モンテッソーリ教育のいろは! 教育内容とメリットデメリット

この記事のカテゴリー:

モンテッソーリ教育とは? 自立した大人になるための教育法です

https://www.pexels.com/
出典:https://www.pexels.com/

子どもが一人前の大人になるためには、しっかりとした教育が必須です。教育を行わなければ、子どもは「大人の常識」を身に着けることができず、社会に溶け込むことができないからです。

しかし、子どもを「立派な大人」に育てるためにはどうすればいいのかという方法論は、人間の有史以来、盛んに議論されてきました。人間の子どもへの関心はそれだけ深いものであるといえます。

そんな方法論のひとつが、「モンテッソーリ教育」です。この教育論はイタリアから生まれた教育法で、「マリア・モンテッソーリ」という女性医師によって考案されたことから名づけられました。

その詳細な方法や理論については後で述べますが、一言でまとめると、「子どもを自立した立派な大人に育てる教育」のことをいいます。

親であれば誰しも、子どもが立派に育ってほしいと考えるでしょう。モンテッソーリ教育は、そうした「立派な大人にしたい」という親の願望を叶えるべく、考え出され、研鑽された教育法なのです。

モンテッソーリ教育の内容。環境を用意するのが特徴です

モンテッソーリ教育において、最も重視されるのは環境です。モンテッソーリ教育の骨子は、「子どもが安心して遊ぶ/学ぶことのできる環境で、自由に活動する」ことにあります。

よって、モンテッソーリ教育の幼児教育においては、「何かをしなければならない時間」というものは存在しません。通常の教育においては集団で同じことをすることが多いのですが、モンテッソーリ教育においては、その時間に何を行うのかは、子どもの興味と好奇心に任せられているのです。

そのため、大人たちは子どもの興味を惹くような「教具」を揃える必要があります。そして、大人は子どもに行動を強制するのではなく、その成長を援助するという立場を貫かなければなりません。

加えて、モンテッソーリ教育においては、能力の獲得には最適な時期があるとされています。それを「敏感期」と呼びます。例えば、言葉に対して興味を持ち、吸収しやすい時期を「話し言葉の敏感期」と呼んだり、物事のルールに対して興味を持ち、吸収しやすい時期を「秩序の敏感期」といったりします。モンテッソーリ教育では、子どもたちの敏感期を個別に把握し、その興味に合う教具を提供したり、知的好奇心を満たすのを手伝ったりするのです。

以下では、そのための具体的な方法について紹介しましょう。

モンテッソーリ教育の内容1:日常生活の練習

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

モンテッソーリ教育では、日常の様々な動作の練習を行います。例えば、洗濯、掃除、炊事といったものがその代表です。日常生活の練習は将来のための練習として直結するだけではなく、普段から子どもが目にする作業なので、「やってみたい」という気持ちを満たすことができるからです。

子どもがいる方は、普段から大人の真似をする子どもを、実感していると思います。日常生活の練習をさせることで、その知的好奇心を満たすことが可能です。

ただ、日常生活に使う道具の中には、子どもを危険にさらしてしまうものも存在します。特に葉物類などは、子どもを危険に晒していまいかねません。

そこで活躍するものが前述した「教具」です。教具を使うことで子どもに安全な形で日常生活の練習をさせることができるだけではなく、実物よりも綺麗な装飾などで子どもの興味を惹くことができます。

モンテッソーリ教育の内容2: 言語教育

モンテッソーリ教育においては、「敏感期」の考え方により、子どもが吸収しやすい時期に言語教育を行います。

幼児期においては言葉遊びやリズムを用いたゲームなどで言語に親しみ、言葉の基礎が発達してきた幼児には、文法などの理論的な部分を教えます。

ただ、教育を行う際にも「子どもが興味を持って学習に臨む」ことができるように工夫するのが、モンテッソーリ教育の特徴です。並んだ机の上で、画一的な授業を行うわけではありません。

例えば、絵に描かれたものとその名前を一致させる「絵カード遊び」、ひらがな、カタカナの書かれた文字ブロックを並べ、自由な発想で単語を作る「単語ならべ」などが、モンテッソーリ教育における代表的な言語教育です。

モンテッソーリ教育の内容3: 感覚教育

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

感覚教育とは、子どもの受容機関、感覚器官を鍛えるための教育です。感覚器官とは、人間が外の世界の情報を収集するために用いる器官のことです。嗅覚、味覚、触覚、視覚、それらすべてが感覚を鍛えることで、あらゆる物事への洞察力を鍛え、物事に関して考察する力をも鍛えることができます。

特に幼児期の子どもは、周囲の出来事に対して敏感に反応し、吸収する力を備えています。感覚教育を通じて、自分の周囲に対する見解を深めることが可能なのです。

他の教育分野と同様に、感覚教育においても教具を用います。感覚教育用の教具では、積み木を小さい順に積み重ねていく「ピンクタワー」、微妙な色の違いを認識し、色を並び替える「色板」などが代表的です。

感覚教育を行うことで、早い時期から子どもに「考察する力」をつけさせ、ひいては知育的な内容の礎にし、あらゆる分野に応用することのできる土台を作り出すことができます。

モンテッソーリ教育の内容4: 文化教育

文化教育とは、子どもが人間社会に溶け込むために必要な知識を身に着ける教育です。文化教育を行うことによって子どもの興味を伸ばし、将来のための土台を幼児期から積み上げることができます。

何を学び、何を学ばないのかは子どもの興味に任せられており、子どもの「知りたい」という欲求を、より多方面で叶えてくれるのが文化教育です。歴史、地理、動物、植物など、子どもが興味を示したものをより深めるのが、文化教育になります。

文化教育用の教具は、世界地図や惑星の模型、生物のイラストカードなどが代表的です。

モンテッソーリ教育の内容5: 算数教育

モンテッソーリ教育の算数は、理論的な部分よりも「数量」が重視されます。数量とは、現実で操作することのできる数です。

例えば、1足す1は「1個のリンゴに1個のリンゴを加えたもの」と示されますが、モンテッソーリ教育ではこれをさらに細かい数字でも行います。30足す30を行うとき、子どもにわかりやすいよう、ビーズなどで実際に30個のビーズに30個を加えてみせるのです。

そこから、ビーズの数を欠いた紙などに変えていき、そして最後には暗算を用させるといったように、数の概念を実物から徐々に抽象化させていくのが、モンテッソーリ教育における算数教育でになっています。

モンテッソーリ教育を受けた子どもはどう育つの? メリットデメリットについて

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

モンテッソーリ教育は、子どもを自立した大人になることを目標としています。そのため、究極的に言えば、モンテッソーリ教育を受けた子どもは、「自分で考えることのできる大人」になるのです。

もちろん、それだけがモンテッソーリ教育ではありません。モンテッソーリ教育には、子どもにとって多大な影響を及ぼします。

ただ、それが良い影響であるか、悪い影響であるかは、人によって異なるのです。以下では、子どもがモンテッソーリ教育を受けた際の影響を、メリットとデメリットにわけて紹介しましょう。

続きを読む
1/2