https://pixabay.com/ja/

フォローアップミルクの必要性・人気のおすすめ5選の比較など

この記事のカテゴリー:

フォローアップミルクの赤ちゃんへの必要性は意外と知られていない?

子育てをしていると、「フォローアップミルク」という名前を1度は耳にした事がある方も多いはず。しかし意外とフォローアップミルクが何の為に必要なのか、いつから必要なのかについて知られていません。

こちらでは、まずフォローアップミルクの必要性やメリットについてご紹介します。

フォローアップミルクの必要性:①離乳食だけで栄養を摂れない赤ちゃんをサポートする味方!

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/

フォローアップミルクとは、大体離乳食が3回食になってきた1歳前後から飲み始める粉ミルクの事を言います。今までは母乳や母乳に代わる粉ミルクで栄養を摂ってきた赤ちゃんも、6カ月前後から離乳食を摂り始めます。最初はスプーン1杯の10倍粥や野菜の磨り潰した物だけですが、次第に2回食、3回食へと変化。

3回食になると大人と同じ時間で食事をすることになり、この頃には大分食事の量も増えてきます。しかしまだ飲み込みが未熟だったり、うまく量を摂れない乳幼児は離乳食だけでは栄養を摂りきれません。

そこで登場するのがフォローアップミルクです。離乳食と併せて、フォローアップミルクで離乳食で足りない分の栄養素を補っていきます。

フォローアップミルクの必要性:②お留守番の時も心強い味方に

普段の授乳回数が減って来ているお子さんとなら、お父さんもお留守番しやすくなってきます。でもママが恋しくなって困ってしまうなんて事も。

そんな時にフォローアップミルクに慣れていれば1歳前後なら哺乳瓶で飲ませることも可能ですし、それ以上ならマグカップなどで飲ませる事も可能です。「何を飲ませて良いかわからない」なんて事も無くなり、スムーズに子供とコミュニケーションが取れるかもしれませんよ。

フォローアップミルクの必要性:③卒乳もお手伝いしてくれる

1歳前後になるとそろそろ卒乳を考え始める親御さんが増えてきますね。この頃に子供も離乳食が進みだし母、乳育児のお母さんは授乳の回数が減って来る人も多いのではないでしょうか。授乳回数が減ると母乳の出も悪くなってきます。特に離乳食が苦手な子や食べる量が少ない乳幼児にとっては、授乳も大事な栄養源。授乳が出来ないとなると栄養面のバランスで厳しくなってきます。

そんな時にフォローアップミルクは活躍します。また仕事復帰や外出時での授乳を避けたい時、自然の流れの中で卒乳を助ける救世主と言っても良いですね。

 

人気フォローアップミルクランキング!|おすすめ5選比較!価格・栄養素・味など

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/

これからフォローアップミルクを考えている方は、フォローアップミルクの商品もメーカーも種類が多くて悩んでいる人も多いのでは?

こちらではフォローアップミルクが初めてのお子様でも飲みやすい商品を人気のものから5つご紹介します。

フォローアップミルクのおすすめ:和光堂フォローアップミルク ぐんぐん

赤ちゃん系の商品に強い和光堂で発売されている「ぐんぐん」。830gで1476円となっています。この商品は、乳幼児に特に必要とされている魚の栄養素DHAを強化した商品となっていて人気です。

特に乳幼児の脳にとってDHAは必要不可欠な栄養と言われており、注目されています。また和光堂の粉ミルクは中で固まりにくいと評判。使いやすいのも選ぶ基準としてはポイントが高いですね。

味は、飽きのこないあっさりとしたタイプになっています。

出典:http://amzn.to/2oRRed7

 

フォローアップミルクのおすすめ:明治ステップらくらくキューブ

28g×48個入りで3580円のこの商品は、乳幼児におすすめのビタミンやカルシムをバランスよく入れていることにも定評があり産院でも良く使われています。赤ちゃんの発育に必要なβカロテンも他のメーカーのフォローアップミルクよりも豊富に含まれています。

またキューブ型になっているのがとても使いやすく、粉をスプーンで計る手間が省けます。溶け方も早く哺乳瓶なら、キューブとお湯を入れて蓋をして振るだけ。マグカップでもスプーンで混ぜるだけなので、お父さんでも簡単に作ることが出来ます。

味は、他のフォローアップミルクよりもほんのり甘みがあります。フォローアップミルクに抵抗がある子でも、このフォローアップミルクなら飲みやすいという意見も。

出典:http://amzn.to/2kOYhxZ

 

フォローアップミルクのおすすめ:ビーンスターク強い子

820gで1905円のこの商品は、DHAとカルシムが多く入っている事で人気があります。

また癖の無い風味が子供が毎日飲んでも飽きないと好評。一度これを飲むと口当たりのサッパリさが止められないという話も多いそうです。

栄養素のバランスも良く、シンプルですがフォローアップミルクの役割をしっかりと果してくれるものと言えるでしょう。

出典:http://amzn.to/2B60yfc

 

フォローアップミルクのおすすめ:アイクレオフォローアップミルク

820gで2424円と少し高めの印象があるこの商品は、母乳の成分として知られる「ヌクレオチド」が豊富に入っているのが特徴。

また鉄分とビタミンCにこだわっているのもポイントで、幼児期に摂りたい要素が詰まっている商品として根強い人気があります。もちろん、カルシウムの成分もきちんと配合されています。体内でDHAに変化するα‐リノレン酸を含むエゴマ油も配合されています。

味は、あっさりめになので、飽きないで飲みやすいでしょう。

出典:http://amzn.to/2CJ4Vgu

 

フォローアップミルクのおすすめ:森永チルミル

820gで1800円の森永チルミルは、子供が好きな甘さの味が特徴のフォローアップミルクです。またオリゴ糖の配分が多いので便通が気になるお子様をお持ちの方は、こちらを試してみるのもおすすめ。オリゴ糖は体内のビフィズス菌を増やす効果があるので、赤ちゃんの便通にも効果があると言われています。

栄養は勿論バランスよく摂れることで知られていますが、お子様が飲みやすいを心がけた味のこだわりが子供に人気です。

出典:http://amzn.to/2kPtwcb

 

フォローアップミルクのデメリットは?

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/

栄養が取れたり、卒乳を助けたりしてくれるフォローアップミルクですが、実際の所はどうなのでしょうか?良いことばかりでは無いフォローアップミルク。こちらでは、フォローアップミルクを使う前に知りたいデメリットについてご紹介します。

フォローアップミルクは牛乳嫌いになるかも?

フォローアップミルクを飲むのに推奨している年齢は、9カ月から3歳まで。1歳を過ぎると卒乳する子も増え、アレルギーを発症していな子は牛乳を口にする事が出来るようになって来ます。しかしフォローアップミルクは味付きの物が多いので、これに慣れてしまっていると途中で牛乳に切り替えるのが難しくなってくる事も。

牛乳はカルシウムを多く含む事でも知られていますが、今後保育園や幼稚園などの集団生活で欠かせない飲み物になってきます。もし離乳食が多く摂れていてアレルギーなど問題が無いようなら、無理にフォローアップミルクを選ばなくても良いかもしれませんね。

フォローアップミルクは手間がかかる

フォローアップミルクは、当然年齢や体重などで摂取して良いとされる量が変わります。あくまで栄養補助の為の飲み物なので、足りない分だけ補うという考え方が正しいでしょう。そこで自分の子供の体重や、その日食べた量、おやつなどを考慮しながら作るのは手間だという方も多いそう。量を計測しながらお湯を沸かすという作業は、実は毎日となるととても重労働なんです。

フォローアップミルクは意外と高い?

フォローアップミルクは意外と値が張ります。例えばメーカーが推奨している例をあげると、9カ月から12カ月のお子様が飲む回数は大体離乳食後の5回。1日の摂取目安量は550ミリから700ミリと言われています。7gで50ミリのミルクを作る事が出来るフォローアップミルクについて調べると、最低でも77gを1日に使う事になるわけです。メーカーによって様々ですが、800g缶で1500円から1800円ほどが相場のフォローアップミルク。推奨量でいくと10日で飲み干すことになります。

フォローアップミルクだけを飲ませるという事ならさほど高くは無いかもしれませんが、徐々に子供用ジュースやお茶ななども飲めるようになって来ることを考えると割高感が否めません。

フォローアップミルクが合わないと下痢をする場合も

少しずつ慣らしながら飲ませる場合でも、赤ちゃんの体にフォローアップミルクが合わない場合は下痢をすることがあります。フォローアップミルク以外に原因があるかもしれませんが、もしフォローアップミルクに切り替えたタイミングで下痢をした場合は、ミルクに戻したり、様子を見たりしましょう。

また、下痢が続く場合は、医師に相談しましょう。下痢をしだしたのに、フォローアップミルクを飲ませ続けるのはやめましょう。

 

フォローアップミルクを選ぶ時のポイント

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/

それでは一体フォローアップミルクを選ぶ時には、何を気を付けたら良いのでしょうか?

フォローアップミルクの種類は様々|好む味や子供に足りていない栄養を基準に選ぶのもポイント!

一口にフォローアップミルクと言っても、その種類は様々。乳幼児の舌は味に非常に敏感だと言われており、勿論大人の様に我慢をして口に出来る技術も持ち合わせていません。その為最近では甘さが強い物や、サラっとした口当たりが特徴的な商品、鉄分補給に特化していたりとメーカーや商品によりけり。少し飲んでみて残す事もあるので、味をみながら少量ずつ購入して試してみるのもおすすめです。

また、どの様な栄養が足りていないのかを考え、野菜嫌いや魚嫌いなど子供に応じて選ぶのもポイント。乳児用のイベントなどでお試し商品を無料配布している事もあるので、気になる商品のホームページなどをチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

フォローアップミルクの飲ませ方は?

フォローアップミルクの飲ませ方は、タイミングとしては、離乳食を食べた後に、100㎖くらいを目安にあげる飲ませ方がいいでしょう。飲ませる時には、ストローマグで飲ませてあげるといいですよ。

もし、フォローアップミルクを飲んでくれない場合は、フォローアップミルクを使って離乳食を作るのもおすすめです。フォローアップミルクを牛乳と同じように使うと失敗も少なく、味の予想もつきやすいでしょう。牛乳よりも栄養価が高いので離乳食に使ったフォローアップミルクの飲ませ方はおすすめです。

フォローアップミルクを使った離乳食のレシピは、各フォローアップミルクのメーカーのサイトなどに掲載されています。フォローアップミルクを牛乳の代わりに使ったレシピや、最後にフォローアップミルクをふりかけるレシピなど幅広くあります。お子様の好みに合わせて、フォローアップミルクをうまく活用していきましょう。

 

フォローアップミルクはいつまで飲ませるべき?

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

フォローアップミルクは必ずしも飲ませるべきものではないので、いつまで・何歳までということは決まっていません。フォローアップミルクは、まだ栄養が離乳食でうまく取れない子の栄養面をサポートするためのものなので、離乳食がしっかり食べられるようになった時期、およそ1歳過ぎの頃に飲ませるのを辞めてもいいでしょう。

また、フォローアップミルクには栄養がたっぷり含まれているので、3歳までは成長のために飲んでほしいという保健士さんもいらっしゃるようです。お子さんがフォローアップミルクを飲むことを嫌がらないのであれば、3歳頃まで飲ませてもいいでしょう。ただ、飲むのを嫌がる場合は、無理に飲ませないようにしましょう。

フォローアップミルクは必要ないという意見もあります。ご自身でお子様に必要ないと思ったらあげる必要はありません。お子様をよく観察し、フォローアップミルクは必要あるのか・必要ないのかきちんと判断してあげてくださいね。

 

寝る前にフォローアップミルクはあげる?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

寝る前にフォローアップミルクをあげること自体は大丈夫ですが、虫歯になりやすいというリスクがあります。もし、寝る前にフォローアップミルクをあげるのであれば、ミルクを飲み終わった後、虫歯予防のためにも湯冷ましや麦茶を飲まさせて、口の中をスッキリさせてあげましょう。また、歯磨きもきちんと行いましょう。

寝る前のミルクは、離乳食をきちんと食べ、お腹がすいて夜中に子供が目を覚ますということがなければ必要ないでしょう。

 

※ミルクのことについてはこちらをチェック!

おすすめ粉ミルク7選!成分や価格など比較・作り方4ステップなど

月齢別ミルクの量は?新生児~量の目安や計算式・飲む量が減る原因等

 

関連する記事