https://pixabay.com/

ブランケット症候群とはどんなもの?|依存症状・原因・解決法等

この記事のカテゴリー:

ブランケットから離れられない!ブランケット症候群とは?

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)というのは、乳離れ時期の幼児によく見られるもので、ブランケットを始めとした毛布やぬいぐるみ、タオル(タオルケット)といった特定のアイテムに対して執着し、肌身離さず持ち歩いたり、ニオイを嗅いだりする依存症の一種です。

スヌーピーに登場するライナス君が常に青い毛布を持ち歩いていることから症状のことを『ライナス症候群』、『ライナス毛布』や『安心毛布』と呼ばれることもあります。

Happiness is:スヌーピーと幸せのブランケット [DVD] (参考価格:1,944円)

出典:https://amzn.to/2zm6kdD

 

ブランケット症候群にみられる症状とは?

https://www.pexels.com/

出典:https://unsplash.com/

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)の症状には様々なものがあります。

基本的に執着するアイテムがあり、そのニオイを嗅いだり、手触りを確認したりすることで安心感を得ようとします。寝る時間でもないのに毛布やタオルケットを持ち歩こうとしたり、お気に入りのぬいぐるみと一緒でなければ寝られないというお子さんも多いですよね。

また、怖いもの・気味が悪いものから自分を守るための防御やお守りとして捉えているケースもあります。大人でもホラー映画を観る時についつい毛布を被ってしまう方もいらっしゃいますよね。

いつも持ち歩いていると当然汚れたり、破れたりするものです。しかしブランケット症候群(ライナス症候群)の場合、臭いも汚れも気にしないことが殆どです。汚れているからと善意で洗濯したり捨てたりすると、途端に癇癪を起こしてしまう場合もあります。

全く同じものと取り替えればいいというわけでもありません。自分のニオイや使い込んだ感触が重要なのです。

では、このブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)の原因とは一体何なのでしょうか?

 

ブランケット症候群になる原因は?|発達障害なの?

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)は、それがないと落ち着かない、不安になるから持つ、もしくはそういった不安心理を回避するために持つことが原因で起こります。

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)のお子さんをお持ちの親御さんの中には家庭環境や子供の性格・発達具合などで心配される方も多いでしょう。

しかし、アメリカの心理学者の研究によるとブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)と診断されたお子さんが必ずしも発達障害であったり、家庭環境に問題があったりするわけではないとされています。むしろ、ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)と診断されたお子さんほどストレス対応能力が高い傾向にあるのです。

確かにブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)と診断されたお子さんは、不安やストレスを解消するためにアイテムに依存している心理ですが、それは成長過程における漠然とした不安に立ち向かおうとしている証拠でもあるのです。

 

ブランケット症候群は病気ではない|大人まで続くの?

『◯◯症候群』という診断を聞くと何となく病気の一種のようなイメージが強いものですが、ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)は決して病気ではありません。心理学で言う依存症に分類されます(ブランケット依存症・タオル依存症・毛布依存症・ぬいぐるみ依存症・タオルケット症候群)。精神病や脳の異常でもありませんので、過度な心配は無用です。

病気ではなく、せっかくお子さん自身の心が成長しよう・自立しようと奮闘しているところですので、親御さんは温かい目で見守ってあげて下さいね。

多くの場合は成長過程で治まってくるもの|大人での割合は?

多くの場合は、男の子・女の子から男性・女性になっていく幼児期〜成長期頃までには自然と自ら離れていきます。中には中学・高校生ころになっても手放せない男の子・女の子もいますが、実際は大人のブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)の割合は意外と多く、なんとイギリスでは成人男性の約3割がぬいぐるみのテディベアと一緒に寝ているというくらいです。

男女関係なく広い社会を知り、漠然とした不安原因が分かるようになったら安定剤が不要になってくるのです。

 

ブランケット症候群は無理に止めさせた方がいいの?

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)が長引いてくると、そろそろ止めさせた方がいいのでは…と心配になる親御さんも出てきます。ボロボロになった毛布やタオルケットやぬいぐるみをいつまでも持ち歩くわけにもいかなくなりますし、衛生面も気になってきますよね。

かと言って無理にやめさせようとするのは、かえって悪影響です。お子さんにとっての安定剤である毛布やぬいぐるみを取り上げることになりますので、気持ちも不安定になってしまいます。

大人にもブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)はいますので、無理にやめさせる必要はありません。ただし、おしゃぶり、タオルを吸う、噛むといった場合は注意が必要です。歯並びや顎の変形に繋がる可能性がありますし、バイ菌やウィルスを体内に取り込んでしまい風邪や食中毒などの病気になることにも繋がります。

無理に取り上げたり捨てたりしないで!|子供が納得する解決策を

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)のお子さんに対し、絶対にしてはいけないことは無理に取り上げたり、捨てたりすることです。大人から見たら何でもないようなアイテムでも、当の本人にとっては大事な宝物なのです。大人だって自分が大切にしているものを勝手に捨てられたら腹が立ちますよね。

またそれを宣言した上で行動に移すならまだしも、子どもが寝ている間や学校に行っている間にこっそり処分する…というのは厳禁です。いつまでも酷いことをされたという苦い思い出となって残ってしまいますし、場合によっては親御さんに対する不信感が芽生えてしまうこともあります。

衛生的な問題でどうしても洗濯が必要な場合は、お子さんにしっかりと説明した上で、納得してもらった状態で洗濯するようにしましょう。香りの強い洗剤や柔軟剤を使用するよりは、重曹など無臭のもので洗う方が良いでしょう。

ある程度お子さんが大きければ、お子さん自身が納得行く方法で自分で洗わせるという方法もありますよ。

お子さんを叱る・他の子と比較するのも厳禁!ゆっくり話を聞いてあげましょう

「いい加減にタオルは捨てなさい!」「◯◯ちゃんはもうこんなことしてないよ!」というように、お子さんを叱りつけたり他のお子さんたちと比較したりするのも厳禁です。

大人のストレス解消方法が様々なように、子どもの不安解消方法も様々なのです。叱られたり、友達と比べられたりするのは、子供の不安心理を煽ってしまうだけです。

それよりは、ゆっくり話を聞いてあげてみることが大切です。もしかしたらずっと聞いてほしいことがあってモヤモヤしているのかもしれません。

中には下に弟や妹がいて、自分がしっかりしなきゃという意識が芽生えることでブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)になってしまう子もいます。「お兄ちゃんらしくしなさい!」「お姉ちゃんでしょ」と叱るのではなく、甘えたがっている時はとことん甘えさせてあげることも大切ですよ。

 

どうしてもブランケットを手放せない場合は工夫してみよう

保育園や学校に通うようになると、規則によってこれまでのように肌身離さず持ち歩くというのが困難になります。それをきっかけとして症状が治まってくることもありますが、中には一日中不安な気持ちが拭えず、落ち着かない子もいます。発表会など、緊張する場面ではアイテムがないと力が発揮できないということもあるでしょう。お守りやジンクスに近いですよね。

タオルやハンカチ、ブランケットなど切り取れるものであれば、小さく切って持ち込むという方法があります。実際、大人のブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)の方の中には手のひらサイズに切ったお気に入りのタオルを常にポケットに持ち歩いているという方や、小さなお守り袋に入れていざという時に触ったりニオイを嗅いだりするという方もいます。

制服の裏側に縫い止めておくという方もいれば、小さなマスコットであればストラップにして身につけているという方もいます。

『持っていることが安心』なのか『感触が落ち着く』のかでも変わってきますので、それぞれに合った工夫を凝らしてみて下さいね。

三角企画 文守り お守り袋 メッセージカード2枚入 カンガルー 黄 (参考価格:1,058円)

出典:https://amzn.to/2zhD1sI

 

日常生活に支障が出る場合は病院に相談してみよう

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

普通のブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)であれば病気でも何でもないので特に心配する必要はありません。

しかし特定のアイテムがないと動悸がする・呼吸が苦しくなる・パニックになる・激しい癇癪を起こす・手足が震えるといった症状が出る場合は別です。依存症ではなく、パニック障害や不安障害、強迫性障害などの精神疾患を抱えている可能性があります。日常生活に支障が出るような場合は専門医に相談するようにしましょう。

関連する記事