https://pixabay.com/

情操教育は赤ちゃんの内から|基礎知識と日常生活への取り入れ方

この記事のカテゴリー:

情操教育って一体どんなもの?

教育というと、読み書きや計算力、記憶力を高めたり知識を増やすことをイメージする方も多いでしょう。そういった脳を育てる教育ももちろん必要ですが、心や人間力を育てることも大切ですよね。情操教育というのは、まさにそのための教育と言えるでしょう。

情操教育では、単に知識を詰め込むだけでなく、様々な体験によって子どもの知的好奇心を育てていきます。子どもが自分で善し悪しを判断し、自らの思考によって行動できるようになるためにも非常に大切な教育です。

 

情操教育を行うメリットとは|表現力・想像力・道徳心

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

情操教育では知的感情や情緒を育み、子どもの創造性や個性を豊かにすることが出来ます。自分の感情を言葉や創造物によって表現し、伝える表現力も高まります。また、価値観や道徳心が育てられるため、人がどのように感じているのか、何を求めているのかを考え、それに基づいた行動を取れるようになります。他人を尊重し、互いに助け合うことの大切さも学ぶことが出来ます。

情操教育は、まさに『人間らしさ』を育むものと言えるでしょう。

 

情操教育にはどのような種類のものがあるの?

情操教育と一言でいっても、大きく4つに分類されます。

科学的情操教育

『論理的情操教育』とも言われるこの分野では、物事を観察し「どうしてこうなっているんだろう?」「どうやって作られているんだろう?」「何故こうなるんだろう?」といった真理を追求しようとする知的好奇心を育みます。

道徳的情操教育

『倫理的情操教育』とも言われる分野で、道徳心や共鳴心を育てるための教育です。困っている人を見かけた際、「どうして欲しいんだろう?」「助けてあげたい」と思う善の心を育てます。

美的情操教育

美術品や芸術品に触れ、「きれいだな」「美しいな」と思える心を育みます。それと同時に何かを表現したり、創造したりすることへの好奇心を高めていきます。喜怒哀楽によって感情を表現することにも繋がっていきます。

宗教的情操教育

神仏の教えを学び、命の大切さなどを学ぶ教育です。『宗教的』とつくため誤解を生みやすいものではありますが、宗教的情操教育は決して特定の宗教を推奨するものではありません。宗教など社会的価値観を学ぶと同時に、他人の意思や思想を尊重し、侵さないことの大切さを学ぶための教育です。

 

情操教育は赤ちゃんから始めるのがおすすめ!

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

情操教育を行うのに適している時期というのは、授乳期〜10歳頃までと言われています。特に生まれてから3歳頃までは『三つ子の魂百まで』と言われるだけあって、人間が最も成長する時期です。

この時期はできるだけ色々なものに触れさせ、体験させてあげて下さい。まるで乾いたスポンジが水を吸い込むように、この時期の子どもはあらゆるものをドンドン吸収していきます。「まだ言葉もわからないのに、意味はあるのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、言葉はわからずとも、感じることは出来ます。

どんなに小さな赤ちゃんでも、肌で触れたもの、見たもの、聞いたもの全てを学んでいきます。もちろん、「もう遅い」ということもありません。あくまで小さいうちの方が色々なことを吸収しやすいというだけで、情操教育に「早過ぎる」「遅過ぎる」ということはないのです。

 

情操教育を科目で言うと道徳・音楽・美術・保健体育

学校では様々な科目を勉強しますよね。学校の科目の中で情操教育に当てはまる科目は、主に道徳、音楽、美術、保健体育などです。

しかし、国語で優れた文学に触れて感動することもあるでしょう。算数でも様々な形に美しさを見出す子も多いものです。他の科目は情操教育に当てはまらないかと言えば、決してそういうわけではないのです。

それでは、実際に情操教育をどのよう取り入れていけばいいかご紹介します。

 

情操教育1.キャンプやハイキング、川遊びで自然に触れよう

自然に触れて、季節を肌で感じることは情操教育として非常に有効です。世の中がどのように移り変わっていくのか、どんな生き物がいるのか、五感で感じさせていきましょう。情操教育では、知的好奇心をくすぐり、楽しみながら学ぶことが大切です。

キャンプやハイキング、川遊びや海水浴などがおすすめです。紅葉を見に行ったり、天体観測で季節ごとの星の移り変わりなどを観るのも情操教育にピッタリですよ。

 

情操教育2.動植物を育てて命の大切さを知る

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ペットを飼うことは、情緒や優しさ、命の大切さなどを学ぶのに有効です。話すことの出来ないものと触れ合うことで、相手の気持を汲み取ることが出来るようになります。

ペットもいつか死を迎えます。死を経験するということは、子どもにとっては辛い経験になることでしょう。しかし、死を経験する・悼むということによって、より強く命の重さを理解することに繋がります。

居住環境などによって、ペットを飼えない場合は観葉植物やプランター野菜などを育ててみるのもおすすめです。小さい鉢でも、自分が愛情を持って世話をすることで何かが生まれ育っていく様を見ることが出来ます。単に成長過程を学ぶだけでなく、慈しむ心を育てることにも繋がりますよ。

 

情操教育3.音楽に触れ合う|聴く・演奏する・歌う

情操教育では、音楽のように、目に見えないけれども何かを訴えかけてくるものに触れることも大切です。特定のジャンルにこだわることなく、是非、色々な音楽に触れさせてあげましょう。音楽は特に記憶に残りやすいとも言われています。

楽器を演奏したり、歌ったりすることで、表現力を培うことも出来ますよ。声楽や、ピアノ、エレクトーンなどの習い事にチャレンジさせてみるのもおすすめです。親御さんが歌を歌ってあげたり、一緒に楽器演奏を楽しんだりするのもおすすめです。

曲だけが音楽ではありません。生活音、虫の声や川のせせらぎ、波の音などをたくさん聴かせてあげることも情操教育の一つです。お子さんの情緒を豊かにしてくれますよ。

 

情操教育4.芸術や文化に触れる|美術館・博物館、読み聞かせ等

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

絵画や美術品、伝統芸能といったあらゆる文化に触れさせることは、表現力や想像力を高めることに繋がります。どのような意図でこのような表現をしているのか、自分だったらどうするかといったことを考えることで、他人の気持ちを汲み取る意識も芽生えます。

美術館や博物館などに積極的に連れて行ってあげて下さい。生の文化に触れることで、色々なものをリアルに体感することが出来ます。また、知識や見識を広めることにも繋がります。映画館やコンサートもおすすめですよ。

小さい内は絵本の読み聞かせなどもいいでしょう。また、絵無しの物語を聞かせることは、想像力を高めることにも繋がるのでおすすめですよ。日本語だけでなく、英語やその他の言語での読み聞かせもいいかもしれませんね。

 

情操教育5.スポーツに挑戦して健康的な体を作る

体を動かすことも情操教育で大切なことです。自分の体の動かし方を学び、健やかな体を作ることが出来ます。心身ともに健康でいるためにも積極的に身体を動かしていきましょう。手遊びといった簡単なものから、身体を使った遊戯、体操、スポーツまで様々なものがあります。

スポーツを通し、目標に対する意欲や達成感などを学ぶことになります。目標に向かって努力をすること、仲間と一緒に協力して何かを行うことで協調性も養われます。

 

情操教育6.創造してみる|絵を描く・作る

絵を描いたり、物語を作ったりすることによって、自分が感じたことを形にして人に伝える表現力が培われます。物を作り出すことの喜びは、心を豊かにしてくれます。想像力も豊かになりますよ。

小さい内は、積み木やお絵かき、塗り絵などがおすすめです。「こうするべき、こうあるべき」と指定することなく、お子さんの想像に任せて好きに遊ばせてあげて下さい。出来るだけ色々な素材のものに触れさせていきましょう。様々な色や感触を楽しませることも大切です。

ある程度の年齢になったら、ペーパークラフトや工作、粘土遊びなどもおすすめです。手先や道具を使うことは脳を発達させますし、創造力、意欲、達成感などを学ぶことに繋がります。

情操教育の一環として子どもの内からカメラを持たせるという方法もあります。子どもでも握りやすい小さいトイカメラを持たせてみて下さい。子どもが自分自身で「これを残したい!撮りたい!」と思えるものを見つけるきっかけになります。大人の目線とは全く違う写真が撮れることでしょう。親がハッと気付かされることもあるかもしれません。最近は子ども向けのカメラ教室なども増えてきていますので、親子で楽しんでみるのもおすすめです。

 

情操教育7.宗教行事に参加してみる

世界中には様々な宗教・思想があります。『宗教行事』というと何か特別なことではないかと思われがちですが、身近なところではお盆や法事、新年の初詣などがあげられます。自分だけでなく、自分以外の人の命について学ぶきっかけになるでしょう。また、自然の壮大さ・恐ろしさについて学ぶことにも繋がります。

クリスマスやハロウィンといったものも、日本ではイベント化していますが、元々は宗教行事の一つです。様々な宗教について学ぶことによって、信じるものの違いや、その大切さを考えるようになります。

 

情操教育は子供の主体性を大切に、日常生活に自然に取り入れていきましょう

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

子供のことを想うあまり、ついつい頑張りすぎてしまう親御さんも中にはいらっしゃいます。情操教育は子どもが主体にならなければいけません。無理やりやらされたことは嫌な記憶として残ってしまいます。情操教育は決して特別なことではありません。日常生活に上手く取り入れながら、自然に、そして楽しみながら身に付けていくことが大切です。

情操教育は褒めること、理解することが重要です。あくまで親御さんは傍から子どもの成長を見守っていきましょう。「こんなことが分かるようになってきたんだな」「こんなことも出来るようになってきたんだな」と思った時は、優しい口調で思いっきり褒めてあげて下さい。

また、スキンシップも情操教育として非常に大切です。抱っこしたり、撫でたり、手を繋いだりすることで、人との関わりを怖がらなくなりますし、温かみを感じ、優しい心を育むことが出来るようになります。親からの愛情を感じることにも繋がります。出来れば毎日、お子さんと触れ合う機会を作ってあげて下さいね。

関連する記事