ボルダリングの服装・靴下・シューズ・チョークバッグの選び方

この記事のカテゴリー:

ボルダリングとは?|いま人気のロッククライミングの一種

若い方を中心に人気が高まってきている『ボルダリング』は、全身運動でありながら、思考力を鍛えられるということでも注目を集めています。ボルダリング専門の施設も増えてきており、初心者の方でも手軽に始められるのも魅力の一つと言えるでしょう。

そもそもボルダリングというのは、ロッククライミングの一種で、岩山を登るスポーツです。しかし、ボルダリングではロープ等を使用して登ることは滅多にありません。ボルダリングでは、万が一落下しても致命傷にならない程度の3〜5メートル程の岩山、もしくは人工的に作られた壁を利用し、最低限の道具と装備だけで登ります。

ボルダリング施設を利用する場合、シューズやチョークバッグを借りられることも多いため、これから始めてみようと思う方が用意するのはウェア類だけになります。その為、初期費用がそれ程かからないのも人気がある理由の一つでしょう。

では、どのような服装を心がければいいのか、いくつかポイントを抑えて紹介していきます。

 

ボルダリング時におすすめの服装【トップス編】
:身体にフィットする速乾性のウェアがおすすめ!

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

ボルダリングは全身を使って岩山を登っていくので、伸縮性があり、動きやすい服装がおすすめです。袖部分や裾がピラピラするものは身体にまとわりつきやすく、思わぬ事故を招いてしまう危険性があるため不向きです。

また、ボルダリング施設などを利用する場合、順番待ちの方々が下の方に待機していることも多いため、お腹や下着が丸見えになってしまうこともあります。お互いにとても気まずくなってしまいますよね。特に女性の場合は下着類が見えないよう、工夫も必要です。

天然素材で肌に優しい綿100%のシャツはとても着心地がいいものですが、その分汗が乾きにくいというデメリットがあります。ボルダリング時は想像以上に汗をかくものです。汗でシャツが身体にまとわりつくと、思うように身体を動かせなくなってしまいます。汗で滑りやすくなるのも危険です。その為、出来るだけ速乾性のあるスポーツウェアを着用するようにしましょう。

ボルダリングでは滑り止めのためにチョークの粉を使用しますので、汚れても構わないウェアがおすすめですよ。

 

冬季のボルダリングは汗対策と冷え対策が必要

室内のボルダリング施設に慣れてきたら、外の岩山に挑戦したくなるものです。寒い季節に登ることもあるでしょう。

寒い季節でもいざ登り始めるとやはり汗をかくほど暑くなってきます。登る際には薄手の長袖ウェアにもう一枚薄手のタンクトップなどを羽織る程度で大丈夫でしょう。体温に反応して温度調節をしてくれる機能性ウェアなどがおすすめですよ。

着替えの衣類、靴下等を忘れないように準備しておきましょう。

出典:http://amzn.to/2ChzWvj


また、ボルダリング施設によっては冷房をやや強めに入れているところも少なくありません。待機中や休憩中に体が冷えてしまうと、いざ登ろうとしても筋肉が思うように動かないものです。冷え防止のために、羽織れるものを一枚用意しておくといいですよ。

 

インナーウェアは自分の体質に合わせた機能的なものを選びましょう!

スポーツ用のインナーウェアには色々なタイプのものがあります。汗を吸収してくれるもの、体温調節をしてくれるものもあれば、体臭を抑えてくれるタイプのものなどもあります。自分の体質に合わせて使いやすいものを選ぶようにしましょう。

やはりおすすめなのは軽量で伸縮性に優れているものです。岩場で引っ掛けても簡単に破れない素材のものを選ぶのもいいでしょう。手首や腰回りがキュッと引き締まったタイプのものは肌の露出を抑えてくれるのでおすすめです。


出典:http://amzn.to/2Chzm0B

また、女性の場合ボルダリング時に下着の紐がズレて気になるという方もいらっしゃいます。奥さんと一緒にボルダリングを楽しみたい方は、スポーツ用アンダーウェアの着用をおすすめしてあげるのもいいですね。

ボルダリングは順番待ちの人が下から見上げていることが多く、意外と露出が気になってしまうもの。スポーツ用のアンダーウェアを着用することで不安を減らし、動きに集中できるようにしておくと、よりボルダリングを楽しめますね。

 

続きを読む
1/4