https://unsplash.com/

ソニーのスマートウォッチはiPhoneでも使用可能な商品も!

この記事のカテゴリー:

スマートウォッチの需要が拡大中!

近年、スマートフォンの普及に伴い、スマートウォッチの需要もどんどん拡大しています。いちいちポケットやカバンからスマホを取り出さなくても手元で操作できたり、専用のアプリを入れることで健康管理や活動記録なども手軽に行えたりと、その用途も様々です。

スマートウォッチは様々なメーカーから発売されており、そのデザインや機能もどんどん多様化してきています。

その中でも今回は、SONY(ソニー)のスマートウォッチをいくつか紹介していきましょう。

 

SONYのスマートウォッチはバンドにメイン機能が!

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ソニーと言えば、オーディオ機器やゲーム機など様々なものを製造・販売している大手メーカーですよね。そんなソニーでは、スマートウォッチも取り扱っています。そのデザインは実に様々で、もちろん機能性にも大変優れています。

ソニーのスマートウォッチの中でも特に他社製品と違うのが、ヘッドとバンドを別々に付け替えられるタイプのものです。

スマートウォッチの多くは、ヘッド部分にメインの機能を備えているのですが、ソニーのスマートウォッチの場合、バンドにメイン機能を備えているため、これまで使用していたアナログウォッチと組み合わせて使うことも可能なのです。

お気に入りの時計と、最新機能を同時に使えるというのがソニーのスマートウォッチの一番の魅力と言えるでしょう。

 

ソニーの人気スマートウォッチ!wena wrist proとwena wrist active

ソニーのスマートウォッチwenaシリーズから、今回はwena wrist proと新しく登場したwena wrist activeについて紹介します。

・SONY wena wrist pro

出典:https://amzn.to/2HK6RZ2

ソニーのスマートウォッチ、wena wrist proはバンド部分にFeliCaを搭載していますので、腕をかざすだけでコンビニやスーパーなどでの会計を手軽に済ませることが出来ます。

手首内側に有機ELディスプレイを搭載しており、スマホと連動させれば電話や各種アプリ、電池残量などを振動とともに通知してくれます。更に、活動量や歩数、消費カロリーなど、日々の活動記録をとるのも簡単です。

対応OSはiOS8.0以上/Android5.0以上となっているので、iPhoneユーザーも使用可能です。

一回の充電で約1週間動作するのも嬉しいですよね。

バンド部分がステンレスバンドなので、見た目も非常にスタイリッシュでお洒落なデザインになっており、様々な場面で使用することが可能です。

ただし、バンドの長さ調整は自分では行わず、購入店もしくはバンド調整推奨店へスタートガイドを持参し調整を行うようにしてください。通常のバンドと調整方法が異なるので気を付けてくださいね。ちなみに、バンド調整推奨店は、全国のオンタイムもしくはmoveというお店になります。詳しくは、ソニーのHPをご覧ください。

価格はオープン価格ですが、平均価格帯として34,880円+税~となっているようです。

 

・SONY wena wrist active

出典:https://amzn.to/2Kuw4Zw

wena wrist proよりもややカジュアルに使えるタイプが、新しく登場したwena wrist activeです。

こちらは、シリコンバンドタイプで、スポーツ時や活動記録におすすめのスマートウォッチです。

着信やアプリの通知はもちろん、バンド部分にGPSと光学式心拍センサーを搭載していますので移動距離やその速度、歩数なども記録することが出来ます。

こちらにもバンド部分に電子マネー機能やディスプレイを搭載していますので、ヘッド部分を自由に付け替えることが可能です。ヘッド部分を外してスマートバンドとして使用することが出来るので激しい運動時にも邪魔になりません。スマホも財布も持ち歩くことなく出掛けられるのは嬉しいですね。

こちらも、iOS 8.0以上 / Android 5.0以上なので、iPhoneユーザーも使うことができます。

こちらの価格もオープン価格ですが、29,880円+税前後の価格となっています。

 

続きを読む
1/2