2018年最新!ボーナスの使い道は?お金使い道ランキング・平均ボーナス支給額

この記事のカテゴリー:

業界別でみるボーナスの平均的な支給額は?

ボーナスが支給される会社では、夏ボーナス・冬ボーナス年に2回のボーナス支給が殆どです。平均的なボーナス支給額はどれくらいなのでしょうか。まずは業界別にざっとまとめてみました。

まず夏ボーナス・冬ボーナス合わせてボーナス支給額が高い業種は製造業、情報通信業、金融・保険業、マスコミ系です。平均50~80万以上支給される所も少なくありません。

自動車・部品業はボーナス支給額が非常に高く、平均して80万以上の所もあります。ボーナス支給額ランキングでも毎年トップクラスです。こういった製造業は元々ボーナス支給額が高い業種ではありましたが、近年では円高の煽りを受け、支給額自体は高いものの徐々に減少傾向にあります。

 

年代別でみるボーナスの平均的な支給額はどれくらい?|夏ボーナス・冬ボーナス

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

それぞれの年代別による、夏ボーナスと冬ボーナス支給額の平均はこのようになっています。月給の1~1.5倍額が支給されています。

20代…夏 25~35万円/冬 35~40万円

30代…夏 35~45万円/冬 45~50万円

40代…夏 55~60万円/冬 60~65万円

夏ボーナスと冬ボーナスの支給額の平均は、30代後半〜40代頃で年に100万を超える方が出て来て、50代まで徐々に上昇していきます。特に30〜40代は子供の教育費などが最も増える頃です。

ボーナスの使い道はしっかりと計画を立てるようにしましょう。

 

2018年みんなのボーナスの使い道は?増加傾向にある自己投資という使い方

独身・既婚者問わず、これから新しく資格を取りたい、新しいことにチャレンジしてみたい、もっと自己スキルを高めたいという方も多いですよね。実際、社会人になってからも色々と学ばなければならないことは多いものです。

そこで、ボーナスを利用してパソコン教室や英会話スクールに通い、将来の自分のために投資をするという使い方が増えてきています。

最近は話し方教室や、社会人向けのペン字教室なども人気がありますよ。健康を維持するためにジムに通い始めたり、若々しさを保つためにエステに通うという使い道もありますよね。

ボーナス一括払いOKの所も多く、この機会にまとめて支払いを済ませておくといいでしょう。

エステやひげ脱毛のおすすめ:かっこいい夫・かっこいいパパでいるために「MEN’S TBC」

 

2018年ボーナス使い道ランキング3位『パーッと使う!』|今年は家電を買うのが断然いい!

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

独身の方もパパの方も欲しかったものを購入したり、旅行に出かけたりして消費に充てるという使い道が堂々の3位です。

ボーナスを消費にあてるということは、世の中の経済に貢献する役割があります。とはいえ、そればっかりだと単なる散財に過ぎません。欲しいものの数が多くて困ってしまったときにもリストアップはおすすめです。

お酒や趣味のもの、例えば時計やスマートウォッチ、キャンプ用品、興味のあるドローンやホームシアター、セグウェイなどを購入したり、仕事で必要なスーツやシャツ、革靴をオーダーで作ることに使うのもいいでしょう。

また、今年は、買い物をするなら断然「家電」がおすすめ!日常で必要な家電から、家族へのプレゼントにもなる美容家電などがお得に買える時期でもあります。

おすすめ家電・人気の電子レンジ:バルミューダ 18L フラット庫内オーブンレンジ BALMUDA The Range(ブラック) (参考価格:42,800円)

出典:https://amzn.to/2QLg4Iw

 

おすすめ家電・食洗機:パナソニック 食器洗い乾燥機(シルバー)【食洗機】 Panasonic NP-TZ100-S (参考価格:85,980円)

出典:https://amzn.to/2LdczoK

 

おすすめ家電・人気のエアコン:ダイキン 14畳用 4.0kW エアコン うるるとさらら RXシリーズ うるさら7 2018年モデル S40VTRXS-W-SET ホワイト F40VTRXS-W + R40VRXS (参考価格:160,900円)

出典:https://amzn.to/2RS781j

 

おすすめ家電・人気の炊飯器:バーミキュラ ライスポット 5合炊き トリュフグレー 専用レシピブック付 RP23A-GY (参考価格:86,184円)

出典:https://amzn.to/2L9VGve

 

おすすめ家電・人気の洗濯機:パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 クリスタルホワイト NA-VX8800L-W (参考価格:249,800円)

出典:https://amzn.to/2RTz5FU

 

お酒のおすすめ:獺祭の最高峰!「獺祭 磨き その先へ セット」

出典:https://amzn.to/2yEqnWQ

また、形に残るものを購入することも素敵ですが、友達や家族とちょっと贅沢な外食を楽しんだり、旅行に行ったりして思い出に残る使い道をされる方も多いものです。非日常的なことを取り入れることで、気持ちもリフレッシュされますよね。今後の仕事の効率アップにも繋がりますし、また仕事を頑張っていこうという前向きな気分にもさせてくれます。

ボーナス支給日時期は、どこも割と混雑してしまいがちですので、ゆっくりと過ごしたいのであれば、あえて時期をズラして出かけることをおすすめします。

海外旅行のおすすめ:マイルも貯まってお得な「JAL PAK」

 

国内旅行のおすすめ:「JTB」で国内旅行を満喫

 

2018年ボーナス使い道ランキング2位!『ローンなどの返済に充てる』

ボーナスの使い道として、ランキング2位に入ったのが住宅・車のローンなどの返済に充てるというものです。学生の頃、奨学金制度を利用した方の中にもボーナスを使って返済に充てる方も多いでしょう。

高額商品の多くは契約時にローンを組むかどうかを決めますよね。ローン返済は上手く使えば家計を助けてくれるものですが、場合によっては返済期間が長引いたり、返済額が増えたりすることもあるので、事前にしっかりとシミュレーションをし、返済に無駄がないように計画しておくことが大切です。

会社によってはボーナスが不定期支給だったり、場合によっては支給されないケースもあります。ボーナスありきでローンを組むと後で大変な目に遭うこともありますので、会社の給与体制をしっかりと把握しておきましょう。

※ローン返済についてさらに知りたい方はこちらの記事も!

「繰り上げ返済」の賢い方法をご紹介|種類や金利ボーナス利用など

 

2018年ボーナス使い道ランキング1位はやっぱり貯蓄!

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

ボーナスの使い道ランキング、堂々の1位はやはり貯蓄です。

子供の学費や、マイホームの頭金、万が一病気や怪我をした時のため、老後の生活費など、後々掛かってくる経済的不安のためにも、既婚者の方も独身の方も貯蓄は絶対に必要なものでしょう。

実際、ボーナスを支給された方の多くが将来のための貯蓄に充てていらっしゃいます。複数の口座を使い分けて、目的別に管理している方も少なくありません。確実に貯蓄するためには、定期預金を利用するのもおすすめですよ。

冷蔵庫やテレビ、掃除機、パソコンといった大型家電は、それぞれ耐用年数というものがあり、ある一定の期間使い続けると寿命が来て使えなくなってしまいます。冷蔵庫やパソコンなどは今や家庭において欠かせないアイテムです。こういった「すぐに新しいものを買い換える必要があるけれども高額」なアイテムは減価償却費を計算し、万が一のときにも対応できるようにしておくのがおすすめです。

ただ、「近々家電を買い替えよう」、「そろそろ今の家電は寿命なのかな?」と思っている方は、ボーナスで今年家電を買い替えるがおすすめです。お得な決済方法やキャンペーン情報を見逃さないようにしましょう。

冷蔵庫のおすすめ:人気No.1!「三菱電機 MXシリーズ MR-MX57D-ZT

出典:https://amzn.to/2I9JJmp

 

薄型テレビのおすすめ:圧倒的な満足度「パナソニック VIERA TH-49EX750 (49インチ)」

出典:https://amzn.to/2teTjQd

 

掃除機のおすすめ:コードレスで断トツ人気「Dyson V8 Fluffy SV10FF2」

出典:https://amzn.to/2K4h6Zm

 

例えばパソコンの耐用年数はおよそ5年ほどです。15万円で購入したものの場合ですと、1年あたりの減価償却費は3万円となります。つまり年に3万円ずつパソコン費用として貯めていれば、寿命で買い替えが必要になったときにも無理な支払いをする必要がなくなります。

 

パソコンのおすすめ:タブレットとしても使える「マイクロソフト Surface Pro タイプカバー同梱 KLG-00022」

出典:https://amzn.to/2JTXsU6

 

※タブレットについてさらに知りたいならこちらもチェック!

【2018年】電子書籍をタブレットで|おすすめ端末やサービス9選

 

2018年ファイナンシャルプランナーがおすすめするボーナスの使い道とは?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

お金のプロであるファイナンシャルプランナーの方々の多くは、ボーナスを分割した使い道を提唱していらっしゃいます。

モノの購入に当てるボーナスの割合は1割程度に留めておくのがベストだといわれています。欲しいものが複数ある方は優先順位を付けておくといいかもしれませんね。

一般的にはボーナス額からローン返済などでマイナスになる分を差し引いた内、残りの5割以上を貯蓄に充てるのが望ましいと言われています。しかし、実際にはローンの2~3割を貯蓄に当てている方が多いようです。

冠婚葬祭などで急にお金が必要になることもありますよね。ローンの使い道の一つとして、いつ起こるかわからないことに対する『念のため貯蓄』もおすすめです。こちらはボーナスの3割を目安にしておきましょう。

おすすめの使い道として、確定拠出年金(日本版401K)があります。2017年から20〜60代ならば誰でも利用できるようになったことで注目を集めています。

ボーナスには使う・貯めるの他に増やすという使い道があります。株やFX、仮想通貨などが一般的ですね。上手くいけば資金をうんと増やすことが出来ますし、株主優待制度により、企業の商品やサービス券などを貰えるのも魅力的です。

ただし、当然ながら投資にはリスクがつきものです。場合によってマイナスになってしまうことも少なくありません。きちんと利益を出せるかどうかは、知識があるかないかによっても大きく変わってきます。

 

※投資と併せてこちらの記事も確認しておこう!

サラリーマンの副業|メリット・副業増加の背景・バレない方法

同一労働同一賃金とは?|働き方改革・企業や従業員が受ける影響など

年俸制について|賞与や残業代など・メリットとデメリットについて

 

今後のボーナス状況はどう変わっていく?

長いこと不景気が続いている中、少しずつではありますが賃金見直しなどでボーナス支給額をアップしている企業も増えています。最近は士業のボーナス支給額が増えてきているのも興味深いですよね。

ただしもちろん業種・職種によって状況は全く異なります。物価上昇や世界情勢などでも変動してきますのでボーナスの使い道はまだまだ堅実性が求められます。

 

※お金の使い方を再度考えるならこちらの記事もチェック!

人生設計とは?|人生設計シートの書き方や立て方3ステップ・参考本4選など

関連する記事