https://pixabay.com/

保育園と幼稚園の違いとは?│費用の相場について

この記事のカテゴリー:

保育園と幼稚園、どっちを選ぶ?

出産後は育児に専念していたママも、子供が3歳になったら保育園に預けて仕事復帰するか、それとも幼稚園に通わせた方がいいのかと迷う方は少なくないでしょう。

働きたいママにとって幼稚園は預かり時間が短いことがネックとなっていましたが、最近は延長保育を実施している園が増えたので、共働き家庭でも幼稚園を検討しやすくなりました。

「保育園と幼稚園は実際どのような違いがあるのかな?」と疑問に思っているパパのために、今回はそれぞれの違いについてご説明します。お子さんを保育園と幼稚園のどちらに通わせるか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

保育園と幼稚園の違いを比較

https://pixabay.com/
出典:https://pixabay.com/

保育園と幼稚園は比較してみるとかなり違いが見えてきます。項目ごとに比較しながら違いを見ていきましょう。

管轄と目的

保育園は児童福祉施設であり、管轄するのは厚生労働省です。保育園の目的は「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする施設」(児童福祉法第39条第1項)とされています。

一方、幼稚園は教育施設であり、文部科学省の管轄です。「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」(学校教育法第22条)とされています。

対象年齢

保育園での保育対象年齢は、0歳~小学校就学前です。

一方、幼稚園の場合は3歳になった年の春~小学校就学前です。入園前の2歳児や1歳児を対象としたプレ幼稚園を実施している園もあります。

保育時間

保育園も幼稚園も保育時間は施設によって異なりますが、一般的には保育園が7時30分~17時、幼稚園が9時~14時となっています。

時間延長

パパとママの出勤時間が早い場合や退社時間が遅い場合、保育園では延長保育を利用できます。一般的に朝の7:00~7:30、夕方は17時以降や18時以降なども対応してくれる園が多いです。

幼稚園も最近は延長保育をおこなっている園が増えてきました。私立幼稚園では9割以上、公立幼稚園では半数以上が預かり保育を実施しているそうです。

一般的に幼稚園の延長保育は17時までの園が多く、申し込み方法や利用方法は園によって異なります。

休日

保育園は土曜保育をおこなっていますが、日曜や祝日はほとんどの園が休みです。

一方、幼稚園は土曜・日曜・祝日がお休みで、学校と同じように夏休み、冬休み、春休みといった長期休暇があります。

入園の条件

保育園は、保護者が就労や妊娠・出産、介護などで子供を保育できない場合、保護者に代わって保育する施設です。そのため利用するための申請条件があります。

一方、幼稚園には条件がありません。

保育料

保育園の保育料は市町村の徴収基準により、保護者の所得状況によって異なります。

幼稚園の場合は私立ならそれぞれの園が決定し、公立は市町村が設定します。

費用の相場はどのくらい?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

保育園と幼稚園では保育料にどのくらいの違いがあるのかということも気になるところですよね。それぞれの費用の相場についてご紹介します。

保育園

保育園には認可保育園と認可外保育園があり、それぞれ保育料の計算方法が異なります。

認可保育園

認可保育園の保育料は、住んでいる自治体や世帯所得によって異なります。自治体によって違う理由は、国が定めた上限額に対し、自治体が補助金を出すからです。自治体の子育て支援の手厚さによって補助金は異なり、保育料に差が出ます。

また、保育料は世帯所得によっても異なり、自治体が定める保育料の階層区分に住民税の所得割課税額を当てはめて決定します。

これ以外には、3歳未満の保育料は高く設定、2人以上の子供が通う場合は保育料減額措置などもありますので、保育料は家庭によって異なるというわけです。認可保育園の平均的な保育料は2~3万円です。

続きを読む
1/2