https://pixabay.com/

30代の転職について|メリット・リスク・転職のコツ・注意点など

この記事のカテゴリー:

30代が転職を決める理由は年齢や将来への不安など様々!

30代というと一度就職し、ある程度社会人経験を積んだ年代です。中には管理職につき始めたり、責任のあるプロジェクトを任されたりすることもあるでしょう。

そんな30代の中には、転職を考え始める方も少なくありません。その理由にも色々ありますが、まず年齢的に転職をするのにギリギリであることが挙げられます。新卒~30代までの募集はしていても30代以降は募集していないという企業は実に多いものです。企業としてはどうしても体力があり、これからの伸びしろが多い若い人材を求めてしまうのです。どうしてもやりたい仕事がある場合、これから新しいことを学ぶにしても30代がギリギリのポイントであることは否めません。

また、将来への不安や、現在の職場環境、給料形態に不満があって転職を希望する方もいらっしゃいます。例えば子供の教育費や、住宅ローン、親の介護や自分たちの老後の蓄えなどを改めて計算した時、今の職場では不安を感じる方も多いでしょう。

 

30代で転職するメリットはキャリアアップ、キャリアチェンジにある!

30代で転職する場合、これまで自分が培ってきたスキルを更に高めたり、キャリアアップを目指すことが出来るようになります。これまでの職場ではなかったキャリアアップサポート体制が整っている所に転職すると、また新たな技術を身につけやすくなるというメリットがあります。

これまで土台を固めてきた人脈を活かした仕事も出来るようになりますので、これまで以上にやりがいを感じる方も多いでしょう。ヘッドハンティングを受けたことがきっかけで転職した場合、転職した時からすぐに要職を任されることも少なくありません。

 

30代で転職することのリスクとは

30代で転職することは良いことばかりではありません。何の後ろ盾もなく転職する場合、むしろリスクが高いということを失念してはいけません。30代で転職することで生じるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

30代転職のリスク:20代と比べ募集数が減少する

転職サイトや人材募集広告などを見ても分かるように、単純に正社員、非正社員共に圧倒的に募集数が減ります。少ない募集数に対して集まる人数も多いため、ライバルも増えます。油断しているとあっという間に募集が終了してしまうこともありますので、良さそうな募集があれば積極的に応募していくのがおすすめです。

 

30代転職のリスク:年下が上司になることがある

転職先では、新卒の頃から働いて早くに職位に就いている人もいらっしゃるでしょう。早ければ20代で自分の部署を任されている方もいらっしゃいます。そうなると、配属先によっては自分より年下が上司になることもあります。中には余計なプライドが邪魔して、トラブルを引き起こしてしまう方も少なくありません。転職先ではしっかりと気持ちをリセットさせることが大切です。

 

30代転職のリスク:年収ダウンの可能性もある

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

30代で転職する際、これまでの職位がリセットされることが殆どです。その為、年収がこれまでと比べて下がってしまう可能性が高くなります。それによって生活スタイルが変わってしまうこともありますので、同居家族がいる場合は、しっかりと話し合い、理解を深めておきましょう。

 

30代の転職は長期戦を覚悟しよう

30代での転職は、20代のものに比べて長期戦になりがちです。募集数が少ない上に、現職についたままの転職活動では、どうしても時間の調整が難しくなるからです。面接を受ける際、場合によっては現在の職場を休まなければならないことも出てくるでしょう。現在の職場に理解を求めておくことも大切です。

続きを読む
1/4