https://www.pexels.com/

AndroidWearおすすめスマートウォッチ9選・購入後の設定

この記事のカテゴリー:

Android Wear(Wear OS by Google)はAndroidスマホ・タブレット対応スマートウォッチOS

Android Wear(アンドロイドウェア)は、Googleがスマートウォッチ向けに開発しているオペレーションシステムのことです。主にAndroid対応のスマートフォンやタブレットとペアリング(連携)して使用することになります。その為、Android搭載のスマホやタブレットをお持ちでなければ本来の機能を十分に発揮することが出来ません。

ちなみに、Android Wearは、2018年3月より、OSの名称がOS Android Wearから「Wear OS by Google」と変わり、今後の新製品の発売に期待が高まっています。

また、Google Pay は今まで、一部のユーザーしか利用できなかったのですが、今後はより多くのユーザーが利用できるようになっています。

 

幅広い機種に対応できるAndroid Wear(Wear OS by Google)とWatch OSを比較!

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

スマートウォッチというと、Apple Watch(アップルウォッチ)を思い浮かべる方も少なくないでしょう。Apple Watchに搭載されているオペレーションシステムはWatch OSと言われるもので、Apple社が開発したものです。Watch OSが使えるスマートウォッチはApple Watchのみです。

それに対し、Android Wear(アンドロイドウェア)は、Google社が開発しており、対応しているスマートウォッチの種類はかなり豊富です。

気になるのは対応アプリケーションの種類でしょう。これまではどうしてもWatch OS対応アプリの方が圧倒的に数が豊富でした。しかし、近年スマートウォッチの需要が増えたことにより、Android Wear対応アプリもかなり増えてきています。普段必要なアプリは十分揃っていると言ってもいいでしょう。

Android Wear(Wear OS by Google)で対応アプリを取る際は、Google play(グーグルプレイ)を利用しましょう。

Android Wear(Wear OS by Google)がWatch OSより優秀な部分とは?

これからスマートウォッチを選ぶにあたり、対応しているOS選びで迷う方も多いでしょう。圧倒的な知名度を誇るWatch OSに比べてAndroid Wear(WearOS by Google)が優れている点はどのような部分でしょうか。

まず、前述の通り対応している時計の種類が多く、様々なデザインのものから選べるという点が挙げられます。カジュアルなものから、フォーマルなものまで揃っていますので、選ぶ楽しみが得られるのもポイントが高いですよね。サークルデザインの時計も多く、通常時は普通の腕時計として使いたいという方にもおすすめです。

またAndroid Wear(アンドロイドウェア)は、Android対応スマートフォンだけでなく、iPhoneでもOSをインストールしておけば使用することが出来ます。これは非常に大きな強みでしょう。もちろん純正のOSではないので、使えないアプリや、出来ないこともまだまだ少なくありませんが、今後利用者数が増えると共に、機能がアップデートされていく可能性も十分にあります。

アプリケーションの表示一覧がApple Watchよりも見やすく、操作しやすいというメリットもありますよ。

デザインの多様性が魅力のAndroid wear(Wear OS by Google)スマートウォッチ!ウォッチフェイスのカスタマイズも

Android wear(アンドロイドウェア)搭載のスマートウォッチの良さは何といってもデザインの多様性にあります。Apple watchといえばスクエアの文字盤が印象的ですが、人によってはいかにもスマートウォッチといったデザインがビジネスでは使いづらいと感じる人もいるのではないでしょうか。Android wear(WearOS by Google)搭載のスマートウォッチはスクエア型、ラウンド型共に様々なデザインがあります。大手時計メーカーからアパレルブランドまで、多くのメーカーが出しているので、普段お使いの時計メーカーや、好きなブランドで購入することができますね。女性に似合うデザインのスマートウォッチも多いので、夫婦でペアスマートウォッチなんていうのもおしゃれですね。

また、Android Wearのスマートウォッチは、WatchFace(ウォッチフェイス)をカスタマイズできるものが豊富なのも特徴です。元々WatchFace(ウォッチフェイス)がスマートウォッチの機能に入っている場合もありますし、WatchFace(ウォッチフェイス)を変更するためのアプリも多く出ています。どのスマートウォッチがWatchFace(ウォッチフェイス)をカスタマイズできるかなど詳しくは各スマートウォッチの記事に詳細に記載しているので参考にしてみてください。

下記でご紹介するスマートウォッチ以外にもAndroid Wear(WearOS by Google)を使えるスマートウォッチは多数あります。需要が増えるに伴い、これからもどんどん新しくて更に機能的なタイプのスマートウォッチが登場してくることでしょう。

 

※カメラ・LINE・タスク管理・ボイスレコーダー・地図アプリなどのアプリについて詳しくはこちら

おすすめAndroid Wearアプリ23選・アプリ活用10方法

 

続きを読む
1/2