https://pixabay.com/

シュタイナー教育とは?|14の特徴・家庭での実践方法をご紹介

この記事のカテゴリー:

シュタイナー教育の始まりとは|教育の歴史と日本での取り組み

シュタイナー教育とは、元々20世紀初頭、オーストリア出身のルドルフ・シュタイナーが提唱した教育思想で、海外では『ヴァルドルフ教育』といいます。ルドルフ・シュタイナーは、『教育というものは単に知識を与えるだけではなく、後々子供たちが自分の自由意志によって行動することが出来るような人間になるための補助である』と考え、1919年にドイツで初めて『自由ヴァルドルフ学校』を開校しました。

彼の教育理念は世界中に広まっていき、今や60カ国以上に1000校・1500園以上が存在します。日本にはシュタイナー教育が入ってきたのは1980年代のことで、現在では7校・50園が存在します。その内の4校は小学校〜高校までの一貫校となっています。

 

シュタイナー教育では人間を4つの構成体と考える

シュタイナー教育では、基本的に人間を『物質体』『生命体』『感情体』『自我』の4つの構成体として考えています。

物質体

地球の引力に引っ張られる鉱物体であり、私達の体そのもの。

生命体(エーテル体)

引力の法則に逆らって、上に伸びようとする力、成長、繁殖力など。

感情体(アストラル体)

快・不快が結びついた感情。喜怒哀楽。

自我

『私』という自己を持つということ。思考や理性。

 

人間を四気質説によって分類した上でのアプローチ

シュタイナー教育では、上記4つの内、どの部分が優勢かによって子供の性格を大きく4つに分類し、それぞれに合うアプローチを行います。

胆汁質

  • 自己主張や意志が強く、決断力・行動力に優れている
  • 癇癪を起こしやすく、他者と衝突しやすい
  • 人に認められると能力を発揮する

このタイプの子供にはやや高めのハードルを与え、尊敬できる人物を身近に置くことで自制心を育てます。

憂鬱質

  • 傷つきやすく、思考がネガティヴ
  • 非社交的で疑い深い
  • 探究心が強く、想像力が豊か

このタイプの子供には、大人の辛い体験談などを話し、他者と共感する心を育てていきます。

粘液質

  • 休むこと・食べること・寝ることが好き
  • おっとりしていて持続力がある
  • 物事をきっちり行うが時間がかかりやすい

このタイプの子供は、構われると嫌がる気質があります。普段はそっとしておき、大人が「気づき」を与えてあげることが大切です。

多血質

  • 好奇心旺盛で楽天的
  • 陽気で優しい
  • 喜怒哀楽が激しく飽きっぽい

このタイプの子供には静かで、物事を継続しやすい環境を与えていきます。大人がゆっくり導いてあげることも大切です。

 

続きを読む
1/2