https://pixabay.com/ja/

4歳児に合う自転車とは?|選び方や注意点・おすすめ自転車10選

この記事のカテゴリー:

4歳児の自転車はどう選ぶ?プレゼントにもおすすめの初めての自転車

4歳になると急に色んな事を覚えて、自分で何でもできる様になります。元々保育園に通っている子はさらに学習能力が高まりますし、3歳で初めて集団生活を始めた幼稚園の園児たちは親元から離れた経験により劇的に変化を遂げます。その様子はご両親の目から見ても明らかで、色々な事に挑戦させたくなってしまうものです。

そこで思い付くのが自転車では無いでしょうか?実際、四歳で自転車をプレゼントするという家庭は良くあるそう。しかし自転車とは言っても大人と同じものは選べませんし、悩みますよね。

こちらではその様な方に参考にしてもらいたい、4歳で選ぶ初めての自転車のサイズや注意点などをご紹介します。

 

4歳の子供の自転車はタイヤのインチが重要

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/ja/

4歳の子供の自転車を選ぶ時に重要なのは身長です。靴や洋服の様に子供は大きくなるからと、大きめの自転車を購入するのはおすすめ出来ません。何故なら自転車はそれ自体が重く、まだ体の小さい4才の子供にあまりに大きい自転車を与えると大きな怪我を負いかねません。

自転車にはサイズの目安があり、4歳の平均的な身長は100㎝から115㎝くらいとされています。

自転車販売店がおすすめするサイズは

80㎝~105㎝までが12インチ

91㎝~108㎝までが14インチ

98㎝~119㎝までが16インチ

103㎝~125㎝までが18インチ

というのがおおよその目安です。大体4才だと大きい子でも120㎝以下ということが多いので、このサイズを基準に自転車を選ぶと良いでしょう。

・GRAPHIS(グラフィス) 補助輪付き子供用自転車 GR-16 (参考価格:13,800円)

出典:https://amzn.to/2KTM5Zh

 

自転車を買う時は一番低いサドルで足がつくかを目安にして!メーカーで大きさが変わる自転車

身長で選ぶ時に重要なのが確かにタイヤのインチなのですが、自転車本体の大きさはメーカーにより差が出ます。その為子供に試乗させ、サドルを一番低くして足がどのくらいつくかを見ると良いでしょう。

今後大きくなる事を想定して買うのも大事ですが、四歳で乗るのであればサドルが一番低い状態で足が両方ついていると練習時も危なく無い上、長く乗ることが出来ます。

 

4歳児の握力で握れるブレーキがついた自転車を選ぶ

https://pixabay.com/ja/

出典:https://pixabay.com/ja/

自転車のブレーキは、メーカーにより堅さや形が違います。まだまだ握力が弱い4歳のお子さんが、しっかり握れるかどうかを確認するのが大事。手が小さい子もいますので、体のサイズに合ったものを吟味するのがベストです。

 

4歳の子供用自転車選びは、品質チェックが重要

子供の初めての自転車は、当然安全で質の良い物が良いですよね。そこで「BAAマーク」の付いた自転車を選ぶのもおすすめです。

このマークは、自転車協会が認めた安全でエコな自転車についてくる表示のこと。目で見てから安心だと思える自転車は貴重です。

・ブリヂストン(BRIDGESTONE) ハッチ 18インチ キッズサイクル HC182 アイボリー 3427 (参考価格:28,523円)

こちらのブリヂストンの「ハッチ」は、自転車安全基準のBAA適合のものになります。

出典:https://amzn.to/2KSZuRr

 

4歳児は好みがはっきり出てくる時期!子供に好きな自転車を選ばせるのもおすすめ

自転車は乗りたくなくなると、せっかく購入しても家の前で置きっぱなしにされているなんてこともあります。その様な状態を防ぐためにも、子供の好きなキャラクターや色などを選ばせてモチベーションを上げておくのが良いでしょう。4才だと既に好みがはっきり出てきます。親の希望の物は提案程度にし、子供の好きな自転車を選ばせるのが良いですね。

 

4歳児の自転車は補助輪の形状が変わるタイプが練習させやすい

4歳だとまだまだ補助輪が必要なお子さんが多くいます。「そろそろ」と一気に補助輪を取るのも良いですが、おすすめは補助輪が徐々に上がっていくタイプのもの。それだと少しずつ補助輪が無くなっていくのでお子さんも安心できます。また、ご両親がずっと後ろで自転車を押さえていけないという事も無くなります。

 

続きを読む
1/3