子供とのお出かけには博品館がおすすめ!フロアガイドとアクセス

この記事のカテゴリー:

子供とのお出かけは銀座の博品館へ!

「ママがお出かけで、子供とどう過ごそうか悩んでいる」「休日に子供とお出かけしたいけど、どこに行こうか悩んでいる!」なんてパパさんはいませんか?そんなパパにおすすめなのが銀座にある「博品館」です!

小さいお子さんから大人まで幅広い層の方向けのおもちゃ屋で、フロアごとにカテゴリー分けされているので、飽きずに一日中楽しめるちょっとしたお出かけにおすすめのスポットです。

 

博品館ってどんな所?|大人も子どもも楽しめるおもちゃ屋さん

博品館とは銀座にある8階建ての小売店で『博品館TOY PARK』の名で主に玩具類を取り扱っています。小さいお子さん向けの幼児玩具はもちろん、人形やぬいぐるみ、フィギュアやゲームなど、ありとあらゆるおもちゃが揃っています。

また、玩具だけではなくステーショナリーやインテリア雑貨など、大人向けのアイテムも多数取り扱われています。オリジナルの3Dフィギュアを作成することも出来ますので、思い出作りにもおすすめです。

レストランも併設していますので、食事を挟んで一日中楽しむことも出来ますよ。

更に最上階には劇場もあります。コンサートやミュージカル、ダンスなど様々な演目が定期的に上演されていますので、是非こちらも併せてチェックしてみて下さいね。

博品館の歴史を知ろう

博品館の歴史はとても古く、1899年(明治32年)に『帝国博品館勧工場』として創業しました。勧工場というのは、今で言う百貨店の原型にあたるもので、全館バラエティに富んだテナントで構成されていました。

1921年(大正10年)には4階建てになり、銀座初のエレベーターが設置されたことにより話題になりました。『百貨店』という言葉を初めて使うようになったのもこの博品館です。

その後、関東大震災の影響で暫く営業出来ずにいましたが、創業80周年を記念し、1978年(昭和53年)に10階建ての博品館として営業が再開されることになります。

現在でも1〜4階を繋ぐエレベーターは油圧式の古いエレベーターが残っており、まだまだ現役ですので是非この珍しいエレベーターも体感してみて下さいね。

では、博品館内がどのような構造になっているのか各階ごとに紹介していきましょう。

 

博品館B1階:ファッションドールパーク|リカちゃんやバービー等が多数

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

地下一階は、ファッションドールパークです。リカちゃん人形やバービー、モモコドールなどの定番の着せ替え人形がズラリと並んでいます。ドレスや小物、関連グッズも多数揃っていますよ。『リカちゃんCLUB67』はリカちゃん好きの方には垂涎ものでしょう。

メルちゃんやポポちゃんなど、小さい女の子用のお世話人形も揃っています。ミルクを飲ませたり、髪をとかしたりと、様々な楽しみ方が出来る人気アイテムですよね。

また、『ドゥーブスリーディー銀座店』では自分のオリジナル3Dフィギュアを世界最速・最安値で制作することが出来ます。記念に一ついかがですか?

博品館1階:バラエティグッズがたくさん!プレゼント選びにも

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

1階はバラエティグッズ売り場です。ライフスタイルグッズ、パーティグッズ、ファッションアイテムやステーショナリーなど様々なアイテムが所狭しと並んでいます。大人向けのキッチン雑貨やインテリア雑貨が揃うインテリアセレクトコーナーもありますよ。プレゼント選びにもおすすめです。

また、1階は博品館劇場チケット売り場、ぴあSPOTも併設しています。電話予約はもちろん、直接店舗でのチケット購入も可能です。

続きを読む
1/2