https://www.pexels.com/

パパもできる出産後の手続きとは?|各種手続き方法や注意点など

この記事のカテゴリー:

出産後は必要な手続きがたくさん!

妊娠・出産というのは人生の一大イベントです。人が1人生まれるわけですから、様々な手続きを提出しなければなりません。

きちんとした手続きをしておかなければ、本来受けられる助成制度を受けられなかったり、お子さん自身の身元を証明することが出来ず大きなトラブルを生じたりすることもあります。

 

出産前に行うこと|各種手続きに必要な情報を調べておく

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

手続きの中には、出産前に出しておくべきものもあれば、出産後に出すべきものもあります。

提出期限が設けられているものもありますので、出産後の忙しい時期にバタバタすることがないよう、余裕をもって用意しておきましょう。

また、出産時にいた市町村の役所でも大丈夫な書類もあれば、本籍地の役所・役場に提出しなければならないものもあります。里帰り出産をする予定のご家庭は、各種書類の提出先についても調べておきましょう。

さらに、中には市町村によって制度内容が異なる場合もあります。

出産の前後で居住地が変わる場合はあらかじめしっかりと下調べをしておくことをおすすめします。役所・役場の窓口に直接問い合わせるのはもちろん、ホームページなどでも簡単に調べることが出来ますよ。

 

出生届の手続きをまず行おう|方法・期限など

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

出産後、まず提出しなければならないのが出生届です。

出生届は、赤ちゃんの戸籍を登録するための最も大切な手続きです。出生届は役所・役場で貰えますが、出産した病院でも貰える場合もあります。

出生届には出産した病院で記入してもらう出生証明書を記入する欄もありますので、もしも病院で貰えない場合はあらかじめ役所・役場で用紙をもらっておきましょう。

出生届の提出期限は、出産日を合わせて14日以内です。14日後が閉庁日の場合、その翌日まで受け付けてもらえることがあります。

場合によっては外国で出産することもあるでしょう。その場合は、提出期限は出産日から3ヶ月以内となっています。

出生届に記入するのは、

  • 届出日
  • 届出先
  • 子どもの氏名
  • 住所
  • 誕生日
  • 届出人
  • 出生証明書
  • 連絡先

などです。

出生証明書は、出生届の右側欄に設けられていますので、前述の通り、病院で記入してもらいましょう。

自治体によっては、出生届を提出すると記念品を貰える所もありますよ。

 

出生届の手続きの際の注意点と必要なもの

出生届を提出するのは、本籍地のある役所・役場だけではなく、里帰り出産の現地役所・役場でも構いません。

用意しておくべきものは、

  • 届出人の印鑑(シャチハタ不可)
  • 母子手帳

などです。

出生届は丁寧に分かりやすい字ではっきりと記入しましょう。書類の不備があれば基本的にその場で訂正させられます。

届出人は原則父母になりますが、諸事情によって代理人が提出することも可能です。ただし、署名と捺印は父母のみとなっていますので注意が必要です。

提出期限の14日以内に赤ちゃんの名前が決まらない場合は、氏名欄は空欄のまま提出することも可能です。その場合は名前が決まり次第、後々『追完届(ついかんとどけ)』というものを提出することになります。

ただし、追完届の場合、戸籍に新たに名前を追記することになりますので、気になる方はそうならないようあらかじめ名前を決めておくことをおすすめします。

では、提出期限を越えてしまった場合はどうなるのでしょうか。

もちろん提出期限を越えても出生届を受理してもらえますが、簡易裁判所から送られてくる『戸籍届出期間経過通知書』に遅延理由などを記入して提出しなければなりません。更に5万円以下の罰金が課されることもありますので、注意しましょう。

 

続きを読む
1/2