2019年夏のおすすめ|メンズフレグランス10選!

この記事のカテゴリー:

2019年夏|メンズフレグランスにはどんな種類がある?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

香りが人に与える印象は非常に大きく、良い香りはその人をより魅力的に魅せてくれます。香りは記憶に残りやすいため、印象づけるためにもメンズフレグランスを使用することは非常に有効です。

夏場は汗をかきやすく、その汗臭さをメンズフレグランスでごまかそうとするのは厳禁です。夏場にフレグランスを使うのあれば、汗や皮脂のニオイをしっかり消臭・抑臭した上で、お好みのメンズフレグランスをつけていくようにしましょう。

一言でメンズフレグランスと言ってもその種類は大きく分けて4種類に分けられます。まずはそれぞれの特性を知った上で、どのような場面でどのタイプをつけるのが好ましいのか決めていきましょう。

パルファン

パルファンは最も濃度が高く、15〜30%となっており、維持時間も5〜12時間と長めなのが特徴です。メンズフレグランスの中でも最高ランクのものが多く、他のタイプに比べてやや高額になっています。

ほんの少しでも香りが強くあらわれるので、体臭が少ない日本人の場合、意識的に少なめに使用するのが良いでしょう。

オードパルファン

オードパルファンは、パルファンよりも濃度は低めの10〜15%程。それでいて、香りもしっかり長時間キープされるのが魅力的です。

価格も比較的リーズナブルなものが多く、メンズフレグランスの中で最も人気の高いタイプと言えるでしょう。

EDTオードトワレ

香り濃度は5〜10%程で、ほのかに香るため日常使いに適しているのがオードトワレです。持続時間も短めでおよそ2〜5時間程となっていますので、場合によっては付け直しが必要になることもあるでしょう。

これから初めてメンズフレグランスを使ってみたいという方には、オードトワレがおすすめですよ。

EDCオーデコロン

香り濃度は最も低く、持続時間も2〜3時間程度と短いので、手軽にメンズフレグランスを楽しみたいという方におすすめです。

深みのある香りよりも、どちらかと言えばフレッシュで爽やかな香りが多いため、夏場にもぴったりです。

2019年夏|メンズフレグランスの選び方

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

メンズフレグランスを購入する際、ほとんどの方がサンプルや試供品などで香りを実際に嗅いで好みの香りを選ぶことでしょう。しかし、ここで気をつけておきたいことは、サンプルではその香水の本当の香りはわかりにくいという点です。メンズフレグランスには、様々な香料が含まれており、その種類によって香る順番が違うのです。

そのため、メンズフレグランス、レディースフレグランス共に、香りには以下のような時間による変化が生じます。

  • トップノート

香水をつけてからおよそ10〜15分ほどの間の香りのことをトップノートと言います。いわゆるサンプル品を試した時の香りのことを指します。レモンや、ベルガモット、グリーンなど、柑橘系やグリーン系の軽めで爽やかな香りが多いのが特徴的です。

  • ミドルノート

ミドルノートは香水をつけてからおよそ2〜3時間ほど経過したときにあらわれてくる香りです。香水の最も土台となる部分で、甘く、優しいフローラルな香りが魅力的です。香水を選ぶ際に最も重要視したい部分がミドルノートと言っても過言ではないでしょう。

  • ラストノート

いわゆる残り香と言われる部分で、香水を最初に付けてから半日くらい経ったときにほのかに残る香りになります。メンズフレグランスの場合、アンバーやムスク、スパイシーなど、動物的で濃厚な香りが残る場合が多いですよ。

続きを読む
1/2