【2018年春】コンバースアディクト新作が大人メンズにおすすめ!

この記事のカテゴリー:

人気のコンバースから生まれた「コンバース・アディクト」

コンバースと言えば、老若男女問わず非常に幅広い層の方々に人気があるスニーカーですよね。おしゃれでありながら汎用性に長けていますので、どんなファッションにも合わせやすいのも人気の理由の一つでしょう。

ローカット、ハイカットタイプのものもあれば、キャンバス素材、レザー素材のものなど種類も様々です。定期的に限定モデルが販売されることもあり、シューズマニアの方々にとって堪らないアイテムとなっています。

そんな人気のコンバースから、「コンバース・アディクト」というハイスペックのシリーズが2008年から出ているのはご存知でしょうか?

こちらでは、2018年最新のコンバース・アディクトについてなど、ご紹介します。

 

コンバースの歴史を知ろう

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

コンバースの名前は知っていても、その歴史自体はよく知らないという方も多いでしょう。そもそもコンバースは1908年、アメリカのマサチューセッツ州でマーキス・M・コンバースによって設立されました。当時は降雪量や湿地帯の多い地域で、雨や雪などの悪天候の中でも作業できるラバーシューズとして販売されていました。

しかし、それだとどうしても冬場ばかりに売上が集中してしまいますよね、そこで、夏場の需要を高めるために作られたのがバスケットボール用のスニーカーでした。試行錯誤の上、1917年に出来上がったのが今でも『オールスター』の名前で知られるキャンバスオールスターです。非常に完成度が高く、販売当時から殆どスタイルが変わっていないというのも驚きですよね。

当時のアメリカのバスケットボールプレーヤー、チャールズ・H・テイラーはこのオールスターに惚れ込み、現役世代に愛用すると共にチームメンバーらに勧めるようになっていきます。1928年には今でもおなじみの大きな星型のアンクルパッチが用いられるようになってきますが、1946年からはチャールズ・H・テイラー(愛称チャック・テイラー)の功績をたたえ、この星マークを挟むように彼のサインが用いられるようになりました。

1935年は、テニス・バドミントンプレーヤー、ジャック・パーセルが開発に加わった『ジャック・パーセル』が誕生します。ヒールラベルのヒゲや、トゥ部分のスマイルラインが特徴的なスニーカーですよね。

1957年には、ローカットタイプのオックスフォードタイプシューズが製造開始されます。以降、バスケットボール界の約8割がコンバース製シューズという黄金期に突入していきます。

その後もコンバースからは『Jack Star』や『The ODESSA』『WEAPON』などが登場します。いずれも非常に性能が高く、数多くのスポーツプレーヤーやセレブ達に愛されてきました。カート・コバーンもコンバースのスニーカーを生前愛用していたことで有名ですよね。

スタンダードタイプはもちろん、限定モデル、復刻モデル、コレボレーションモデルなどのシューズを製造・販売し続け、常に流行の第一線を走り続けているコンバースですが、2003年に350億円という額でNIKEに買収され、現在ではNIKEの子会社になっています。

 

コンバース・アディクトとは|中毒的で魅力ある日本独自の人気シリーズ

http://converse.co.jp/addict/

出典:http://converse.co.jp/addict/

様々な紆余曲折を経て、2008年、遂にコンバースも設立100週年を迎えました。それを記念して作られるようになったのが「コンバース・アディクト」です。日本独自の企画ですので、海外でコンバース・アディクトの商品を購入することは基本的に出来ません。

アディクト(addict)には、依存する、中毒になるといった意味があり、その名の通り、従来品に比べてあらゆる面で機能性がアップしています。見た目はそれまでのデザインをしっかり踏襲しながらも、機能面では最先端の技術を用いているため、まさに履く者を中毒にしてしまう魅力的なスニーカーと言えるでしょう。

コンバース・アディクトは毎年、基本的に春と秋に新しいデザインのものが登場し、そのファッション製の高さと最上級の履き心地から非常に人気が高いシリーズとなっています。2018年春には3種類の新商品が販売されますので、是非チェックしてみて下さいね。

続きを読む
1/2