https://pixabay.com/

男性が白髪染めをする時のポイント|カラー剤の選び方・染め方

この記事のカテゴリー:

男性の白髪はどのような印象になる?

年齢とともに徐々に黒髪に白髪が混じるようになってくる方も多いでしょう。実際、高齢でも黒々とした艶のある髪の毛をお持ちの方は非常に珍しいものです。白髪が現れ始める時期は人によって大きく異なりますが、早ければ20代頃から現れ始める方もいらっしゃいますが、30代〜40代頃に目立ちやすくなってくるものです。

白髪混じりの男性は、大人の渋みが出てダンディな印象を与えることもありますが、それはあくまでも実年齢などが伴っている場合です。白髪が目立っていると、実年齢よりも老けて、疲れた印象を与えてしまいます。

また、白髪はパサつきやすく黒髪に混ざると目立ちやすくなるため、きちんとケアをしなければだらしなく見えてしまいます。パサついた髪の毛は清潔感も失われてしまいますので、適切なケアが必要です。

白髪は遺伝するって本当?家系の白髪は体質以外に生活習慣が似ることも大きく関係する

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

白髪は遺伝するということは、昔からよく言われてきていますよね。代々白髪の人が多いご家庭も少なくありません。

しかし、実際には白髪そのものが遺伝されるわけではありません。親が白髪だからと言って、必ずしも子どもも白髪になるとは限らないのです。ただし、髪の色を決める色素などは親から受け継がれる体質ですので、そういった意味で『白髪になりやすい体質』が遺伝されると考えた方がいいでしょう。

また白髪には生活習慣も大きく関係しています。家族で同じような生活スタイル、食生活をしていることも白髪体質が似ることに繋がっているのです。

白髪が生える内的要因とは?|加齢・ストレス・運動不足など

白髪が生える内的要因にはどのようなものがあるのでしょうか。

加齢

年齢を重ねるとともに、髪の毛の毛根にあるチロシナーゼが減少し、メラニン色素を作り出すことが出来なくなるため、白髪が目立つようになってきます。白髪が出始める最も多い要因と言えるでしょう。

ストレス

頭髪はストレスの影響を受けやすい部分です。強いストレスを感じることで円形脱毛症などを引き起こすこともありますが、同様に白髪も生えやすくなってしまいます。

ストレスを感じると、体の毛細血管が縮まり、頭部の隅々まで栄養を届けることが出来なくなってしまうのです。その為、メラニンを作るための栄養素が不足し、白髪が目立つようになってしまいます。

運動不足

運動不足になると、ストレスと同様に血行が悪くなり頭皮へ十分な栄養を届けることが出来なくなります。運動をすることで血行も良くなりますし、身体の緊張もほぐれてストレス解消にも繋がりますので、適度な運動を心がけるようにしましょう。

生活習慣の乱れ

食生活が乱れたり、睡眠不足に陥ったりすると、健康的な髪の毛を作るための成長ホルモンが不足してしまいます。成長ホルモンは特に就寝中に活発に分泌されますので、白髪が気になる場合は睡眠時間をたっぷりとるようにしましょう。

白髪が生える外的要因とは?|紫外線・ヘアケア用品など

外部からの影響で白髪が増える場合もあります。

例えば、長期的に紫外線を浴び続けていると、頭皮が乾燥して古い角質が溜まりやすくなります。そうなると健康的な髪の毛が生えにくくなります。外出する際は帽子をかぶったり、スプレータイプの頭皮用日焼け止めを使ったりして、出来るだけ紫外線を浴びないよう注意しましょう。

また、間違ったヘアケア方法も要注意です。男性に多いタイプですが、シャンプーをする時に爪を立ててゴシゴシ擦ったり、過度なブラッシングをしたりするのは頭皮にダメージを与えてしまいます。出来るだけ低刺激性のシャンプーを使い、優しく指の腹を使って丁寧に洗うようにしましょう。

続きを読む
1/2