https://pixabay.com/

年俸制について|賞与や残業代など・メリットとデメリットについて

この記事のカテゴリー:

年俸制を取り入れる企業が増加している

年俸制というと、スポーツ選手の給与体系を思い浮かべる方が多いでしょう。年俸会議などがニュースなどで取り上げられることもあり、なんとなく「その人に対する活躍の期待値」や「前年の成績・貢献度」によって金額が上下するものというイメージがありますよね。

一般企業の多くは月給制を取り入れていますが、近年年俸制を取り入れる企業が増えてきています。では、企業が年俸制を取り入れることにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。年俸制についての基礎知識と共に説明していきましょう。

 

そもそも年俸制とは?

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

年俸制は給与支払形態の一つです。給与支払形態には他に月給制、日給制などがありますよね。年俸制の場合1年単位で支払われるもので、給与総額は毎年更新されます。経営者側が従業員に対して1年分の給与総額を提示し、金額に納得がいけば合意ということになります。

 

年俸制の支払い方法は?一括払いは可能?

年俸制はその名称から一括で支払われると勘違いしていらっしゃる方も少なくありません。しかし、実際には一括では支払われません。仮に従業員側が一括支払いを求めたとしても、労働基準法第24条において、『賃金は毎月1回以上一定の期日を定めて支払わなければならない』と定められているので出来ません。

月給制と支払い方法は殆ど変わらず、毎月特定の給料日に年俸を12ヶ月で分割した分が支払われることになります。企業によって分割内容も異なり、元々の年俸額に賞与分が含まれている場合は14分割、16分割になることもあります。

 

年俸額の決定方法は?

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

年俸制を導入している企業では年俸額はどのように決められているのでしょうか。

年俸額を決める方法には主に以下のパターンが挙げられます。

  1. 活躍を期待し、一年間でどれ位仕事に貢献して稼ぐことが出来るかどうかで決める
  2. 前年度の成果を見た上で、その成績に見合う額を支払う
  3. 業績に加え、役割・役職などを考慮した上で決める
  4. 従来の賃金制度とあまり変わらず、『月給×12+業績賞与』で決める、いわゆる『日本型年俸制』といわれるもの

 

年俸制の場合のボーナス支給はどうなるの?

年俸制の場合、ボーナスを年俸額と別枠で支給される場合と、年俸額に含めている場合の2パターンがあります。

年俸と別枠の場合

毎月年俸の12分の1が支払われ、それとは別にボーナスを支給します。上半期、下半期それぞれ、企業が定めた賞与予算から個人の成績に比例して分配されます。

年俸に含められている場合

多くの場合、ボーナス支給額は月給の約2ヶ月分ですよね。

ボーナス額をあらかじめ年俸に含めている場合には、以下の2パターンの支払われ方があります。

  1. ボーナスを含めた年俸額を12分割して毎月支払う『毎月(年俸÷12)+(ボーナス÷12)分が支払われる』
  2. 年俸額を16分割し、年に二回『16分の2』の額をボーナスとして支払う(ただし分割方法が企業によって異なる)

もしも年俸制を導入している企業に勤めることになったら、年俸とボーナスがどのような支給方法をとられているのか、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

 

続きを読む
1/2