夫婦の営みについて│日本と世界の頻度差の理由と夫婦の営みの重要性

この記事のカテゴリー:

日本の「夫婦の営み」の頻度ってどの程度?

夫婦の営み頻度は、 世の中の標準・指標としては、どのくらいなのでしょうか?

うちは、多いの?少ないの? と、疑問に思われている方も実際多いことでしょう。 そんな疑問に対して、2015年日経DUALさんの調査によると下記のようなデータが出ています。

週に2回以上:5.5%

週に1回程度:12.2%

2週間に1回程度:17.8%

1ヶ月に1回程度:22.9%

3ヶ月に1回程度:8.8%

半年に1回程度:7.2%

1年に1回程度:8.3%

その他:16.2%

無回答:1.2%

2015年日経DUAL調査データ

以上のような結果となりました。あなたは、 この結果をご覧になってどう思われたでしょうか?

 

夫婦の営み頻度を知ることの必要性

「夫婦の営み」について、意外と多いなと感じた方、少ないなと感じた方、それぞれの感想は異なっていて当然です。 夫婦とは、それぞれの感覚や価値観の違い、熟年夫婦や中年夫婦などの年齢などにより、いろんな組み合わせや雰囲気があります。

しかし、隣の家の生活感や夫婦関係なども、普段の生活の中では何となく気になってしまうものです。 隣の芝生は青いとか、ないものねだりということもあるでしょう。ですが、「他と比べること」や「知ること」は、非常に大切なことになります。

まして、「夫婦の営み」となると、なかなかオープンにならない内容ですので、しっかりと事実を受け止めましょう。

・夫婦で読むセックスの本 (参考価格:750円)

出典:https://amzn.to/2FKCxRq

 

夫婦の営みの意味は?|夫婦の生活の質を高める

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

夫婦の関係を円満に、そして潤滑にするものの一つとして「夫婦の営み」は、とても大切なことになります。 夫婦の営みの意味は、単に夫婦間のセックスという意味だけでなく、共に生きていくパートナーとの愛を確かめ合う行為です。 充実した夫婦の性生活を送ることは、 日々の生活の質を高めてくれるのです。そして、夫婦間の関係を豊かにしていくことにも直接つながっていきます。

「夫婦の営み」は、生活を向上させるために、普段から意識的に行いましょう。 そうすることにより、家庭の中にも良い空気感が循環し、運も向上し、何をやってもうまくいく環境が作られるはずです。

このようなことを意識し、セックスレスにならないように心がけましょう。 小さな気使いが、大きな喜びに変わるのです。

・夫婦仲の経済学 皿洗いからセックスライフまで、妻と夫の不満は経済理論で解決 (参考価格:2,160円)

出典:https://amzn.to/2zv6DDg

 

夫婦の営み頻度|世界の事情と日本の事情

さて、世界中の人々の「夫婦の営み」は、どのような感じなのでしょうか?

世界的に見ると日本人の「夫婦の営み」の平均回数は少ないことで有名ですが、世界の平均はどれくらいなのか気になるところでしょう。

以下に示したのが、世界のセックス事情、 年間回数のランキングです。

 

  • 「夫婦の営み」回数の多い国ベスト3

1位:ギリシャ 138回

2位:フランス 120回

3位:イギリス 118回

 

  • 「夫婦の営み」回数が少ない国ベスト3

1位:日本 44回

2位:シンガポール 73回

3位:インド:75回

 

ご覧の通り、日本が断トツで少ないですね。 2位のシンガポールに比べても年間で30回も少ないことになります。 やはり、欧州ではパートナーや家族を大切にするということが示されていますね。 1位のギリシャでは、3日に1回ということになります。

 

日本の夫婦の営み頻度はなぜ低いのか:1. 国民性の違い

これは、風習や国民性の違い、生活環境の違い、そして現代を生きる様々な問題により、一概に比べることはできません。

しかし、我が国のかかえる問題と現状は、 近年では晩婚化が進み、少子高齢化になっているということです。 これには、様々な要因があり、個人ではなかなか変えることができないので、社会全体で考えなければならない問題でもあります。

 

日本の夫婦の営み頻度はなぜ低いのか:2.晩婚化

近年、晩婚化が進んでいる我が国の状況をみると、 女性の初産年齢の平均が2011年から30歳という壁を超えました。 それにともなって、少子化が進んでいるという現状です。

確かに女性の積極的な社会進出により、労働人口が増加するという社会的メリットがあります。 しかし、その反面、晩婚化が進んだのもまたひとつの事実です。 そして、晩婚化によってセックスレスになる夫婦も多いのも現実です。

「夫婦の営み」がなされない状況が生まれると、 お互いに気持ちのすれ違いが起こります。 夫は求めても、妻は拒否する。または、その逆もあります。 こうなると、夫婦の足並みは揃わず、 お互いの価値観や思いやる気持ちが時間と共にズレていきます。

体の関係がなくなると、気持ちがすれ違い、心も離れていってしまうのです。

 

日本の夫婦の営み頻度はなぜ低いのか:3.女性の社会地位の向上

出典元 https://pixabay.com/

結婚後の女性のライフワークバランスの変化もまた、夫婦の関係に影響を及ぼしています。 結婚しても女性が働き続ける共働き家庭の増加です。

これは社会全体の構造が変化していることによります。

 

続きを読む
1/2