https://pixabay.com/

アルトコインってなに?|ビットコインとの違いや投資のポイントについて

この記事のカテゴリー:

アルトコインとは?|種類・取引所・ビットコインとの違いなど

アルトコインとは、「ビットコイン」以外の仮想通貨の総称のことです。

しかし、そのほとんどはビットコインを基にしたものであるものがほとんどなので、システムはビットコインと類似したコインが多いです。

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

2017年の年末には、ビットコイン価格が200万円を突破し、それにつられてアルトコインの価格も大幅に上がりました。

全世界で1,000種類以上も存在しているといわれているアルトコインは、有名なところではイーサや日本産のモナコインなどが挙げられます。

 

次々に生まれるアルトコイン

アルトコインは全世界で1,000種類以上と前述しました。しかし、今、この瞬間も新たなアルトコインが生まれている可能性があります。

アルトコインの中には、取引所に上場せずにその役目を終えるコインも少なくありません。

そのため、実際に何種類のアルトコインが存在しているのかと正確な数字を出すことが難しいものなのです。

 

トレードが可能なアルトコインとは?

これほど多くのアルトコインが存在しているのであれば、実際にトレードをする場合、どのアルトコインが良いのかと悩んでしまいそうですね。

しかし、本格的にトレードが出来るアルトコインは限られているのです。

まだ生まれたばかりで認知度が0のアルトコインは、売買の動きがなくトレードが出来ないためです。

つまり、ビットコインを筆頭に、人気があり取引の数が多いアルトコインでなければ、トレードを行うことは難しいのです。

 

取引数の多いアルトコイン人気トップ10

https://www.pexels.com/

出典:https://pixabay.com/

アルトコインに投資をしようと検討しているのであれば、ビットコインを含め、人気トップ10のアルトコインに関して名称や単位を覚えておきましょう。

・Bitcoin(ビットコイン)は単位がBTC

・Ethereum(イーサリアム)は単位がETH

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は単位がBCH

・Litecoin(ライトコイン)は単位がLTC

・Ripple(リップル)は単位がXRP

・IOTA(アイオタ)は単位がMIOTA

・Dash(ダッシュ)は単位がDASH

・NEM(ネム)は単位がXEM

・Monero(モネロ)は単位がXMR

・Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)は単位がBTG

 

日本のアルトコインの取引所とは|bitFlyer・Zaif

日本でアルトコインを取引する場合、主に2つの取引所が人気となっています。

それはbitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)。

世界中には数多くのアルトコイン取引所が存在しています。

日本で取引を行う場合は、日本の法律である仮想通貨交換業の認可を受けた国内取引所を利用するのが比較的ハードルが低いです。

bitFlyerでは、2018年3月現在6種類のアルトコインの取引が可能となっています。

今後も取引が出来るアルトコインは増えて行くと予想されており、注目度の高い取引所です。

Zaifは、設定しておくと定期的にアルトコインを購入してくれるサービスが特徴的です。

アルトコインは、日本円を使用しての取引が可能ですが、ビットコインを使用することも出来ます。(厳密には、日本国内の取引所ではビットコインとアルトコインの直接取り引きはできないです。実際にはビットコインから日本円に換金してアルトコインを購入するようなスキームになります。)

 

ビットコインとアルトコインの違いとは?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

仮想通貨は、ビットコインという仮想通貨の原点があり、その欠点を補う形で様々なアルトコインが出現しています。そのため、すべてのアルトコインの基はビットコインという考え方も可能です。

例えばアルトコインの「Ripple」。一社が独占的に開発しているという点で、ビットコインとは異なります。

基本的にビットコインの様な仮想通貨は、一社が中央集権的に開発を行うことは稀なケースなのです。

 

アルトコインに投資をする際のポイント|特徴・戦略

人気のビットコインを避け、アルトコインに投資をするのであればビットコインと比較をした際のメリットや投資のポイントも確認しておきましょう。

ビットコインと比較をすると、アルトコインは時価総額が低いことが特徴です。

ビットコインほどの知名度がないため、時価総額が低くなるのです。また、認知度・人気が低いため、売買の動きが鈍くなります。そのため、一度買った後は価格が上がるまで長期間待つという事が戦略になることが多いです。

跳ね上がる可能性のあるアルトコインが分かるのであれば話は簡単ですが、どのアルトコインが跳ね上がるかなど誰にも予想が出来ません。そのため、数種類のアルトコインを所持しておく方が良いでしょう。

万が一、そのうちの1つが下がってしまったとしても、他の1つが上がることで損失を埋めることが出来ます。

 

アルトコインに投資をする際のリスクとは|値動き・取引所

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

アルトコインに関して多少に知識があれば、リスクが少ないと感じ投資をしようと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、アルトコインの投資にも必ずリスクがあります。

 

1.アルトコインの値動きに関する特徴

アルトコインは、上昇する際に非常に大きな幅で上昇します。しかし、その逆もあり、非常に大きな幅で下落する可能性も高いのです。

そのため、アルトコインを買う際には、大きな金額を投資することはおすすめできません。

万が一、大きな幅で下落をしてしまってもあきらめられる程度の金額を投資しましょう。

 

2.取引所に関するリスク

買おうと考えているアルトコインが、1つの取引所でのみ取引が可能であった場合。その1つの取引所が破綻や閉鎖してしまったり、取引をしていた特定のアルトコインの取り扱いを中止するといったことも考えられます。

その際には、そのアルトコインの売買が不可能という状態になります。売りが殺到することは目に見えていますね。手元のアルトコインは大暴落します。

そのため、いろんな取引所に資産を分散したり、いくつかの取引所で扱いがあるアルトコインを選ぶようにしましょう。

 

アルトコインは今後どうなる?

1,000を超える種類があるとなれば、将来的に大幅に値上がりをするアルトコインが存在する可能性もあるので、買いに走りたくもなります。しかし、どのアルトコインが良いのか選ぶことは至難の業です。
2017年から2018年にかけては多くのアルトコインの発行が起こり、多くの仮想通貨関連プロジェクトが生まれることと思います。その流れで仮想通貨マーケットに世界中のお金が流れ込んできているのは事実です。

その結果、長い目でみると仮想通貨全体の価格は上る可能性が高いです。しかし、一つ一つの仮想通貨で見たとき、どのアルトコイン に投資すべきかは自分で勉強をして投資することをオススメします。

今後も、世界中のプログラマーによって次々とアルトコインが生みだされることでしょう。

 

1/1