https://www.photo-ac.com/

子供を「叱る」ことについて|怒るとの意味の違い・叱るポイントなど

この記事のカテゴリー:

子供を「叱る」と「怒る」の意味の違いは?

子育てをしていると、必ずと言っていいほど子供を叱ったり怒ったりする場面に出くわすでしょう。子供が何か悪さをした時に、思わず怒鳴り声をあげて怒ってしまい、後で反省する…なんて経験もしたことがある方は多いかもしれません。

では、この「叱る」と「怒る」に意味の違いはあるのでしょうか?また、叱り方・怒り方による子供への影響はどんなものがあるのでしょうか?

実は、この「叱る」と「怒る」の意味の違いは、感情の表現の仕方にあると言われています。

「叱る」とは、あくまで子供に冷静に話しつつもどこが悪かったのかなどを端的に指摘することなどを言い、「怒る」とは、その場の感情に任せて子供に激しい感情をぶつけてしまうこと。最近のメディアでも怒るのでは無く、叱らなければいけないと言っているのを良く耳にしますが、実際に子育てをしていると頭では理解していても時に激しく怒ってしまうこともあるものです。

そこでこちらでは、子供の「叱る」際のポイントや、「怒る」デメリットや子供への影響などをご紹介します。

 

子供を「怒る」デメリット|IQ低下・コミュニケーション認識・委縮

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

感情的に子供を「怒る」ことのデメリットとは何なのでしょうか?

子供のIQが低くなる!

親が大声で怒っている時に「今、なんて言ったかもう1度言ってみなさい」と言うと、「わからない」などと考えられない回答をする場合があります。今さっき注意して怒ったことをもう忘れているのかと再び怒りたくなりますが、実は怒られている時、子供のIQは下がると言われています。その為、このような返答をすることがあると考えられているのです。

怒られていることをコミュニケーションだと思い込む!

大したことではないことで1日中怒り続けていると、子供が親に怒られることがコミュニケーションだと認識してしまい、より注意を向けるために悪さをする場合があることがわかっています。

委縮した子供になってしまう!

実はこれが一番多いでしょう。あまりに怒られてばかりいると、子供が親の顔色を伺うようになってしまい、委縮した子供になってしまいます。

 

叱られる経験から学ぶこととは?|精神的に強くなる・客観的に自分を知るなど

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

基本的に叱られるということから本人は学べることがあり、中には信頼できる人から叱られることに感謝を覚えるという方も少なくないでしょう。

例えば、その叱られる経験から学べることはどの様なことなのでしょうか?

叱られることで、本番に強くなる!

注意や指摘を受け叱られることで、本番に強くなり冷静に対処できることが出来る様に。

叱られることで、客観的に自分を知る

他人に叱られることで自分の欠点などを認めることが出来、自分を客観的に知ることが出来ます。

叱られることで、精神的にタフになる

両親などに叱られる経験により、少しのことでへこたれないタフな精神力が身につくと言われています。

 

子供を「叱る」時のNG行為!|他人と比べる・過去を持ち出す・大声で叱る

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

もちろん、「叱る」ということは良いことばかりではありません。行き過ぎると子供にとって良くない影響も与えかねません。その、「叱る」のNG行為とはどのようなものなのでしょうか。

他人と比べて叱る

これは子供心を卑屈にさせやすくしてしまいます。良い叱り方ではありませんので、叱る際の発言には気を付けてください。

過去の出来事を持ち出して叱る

子供を叱る時に大事なのは、あくまで「今」のこと。過去のことを出して叱るのは、子供にもあまりピンと来ないこともあるので注意しましょう。

大声で怒鳴って叱る

これはもちろんいけませんね。「叱る」時には、あくまで冷静に対処しましょう。

 

子供の叱り方のポイントとは?|二人きりで叱る・叱られている意味を理解させるなど

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

なるべくなら子供の気持ちを傷つけずに叱りたいもの。それでは、子供の叱り方のポイントとはどこにあるのでしょうか?

二人きりで叱る

子供にもプライドがあるので、お友達などがいる前で叱られると素直に聞けず反抗することも。なるべく子供と二人きりになってから、叱りましょう。

悪戯などは現行犯で叱る

子供の年齢が低ければ低いほど、過去と未来などの時間の区別がつきにくいもの。見つけたその場で叱るのがポイントです。

なぜ叱られているのかを理解させる

子供は叱られている時、一体なんで叱られているのかを忘れてしまうことも。しっかり何がいけなかったのかを理解させましょう。

叱るときは出来るだけ短く

子供を叱るときに大事なのが時間です。子供はダラダラと叱られても、頭に入っていないことが多いと言われています。なるべく手短にわかりやすい言葉で叱った方がいいでしょう。

 

「叱らずに褒める」子育てはどういう子供になる?|自意識過剰など

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

最近の傾向として褒めて伸ばすという子育て方法に重きを置く方も多いですが、実はこの育て方にももちろんデメリットは存在します。

・褒められないことはしなくなる

・自意識過剰になりやすい

・親と友人の様な間柄になりやすい

・何でも簡単に出来るものだと思い込む

などといった子供になってしまう傾向があるでしょう。

 

子供がいけないことをしたら叱り、良いことをしたら褒める、といったバランスを今一度見直すことも大切かもしれません。

ただし、感情的になって「怒る」のではなく、必ず冷静に「叱る」ようにしてくださいね。

1/1