https://www.pexels.com/

世帯年収とは?|教育・自動車・住宅など暮らしに必要な支出について

この記事のカテゴリー:

はじめに

『世帯年収』をテーマとして様々な角度から、考察・検証し現在の日本社会の現実をみつめ直します。一体どのような現実と、時代背景が浮かび上がってくるのでしょうか。

現在の日本人、とかく現代人は仕事や家庭、育児などで多忙を極める日々を送っています。大人だけでなく、子供達も小さい頃からの教育がはじまり、習い事や幼児教室など既にいくつものカリキュラムを消化している、小さいお子さんもいらっしゃいます。何気に、家族それぞれが忙しい時間を過ごしている昨今の現代日本です。

 

世帯年収とは?

さて具体的に『世帯年収』の定義について、皆さんはご存知でしょうか?

言うまでもく『世帯年収』とは、『一世帯あたりの年収』のことです。より詳しく言いますと、世帯全員の税金や保険、税金などを引く前の総支給額、つまり額面総額イコール世帯年収です。

例えば四人家族のうち、二人が働いている場合、その二人分の額面総額がその世帯の『世帯年収』となります。額面総額という言い方も少しわかりずらいですね。額面総額とは、例えば、働いている二人が会社務めだとしたらば、その会社(勤務先)が支払った「手取り+社会保険+その他(源泉所得税、住民税、雇用保険料等)」を合算したものと考えて下さい

世帯年収の具体例について

具体例で解説します。

家族構成:四人家族(夫婦二人、子供二人)

働き手:二人(夫と妻)

収入:夫(年収)500万円、妻(年収)300万円

世帯年収:夫収入 + 妻収入 = 800万円

簡単に言うと、家族全体の収入。それが世帯年収です。

日本の平均世帯年収は?

世帯年収の全国平均は公示されています。

厚生労働省「国民生活基礎調査」のページにより確認ができます。http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/20-21.html

今年は2017年6月27日平成28年版(2016年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表しています。世帯年収としては、約546万円ということになります。この結果を見て、皆さんはどう思われますか?

それぞれの家族構成や環境によって、当然違いはあります。意外と高いなと感じたと方もいれば、その程度と感じる方もおられることでしょう。世帯年収の平均で540万円ですから、我が国は豊かと言えるのでしょうか?

・日本人の給料ランキング (参考価格:691円)

出典:https://amzn.to/2T2yyBM

 

世帯主の年齢による世帯年収の違いはあるの?

https://www.pexels.com/

出典:https://pixabay.com

では実際に平均的な世帯年収で平均的な暮らしは、できるのでしょうか?また、生活を豊かだと実感することはできるのでしょうか?

厚生労働省が発表したデータを分析すると、世帯主が30歳時点での平均世帯年収は約510万円と推測できます。世帯主の年齢が変わると世帯年収も当然異なります。世帯主が40代の場合には、世帯年収は686万円、世帯主が50代の場合の世帯年収は768万円ということです。

時代の変化|バブル時代と現代を比べると

このことから年収上昇率は2%という数値が算出されます。年功序列の給与体系は崩壊したとも言われていますが、この結果を見る限りは、そうでもないようです。確かに、1970年代からバブル崩壊までの高度経済成長時代は右肩上がりに、年齢と共に給与も増加し年功序列の、ある意味保障された給与制度は今より、より濃くあったことは事実です。

現在はその頃に比べると、バランスは崩れていますが、年功序列制度が崩壊しているとまでは言えないことがデータからわかります。現在は昔と比べると働くスタイルそのものに、大きく変化が起こっていますので、過去と未来を同じ条件で比べることは、難しいとも言えます。

年功序列や勤務年数と共に給与の増加が保証されているのは、一部の大企業に勤める正社員の方が多いのが現実で、それ以外の方は、実際には平均年収を稼ぐのにも苦労しているのが現実なのです。ここにも「世帯年収」の違いの現実が見えます。

・「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 決算書オンチのための「会社の数字」が肌感覚でわかる本 (参考価格:1,512円)

出典:https://amzn.to/2SZEGuA

 

平均的な暮らしのために必要な支出について|住宅・車・教育

平均的な暮らしの為の支出〜住宅費〜

https://pixabay.com/

出典: https://pixabay.com

では、「平均的な暮らし」とは、どのようなものなのでしょうか?平凡な生き方とは、またニュアンスが異なります。「平均的な暮らし」をするためには、必ず支出があります。支出は「世帯年収」に大きく関わります。

支出として外せないものと言えば、まず生活費(食費、備品費、交際費、行楽費)など日常で使うお金ですね。

次に住宅費ですね。これはほとんどの方がかかる支出です。賃貸の方であれば、家賃。持ち家の方でもローンを組んで一般庶民は家を確保しているのです。住宅が人生で最も大きい支出ですね。稀に、親や先祖代々がお金持ちて住宅費のかからない方も、いらっしゃいますが、ここでは一般庶民をベースに考えます。

 

平均的な暮らしの為の支出〜自動車費〜

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com

そして自動車費です。こちらは、自動車所有者のみですので、全ての方が該当するわけではありません。昨今では、若者の車離れが進んだとも言われています。マイカーを所持する率が減っていると言われています。

マイカーの所持については、都会の交通の便がよいところであれば、確かに車は不要かもしれません。公共の交通機関も多いですし、必要ならば、その時だけレンタカーを借りればよいですしね。

また最近では、カーシェアリングサービスを上手に活用するのも、ひとつ手段です。ですが、これはあくまで都会のような環境が整っている地域に対してのことで、地方などでは車がない生活に支障をきたす所もあります。それと子育て世帯なとでは、子供の急な病気や、幼稚園、学校などへの送迎、買い物などに自動車はあれば何かと便利です。

ここでも、一般的に車を所持しているのが一般的という設定で考えます。

 

平均的な暮らしの為の支出〜教育費〜

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com

そして、次に教育費です。こちらも世帯の状況によって異なります。お子さんのいる家庭では、必要な支出となります。一人暮らしの世帯では全く費用のない支出であり「世帯年収」の支出にも大きく関わります。

・年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!―後悔しない、教育費の貯め方と使い方 (参考価格:1,620円)

出典:https://amzn.to/2BwyTp0

 

必要になる支出の実態について|住宅・自動車・教育

住宅費の実態

さて、上記の通り「暮らし」の中で、かかる支出としての割合が多い住宅費についてのデータに基づき考えましょう。

統計的に2人以上世帯の場合の持家率は全国平均で73.1%という結果となります。なんと七割の方が持ち家所有なんです。その七割の方、皆さんほとんどが長く遠い先のゴールを目指して走り続け、住宅ローンを組んでいます。一般的な住宅ローンの平均は3,225万円です。これを年収倍率でみると約6倍となります。

自動車費の実態

次に自動車費です。日本の自動車の平均保有台数は約1台。一家に一台というのが、なんと平均なんです。そして平均買い替え年数は約7年。平均購入費は約210万円ということです。

教育費の実態

次に教育費。お子さんのいる家庭では、ここに結構なお金がかかります。また、お子さんの数によっても、かかるお金の額は当然変わってきます。

教育費とは、幼稚園から義務教育の小学校・中学校から高校・大学、そして就職するまでの子供の教育費の総額を言います。教育費に関しては私立選ぶか公立を選ぶかにより、かかるお金にはかなりの差が出ます。そして、お子さんの成長によっても、その年代でかかる費用も変わってきます。

一般的な指標として「子どもの教育費は1人1,000万円」と言われています。子供の教育費の期間は大学卒業までの22年間です。ローンの次に長いこと必要な支出となり、こちらも「世帯年収」に影響がある要素です。

教育費の負担

教育費の家計負担というのが非常に重くのしかっているのが日本の教育事情でもあります。そうは言っても、可愛い我が子に「良い教育」を受けさせてあげたいし、子供がやりたいことは、なんでもチャレンジさせたい。とにかく親として、無理をしてでもサポートしてあげたいと思うのが、親心といものです。親としてもどれだけ、頑張れるか、その頑張りが、子供の才能やチャンスを広げるのもまた事実です。子供の成長にも大きく「世帯年収」は関係するのです。

・プレジデントFamily 小学生からの知育大百科 2018完全保存版 (参考価格:1,080円)

出典:https://amzn.to/2Rfwc5n

 

続きを読む
1/2