https://www.photo-ac.com/

骨董市では名品に出会えるかも!?|取扱品・マナー・開催情報

この記事のカテゴリー:

時を超えて宝物に出会える場所「骨董市」

「骨董市」という言葉をご存じですか?骨董品とは時代を超えて国や場所を問わず持ち主に愛された道具や品物、オブジェなどの名称。その骨董品だけを販売する市場が都内各所で開催されているのです。

今まではアンティーク収集などに興味が無かったという人でも、ふらっと骨董市に出かけてみると思わぬお宝に巡り会えるかもしれません。また骨董市は収集家が集まるイメージがあり何となく気構えて行ってしまう方も多いですが、実はとても親しみやすく行きやすい市場です。

最近では外国人観光客なども増え、賑やかさに拍車をかけています。

こちらではそんな骨董市に出かけた際のマナーや、都内で開催される骨董市の情報などをご紹介します。

 

骨董市ではどんなものが売っているの?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

それでは骨董市にはどのようなものが売っているのでしょうか?こちらでまとめてみます。

 

日本人も外国人も気になる「着物」が骨董市で手に入る!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

まず骨董市でお手軽価格で手に入るお宝と言えば「着物」です。最近は新品のセットでも比較的手を出しやすい値段で販売されてはいますが、それでももっとお手頃価格でゲット出来たら嬉しいですよね。

外国人観光客も土産品として購入していく着物は大体¥3,000~¥30,000が相場。これ以上安い物も勿論販売していますが、どちらかというと裁縫用などに買い求めていく人が多いとか。

 

骨董市で子供向けのレトロなオモチャをゲットしよう!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

子供のオモチャも時代と共にどんどん進化し、デジタル化してきていますよね。小さいうちだからこそ、昔ながらのオモチャをあげたいと思うのが親心です。

ですが最近では、レトロなオモチャの方が実は高価格であるのが悩みの種。子供はすぐに大きくなってしまうので、是非骨董市でオモチャを探してみましょう。

 

アンティークの食器も骨董市ならでは!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

骨董市で一番多く、しかも手に入れやすいのがアンティークの食器です。国を問わずとにかくお洒落な食器がたくさん集まり、どれにしようか悩んでしまうという方も多いのでは?

可愛らしいティーカップとソーサーなどを手に入れて、休日のリラックスタイムを過ごしてみるのもおすすめです。

 

骨董市でしか出会えない古道具や伝統工芸品を見つけられるかも?

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

骨董市に出かけたことがない方がイメージする骨董市の商品とは、古道具や、人形などの伝統工芸品ではないでしょうか?

まさに日本の古き良き時代の物を取りそろえた骨董市では、悠久の時を感じさせてくれる一品を見つけられるかも!?

 

骨董市に行く際に覚えておきたいマナー|写真撮影・値切り交渉・商品の扱い方

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

骨董市に行く際に知っておきたいマナーがいくつかあります。これらを知らないで行くと、不愉快な思いをして帰らなければいけないこともあるので是非参考にしてから出かけてみて下さい。

 

骨董市でのマナー1:写真を撮らない!

最近SNS用に写真撮影をしている方が目立ちますが、これはお店の方に嫌がられることも!

商品の写真を勝手に撮ること自体はもちろんですが、コピー商品などを製作する目的で撮影していると思われ、警戒されることもあります。

もしどうしても写真撮影をしたいなら、お店の方にまず一言声をかけ、必ず許可を得てからにしましょう。

 

骨董市でのマナー2:商品を非常識に値切らない

骨董市に来たら値切り交渉をして、少しでも安く買うのが楽しみだという方も多いそう。お店の方も常識の範囲ならお気持ちで安くしてくれることはあるようですが、非常識な値切りはとても嫌がられます。

まずは挨拶をしたり会話を楽しみながら、買うことを前提とした上で「少しお安くなりませんか?」など節度のある言葉使いで話かけてみましょう。

 

骨董市でのマナー3:買う気もないのに商品に触らない&乱暴に扱わない

これが実は一番お店の方に嫌がれます。買う気がないのにやたらとベタベタ触り乱雑に戻す、これは骨董市に限らず商品を販売している場所ではマナー違反ですよね。

もし気になる商品があり手に取ったら、丁寧に元に戻してから次の商品を探しましょう。きちんと商品を扱う方には、お店の方も相応の対応をしてくれるはずです。

 

骨董市の開催日や品物をチェック!都内のおすすめ骨董市4選

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

骨董市と一概に言ってもそれぞれ売っている物も、特徴も違うもの。お目当ての商品があるならもちろん事前に調べることが必要ですが、ふらっと行ってみようと思っている方も是非興味のある品物がありそうな骨董市に出かけてみて下さい。

 

日本の伝統文化に出会いたいなら「大江戸骨董市」:2018年3/18と6/10に開催

日本最大級のアウトドア骨董市と呼び名の高い「大江戸骨董市」。

3月は有楽町・国際フォーラムで、6月は原宿・代々木公園ケヤキ並木で開催されます。アンティークな家具や道具、着物などが並びとても見応えのある市になっています。

 

ヨーロッパ調のお洒落な骨董品が並ぶ「青山ウィークリー・アンティークマーケット」:毎週土曜日に開催

青山通り国連大学前で毎週土曜日に開催される骨董市。

和テイストの物やアメリカンビンテージの品物も並びますが、メインはセンスの良さが光るヨーロッパのアンティークものです。

また、こちらではファーマーズマーケットも併設されており、季節の新鮮な野菜や果物、ピクルスなども買えることが出来るのも魅力の一つです。

 

和食器や伝統人形なら「護国寺骨董市」:毎月第2土曜日に開催

基本的には和製食器や、こけしなど日本を感じさせる骨董品を扱っていることがほとんど。参拝のついでに寄ってみるのもおすすめです。

 

書籍から古伊万里まで幅広い出店が魅力!「富岡八幡宮骨董市」:毎月第1・第2日曜日に開催

古道具や、古書などの書籍、玩具、古伊万里の店などおよそ100店が並ぶ骨董市。

ほぼ何でも揃うと言っても過言ではないこの骨董市では、レトロな商品を探したい人なら1日過ごせてしまうほどの魅力が詰まっています。

 

1/1