https://pixabay.com/

バスチェアで赤ちゃんとの入浴が快適に|選び方・おすすめチェア10選

この記事のカテゴリー:

バスチェアは新生児から使えるお風呂の便利グッズ!

赤ちゃんが新生児の頃は「沐浴(もくよく)」といって、大きなお風呂ではなくベビーバスなどの赤ちゃん用の小さな湯船を別に用意してお風呂に入れる方が多いでしょう。

まだ小さい赤ちゃんを一緒にお風呂に入れるのは中々の重労働です。特に首や腰が据わっていない子供を抱っこしながらの入浴は、パパも身体や頭を洗う事が出来ず、負担がかかりますよね。お風呂にゆっくり入れないことにストレスを感じるママも意外と多いもの…。

そんな時に便利なのがバスチェアです。バスチェアは新生児から使えるものも多く、一緒にお風呂に入る時に大活躍します。頭や身体を洗いたい時に、そこに座らせておけば身体も冷えずに赤ちゃんが待っている事が出来るのです。

 

バスチェアを使い始める時期は?|生後2カ月でお風呂デビューも

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

バスチェアは生後2カ月から使用する方が多いのが通常です。新生児の時は大人と一緒の入浴では無く、別にベビーバスで沐浴させる方が多いでしょう。

しかし産後1カ月が経つと、ママの体調の悪化が診られなければ、ママへの入浴の許可もおり、そろそろ赤ちゃんとお風呂に入ることを準備する頃かもしれません。

そして遂に大きなお風呂デビュー。この時に首や腰がまだ据わっていない赤ちゃんと入浴するのは、中々大変です。そこにバスチェアがあると非常に楽にお風呂に入ることが出来るのです。

 

バスチェアを使うメリットは?|パパもママも赤ちゃんの身体を洗いやすくなる!

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

それではバスチェアを使うメリットはどこにあるのでしょうか?こちらで幾つかご紹介します。

バスチェアのメリット:1.入浴時のパパとママの負担が減る

バスチェアを利用する最大のメリットは、一緒にお風呂に入るパパやママが頭や身体を洗えることにあるでしょう。

赤ちゃんをお風呂の床に寝かせておくのは体温が奪われたり、水がかかったりと良くありませんね。しかし、ずっと抱っこしていてはまともに身体を洗う事も出来ず、せっかくのバスタイムにリラックスできませんよね。そんな時にバスチェアは入浴時の大人の味方となるのです。

バスチェアのメリット:2.赤ちゃんの身体が洗いやすい

バスチェアに座らせると赤ちゃんの身体がしっかり固定されるので、洗いやすくなります。首や腰がすわっていない子供をひっくり返したり持ち上げるのは一苦労です。

そんな時にバスチェアがあるとお腹部分は簡単に、背中部分も椅子が少し斜めになっているので間に手を入れやすく洗う事が出来ますよ。

 

バスチェアはお風呂場に持ち込むだけ!入浴後は乾燥させてカビやぬめりに注意を

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

バスチェアの使い方は簡単。そのままお風呂場に持ち込んで、赤ちゃんを座らせたり寝かせたりするだけです。ママやパパがお風呂で洗っている間、赤ちゃんにはバスチェアに座って過ごしてもらいましょう。

ビニールやナイロン製の物は、入浴後は乾燥させないとカビなどの原因になるので注意しましょう。またプラスチックだと、ぬめりなども出るのでしっかり拭いて風通しの良い所で保管しましょう。

 

バスチェアの選び方は?|選ぶ際の5つのポイント

https://www.photo-ac.com/https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

それでは入浴時、赤ちゃんが使うバスチェアを選ぶポイントはどこにあるのでしょうか?赤ちゃんが楽に座れるものを探すなどの特徴を踏まえてご紹介します。

バスチェアを選ぶポイント:1.いつから使いたいか

バスチェアを選ぶ時にチェックしたいポイントは、その商品の対象月齢です。初めての出産の場合は、体調の変化や育児についてわからない事も多いので、ペースを掴んでから用意するのも良いですね。

しかしまだ幼い兄弟がいる場合はそうもいきません。上の子を1人で入浴させるわけには行かないので、生後2カ月経たない内に必要になる可能性が高くなります。そんな時は、対象月齢が生後0ヵ月~生後1カ月から使えるものなどを購入するのがいいでしょう。

続きを読む
1/3