言葉は使わないようにしましょう。

  • 「お兄ちゃん(お姉ちゃん)はちゃんとできるのに、お前は…」

比較されると傷つきます。お友達と比較するのもやめておきましょう。

  • 続きを読む
  • 2/3