おしゃれなポラロイドカメラおすすめ3選・撮り方の基本

この記事のカテゴリー:

ポラロイドカメラとはどんなもの?|ポラロイドカメラの意味や特徴

ポラロイドカメラとは、『ポラロイド』『ポラ』とも呼ばれて今もなお愛好家の多いカメラです。現代ではデジタルカメラやスマホのカメラなど、誰でも簡単な操作で手軽に写真が撮れるようになってきたため、中には『ポラロイドカメラって何?』『ポラロイドカメラとはどれのこと?』という方もいらっしゃるでしょう。

ポラロイドカメラというのは、一般的なフィルムカメラやデジタルカメラとは違い、特殊な印画紙をセットして撮影することで、カメラの中で現像処理が行われ、撮ったその場で現像された写真を見ることが出来るタイプのカメラを意味しています。

基本的には、ポラロイドカメラとはポラロイド社が開発・販売したカメラのことを意味しますが、似たような特徴を持つカメラを総称して『ポラロイドカメラ』と呼ぶ方もいらっしゃいます。

ポラロイドカメラで撮影したポラロイド写真は非常に特徴的です。一般的なL版写真のような長方形ではなく、ほとんど正方形に近い形をしており、白い縁がついています。印画紙自体に薬剤等が含まれているため、一般的な写真に比べてやや厚めです。撮影したらすぐに現像されるというのもポラロイド写真の特徴の一つでしょう。

 

ポラロイドカメラの歴史を知ろう!|ポラロイド社から生まれたカメラ

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

1948年、ポラロイド社より、アメリカで初めてのポラロイド95が登場しました。最初の内はセピアカラーだったものが、モノクロ写真へと変化し、1960年代にはカラー写真が撮れるようになりました。

日本にも1960年代からポラロイドカメラの輸入・販売がスタートされるようになりました。

1996年にはデジタルタイプのポラロイドカメラが登場し、もっと簡単にきれいな写真を撮れるようになりました。

2008年にはフィルム式のポラロイドカメラの生産は全て終了しましたが、2017年11月にレトロな外観はそのままで、中身を現代用にグレードアップさせた『one step 2』が日本でも販売されるようになりました。

・Polaroid Originals OneStep 2 (参考価格:15,984円)

出典:https://amzn.to/2RZkJE3

 

ピールアパート方式ポラロイドカメラとは

いわゆる引き剥がし式と言われるタイプのもので、一番最初に使われるようになったポラロイド社のカメラです。

カメラボディの横から出てくる印画紙のロールを引き出すことによって中の現像液が流れ出して印画紙に付着しますので、そのまましばらく放置して上紙を剥がすと写真が現像されているというタイプのものです。

 

シートフィルム方式ポラロイドカメラとは

最も一般的なタイプがこちらです。紙を引き剥がす必要がないため、失敗が少なく誰でも簡単にポラロイドカメラを楽しむことが出来るようになっています。現在販売されているポラロイドカメラのほとんどに搭載されている方式です。

 

ポラロイド社製のポラロイドカメラはデザインもポップ!

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ポラロイドカメラといえば、レトロ感満載のユニークな形状が特徴的ですよね。大きくて無骨なデザインのものから、ポップで可愛らしいデザインのものまで揃っています。

印画紙はボディの前から引き出されるイメージも強いかもしれませんが、最近はボディの横側から引き出されるタイプのものも増えてきています。「持ち歩くにはちょっとかさばりそう…」という方も多いかもしれませんが、折りたたみ可能のタイプのカメラや、コンパクトタイプのカメラもありますので、是非チェックしてみて下さいね。

・【データも保存できる】ポラロイド Snap デジタルインスタントカメラ (ホワイト) プリンタ内蔵 ZINK フォトペーパー対応 (White) (参考価格:11,727円)

カラーは、ホワイトの他に、レッド・ブルー・ブラック・パープルがあります。5色展開となっています。

出典:https://amzn.to/2Lfbih6

 

続きを読む
1/2