https://pixabay.com/

男性の育児ノイローゼとは|症状や原因・子供への影響・予防策

この記事のカテゴリー:

男性にも増えている育児ノイローゼとは?

最近は、男性のあいだにも育児ノイローゼが増えています。イクメンなどのように男性の育児が称賛される一方で、実際に育児をしてみたら上手くいかず悩みを抱えている男性が実は多いのです。

また最近は、シングルファーザーや主夫などのように家庭の中で主導権をもって育児をしている人も多いので、特にそのようなパパの間には育児ノイローゼが増えているのでしょう。

 

男性の育児ノイローゼの症状は?

出典:https://www.pexels.com/

これまでは、育児ノイローゼといえば、もっぱら育児に悩む女性、育児が上手くできず一人で悩んでいる新米ママというのが一般的なイメージでした。しかし、最近はその傾向もかわり、育児ノイローゼは、パパの間にも広まっています。

男性の育児ノイローゼは、不安、イライラ、不眠などが代表的な症状です。ノイローゼといっても初期の症状は比較的軽度なのですが、男性の場合、女性よりも一人で抱え込んでしまうケースが多く、症状が悪化することが多いです。そのため、ひどい場合は精神的にまいってしまい、鬱病や自律神経失調症を併発したり、対人恐怖症などになり外に出られなくなるケースなどもあります。

男性の症状の特徴としては、自身の中に症状を閉じ込めてしまい、他人に頼ることができず精神が崩壊してしまうというようなケースが多いことです。

・はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (参考価格:1,404円)

出典:https://amzn.to/2TCekyZ

 

男性の育児ノイローゼの原因は?

男性が育児ノイローゼになってしまう原因には次のようなものがあります。

一つ目は、男性は家事や育児に元々慣れていない場合が多く、初めての赤ちゃんのお世話に戸惑いが多すぎるということです。これまで家事をしてきた男性でさえも、夜中に突然新生児が泣き出すと、「どうしていいかわからない」、「なぜ泣いているのかわからない」というように、対処できなくなってしまいます。

二つ目は、仕事との両立の問題です。主夫の方を除いて、ほとんどの方は仕事をしながら育児をしているので、日中は仕事、帰宅後は育児となると疲れやストレスが溜まりやすくなります。仕事で疲れているところに、赤ちゃんのお世話ともなれば、わからないことも多くイライラしたりすることが増えてしまうことも。また、睡眠不足は仕事にも支障が出るので、それも男性にとっては育児に没頭できない原因の一つとなりやすいでしょう。

三つ目として、サポートしてくれる人が少ないということです。もともと男性は、周りにサポートを求めるのが苦手なうえに、女性のように相談できる人や公的な場所もなかなかありません。ママ友などのようなネットワークも、男性の場合だと育児サークルやネットワークは女性ほど多くありません。パパも参加OKのママ友ネットワークもなかなか入りにくいと感じる方も少なくありません。そのため、男性は育児で孤立しやすくなってしまう傾向があります。

・忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス (参考価格:1,008円)

出典:https://amzn.to/2TyVV5Z

 

パパが育児ノイローゼになった時の子供への影響

パパが育児ノイローゼになってしまった時は、ママが育児ノイローゼになった時よりも強く子供に影響を与えると言われています。

男性は、それほど育児に積極的に携わっていないので、子どもは平気なのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。子どもは敏感で、特に男性のイライラやストレスを敏感に察知して、不安を感じたり、いつまでも泣き止まないというようなことが起こりやすくなります。

 

続きを読む
1/2