アウトドアやキャンプでも美味しいコーヒーを|必要な道具や淹れ方

この記事のカテゴリー:

屋外で楽しむコーヒーは格別!

コーヒーの香りや味は、心をリラックスさせ、頭をすっきりさせてくれるものです。アレンジの仕方も無限で、コクや酸味など色々なバリエーションを楽しむことが出来るため、普段からコーヒーを楽しんでいるという方も少なくないでしょう。

室内でのんびりと味わうのも素敵ですが、屋外でのコーヒーもオツなものです。外の景色とコーヒーの味や香りを同時に楽しむことが出来ます。カフェなどでオープンテラスが多いのも頷けますよね。

 

キャンプなどのアウトドアでもコーヒーを楽しみたい

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

キャンプや登山などのアウトドアシーンで飲むコーヒーは、非日常の中に日常を取り入れることによって、最高の贅沢を味わうことが出来ます。心や体をリフレッシュさせ、癒やしてくれるだけでなく、冷えた体を温めてくれます。過酷なキャンプや登山などのアウトドアシーンでは、香りの強いコーヒーを飲むことで、脳を冴えさせて事故を防ぐことにも繋がると言われています。

ソロキャンプではもちろん、キャンプファイアを囲み、仲間と語らいながら飲むコーヒーは格別ですよね。では、そんなアウトドアシーンで美味しいコーヒーを楽しむためにはどのような道具を用意し、どのように淹れるのがいいのでしょうか。

 

キャンプやアウトドアでコーヒーを淹れるならカップ選びから

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

キャンプやハイキング、登山などのアウトドアでコーヒーを飲む場合、カップが必要になります。当然、割れやすいものやかさばるもの、重いものは不向きです。ガラス製・陶器製のものは控えましょう。折りたためる上に軽いシリコンタイプのカップはアウトドアでも人気がありますが、熱が伝わりやすいため熱くて持てないこともありますし、ドリッパーなどをセットする際には強度が足りないので、コーヒーを飲む場合にはあまりおすすめしません。

キャンプなどのアウトドアに持っていくのであれば、ステンレス製のものや、チタン製のもの、ホーロー製のものがおすすめです。丈夫で軽量ですし、温め直したい時に直火にかけられるのも嬉しいポイントです。キャンプメーカー製のものや、アウトドア専門メーカーのカップなら、なお安心ですね。

 

日帰りアウトドアでは魔法瓶でお湯を持参する手も

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ハイキングや川遊びといった、日帰りのアウトドアでコーヒーを楽しみたい場合は、さっと手軽に使える魔法瓶タイプの水筒やポットに必要なお湯を持参するという方法がおすすめです。手間もかかりませんし、荷物も最小限に抑えられます。もちろん、あらかじめコーヒーを水筒に入れて持参すれば更に楽です。

最近は魔法瓶の保温性が非常に高くなっており、朝入れたお湯が夕方まで熱いままというものも少なくありません。おしゃれなデザインのサーモマグも多いので、是非チェックしてみて下さいね。

 

アウトドアでお湯を沸かすなら、バーナーや焚き火がおすすめ!

キャンプや登山などのアウトドアシーンで、その場でお湯を沸かしてコーヒーを淹れたいという場合、お湯の沸かし方にも色々な方法がありますよね。

卓上コンロでも可能ですが、屋外では風が強く熱が伝わりにくいのでやや時間がかかってしまいます。その為、アウトドアシーンではバーナーを使うのが最も一般的ですよね。種類も豊富で、ボンベを複数取り付けられるタイプのものは火力も強く、お湯もすぐに沸かせます。

またキャンプ等では焚き火を使ってお湯をわかすことも多いでしょう。ススが付きやすいので、焚き火を使う場合は蓋付きの器具を使いましょう。アウトドア専用のヤカンを別途用意しておくといいですよ。火力が強く、持ち手部分に樹脂などが使われているものは溶けてしまう危険性もありますので、焚き火の場合はオールステンレス製のものがおすすめです。

 

続きを読む
1/2