アウトドアやキャンプでも美味しいコーヒーを|必要な道具や淹れ方

この記事のカテゴリー:

アウトドアでお湯を沸かすなら?|バーナーや焚き火がおすすめ!

キャンプや登山などのアウトドアシーンで、その場でお湯を沸かしてコーヒーを淹れたいという場合、お湯の沸かし方にも色々な方法がありますよね。

卓上コンロでも可能ですが、屋外では風が強く熱が伝わりにくいのでやや時間がかかってしまいます。その為、アウトドアシーンではバーナーを使うのが最も一般的ですよね。種類も豊富で、ボンベを複数取り付けられるタイプのものは火力も強く、お湯もすぐに沸かせます。

またキャンプ等では焚き火を使ってお湯をわかすことも多いでしょう。ススが付きやすいので、焚き火を使う場合は蓋付きの器具を使いましょう。アウトドア専用のヤカンを別途用意しておくといいですよ。火力が強く、持ち手部分に樹脂などが使われているものは溶けてしまう危険性もありますので、焚き火の場合はオールステンレス製のものがおすすめです。

・岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB (参考価格:4,200円)

出典:https://amzn.to/2E0dK7T

 

アウトドア用ケトルは使い方や目的で選ぼう!|各種ケトルの特徴やメリットデメリット

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

アウトドア用ケトル:1.縦長ケトル

最もスタンダードなタイプで、ドリップコーヒーを作るのに適しているのが縦長ケトルです。口が細くて注ぎやすく、蓋付きでお湯がこぼれにくいというメリットがあります。

・コールマン ファイアープレイスケトル 2000026788 (参考価格:5,378円)

出典:https://amzn.to/2ICzFrc

 

アウトドア用ケトル:2.ヤカン

底面積が広く、熱が伝わりやすいので早くお湯をわかすことが出来ます。ただし、持ちて部分に木や樹脂が使われているものは焚き火では溶けてしまいますので注意が必要です。アウトドア用のヤカンはコンパクトでかさばりにくいというメリットもあります。

・Overmont アウトドアケトル FDA認証 やかん ティーポット アルミニウム製 超軽量 キャンプ 0.8L 1.2L (参考価格:1,630円~)

出典:https://amzn.to/2IsIq7s

 

アウトドア用ケトル:3.寸胴タイプ

お湯を沸かすだけでなく、調理にも向いているのが寸胴タイプです。レトルトパウチや、カップラーメンなども楽しみたい方に向いています。飲用に使うのであれば、蓋付きのものがおすすめです。

・スノーピーク(snow peak) ケトルNo1 CS-068 (参考価格:2,268円)

出典:https://amzn.to/2Nh7A7K

 

アウトドア用ケトル:4.ケリーケトル

ケリーケトルは100年以上昔から使われているキャンプ用ケトルです。二重構造ケトルになっており、その辺に落ちている小枝などを燃料にして火にくべるだけで、非常に効率よくお湯をわかすことが出来ます。

・ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L (参考価格:22,649円)

出典:https://amzn.to/2E45Bzd

 

ケトル類は、容量・使用人数、調理内容などによって選べるようになっています。使用人数分より余裕を持ったサイズのものを持っていくのがベストですよ。

また、こういったお湯を沸かせるキャンプアイテムというのは万が一の災害時にも非常に重宝するものです。普段キャンプに出かける習慣がないけれども、万が一の時に日を使えるようになっておきたいという方も是非チェックしてみて下さいね。

また、ケトルではドボドボお湯が出て注ぎにくいという方も多いでしょう。そんな時には急須用のスキッターがおすすめです。注ぎ口に取り付けるだけでお湯の出が滑らかになるのでドリップもしやすくなります。

  • 続きを読む
  • 2/5