https://www.photo-ac.com/

ホームシアターに必要なもの・初心者や一人暮らしにおすすめ8選!

この記事のカテゴリー:

自宅が映画館に大変身!?ホームシアターとは

CMや雑誌などで一度は目にしたことがある方も多い「ホームシアター」。そもそも「ホームシアター」とは何なのでしょうか?

ホームシアターとは、自宅に居ながら大迫力画面でスポーツ観戦や映画を楽しめてしまう優れものなのです。その大画面は文字通り「家の映画館」そのもの。映画鑑賞や音楽のライヴ映像などが趣味の方におすすめ出来る、夢のようなメディアですよね。

 

ホームシアターの魅力を紹介!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

ホームシアターは「映画館の様に鑑賞できるもの」ということはわかりますが、一体どの辺りに魅力があるのでしょうか?こちらではまず、ホームシアターの魅力についてご紹介しましょう。

 

ホームシアターは、映画好きにはたまらない!大きなスクリーンが魅力!

ホームシアターの魅力は、やはり大きな画面。自宅にいながら映画館にいる様な大迫力を味わうことが出来、感動することが出来ます。好きな映画は何度でも見たいもの。ホームシアターが自宅に設置されていれば、映画館に足を運ばずに鑑賞することが出来るのでおすすめです。

 

ホームシアターは、プライベート空間を大事に出来ておすすめ!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

ホームシアターは何よりプライベート空間を大事にすることが出来ます。映画館であれば話し声や物音はもちろん出すことができませんが、自宅でのホームシアターなら一緒に見ている相手とお気に入りのシーンについて会話をすることが出来たり、飲食の音も気にすることなく気軽に観ることが出来ますよね。

 

ホームシアターの魅力は、時間を有効に使える!

普段映画館に行く方は、上映時間やスケジュールを気にしながら行かれる方が多いでしょう。もちろんそれも含めて映画鑑賞の楽しみではあるのですが、忙しい方にとっては難しいのも現実。

そこでホームシアターをおすすめします。ホームシアターさえあれば、自分の好きな時間に観ることが可能なのです。往復の交通時間や待ち時間など、時間を有効に使うことが出来て無駄を省くことが出来ます。

 

ホームシアターの魅力は、サラウンド方式の立体音響!

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

基本的にテレビなどは左右のステレオ再生が通常ですが、ホームシアターはデジタルサラウンド方式の音響が魅力的。これは映画館にいる時に耳に入る音響効果と同等だということがポイントです。左右だけではなく上下などからも音を出すことで、より立体的に映像を感じ取ることが出来るのです。

 

ホームシアターの魅力は、どんな映像も大迫力再生!

ホームシアターでの鑑賞は、映画だけとは限りません。スポーツ観戦や、大好きなアーティストのライヴなどにももちろんおすすめ。自分の好みや気分によって選ぶことが出来ます。スポーツ観戦においてもその大迫力さは、まるでその場にいるような臨場感を感じることが出来ると話題です。

 

ホームシアターを始めよう!準備編|必要なものはプロジェクター・スクリーン・ホームシアターシステム

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

誰しもが1度は憧れるホームシアター。あの大きなスクリーンを自分だけのものに出来るなんて、とても贅沢な時間ですよね。もしご検討中の方がいたらおすすめします。しかし映画館の様な環境を整えるには、一体何を準備したら良いのでしょうか?

こちらではホームシアターを始めるあたり、最初に用意したいものをご紹介しましょう。

ホームシアターの必需品①:プロジェクター

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ホームシアターの必需品といえば、プロジェクターです。大きな画面で映像を見る時には、とても必要なものといえるでしょう。ホームシアター向けのプロジェクターも販売されており、プロ顔負けの技術で大迫力の映像を映し出してくれます。

ホームシアター向けプロジェクターは年々進化しており、最新でおすすめのものは「画質が良すぎる」と驚かれる人も多いことで話題です。

ホームシアターの必需品②:スクリーン

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

プロジェクターが決まったら次はスクリーン選びをおすすめします。ホームシアターとは、プロジェクターから光が出てそれを白いスクリーンに映し出して楽しむもの。もちろん専用のスクリーンを用意することもおすすめですが、実はホームシアターはプロジェクターさえあれば白い壁やシーツなどでも可能なのです。自宅のスペースや必要性に応じて決めるのが良いでしょう。

ホームシアターの必需品③:ホームシアターシステム

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

全くホームシアターに関して知識が無いという方向けにおすすめなのが、AVアンプとスピーカーがセットになったホームシアターシステムがおすすめ。最近はホームシアターに興味を持つ方が増えている為、比較的手頃な価格で手に入りやすいのが魅力ですね。

 

ホームシアター設置の費用ってどのくらい!?|簡易的なものから本格派まで

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

それではホームシアターを実際に購入する時、一体総額でどのくらいの費用を用意すれば良いのでしょうか?ホームシアターというと大きなリビングのあるお家にしか設置できないと思われがちですが、実は種類を選べば一人暮らし用のアパートやマンションだってもちろんOK!

それでは気になるホームシアターの費用について、おすすめの利用法を交えてこちらでまとめます。

 

簡易的なホームシアターのおすすめは、パソコン接続で2万円前後!

ホームシアターをわざわざ購入するのは気が引ける…という方の中で、BDドライブ付きのパソコンをお持ちの方は1万円ほどの無名ブランドのプロジェクターを購入し、接続してみましょう。別に60インチほどのスクリーンを購入すれば、全部で2万円ほどで簡易的なホームシアターを作ることが出来ます。

 

標準的なホームシアターのおすすめは、5万円台から可能だった!

数年前までホームシアターのセットはどんなに安くても7万円~10万円くらいと言われていました。しかし最近ではホームシアターの需要も少しずつ増えたおかげで、安値で買える様になってきたのです。

 

そのポイントとは、プロジェクター本体にDVDプレイヤーとスピーカーが内蔵されているホームシアターシステムという商品を選ぶこと、

これなら本体だけで5万円ほどで購入できるのでおすすめです。また、80型スクリーンも簡易的で自立式のものも販売されるようになり、両方合わせて購入しても5万円台で揃えることが出来る場合も多いとか。

 

本格派ホームシアターのおすすめは、20万円台!

自宅にホームシアタースペースを作れることが出来、さらに鑑賞にこだわりを持つ方には本格的なホームシアターもおすすめです。その場合必要になるのが次のようなもの。

・解像度の高いフルHDプロジェクター:8万~10万円

・スクリーン100インチ:1万円~8万円(電動スクリーン含む)

・スピーカー:5~7万円

・ケーブル等の雑費:1万円

これを合わせてそろえたとしても、20万円台で揃えられることになるのでこだわりたい方にはおすすめです。

 

ホームシアターの選び方とは?|ライフスタイル・家族構成・メーカー・予算のおすすめ

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

ホームシアターと一口にいっても、その種類もメーカーも様々で何を選んだら良いわかりませんよね。そこでこちらでは、ホームシアター購買時に役立つおすすめの選び方についてご紹介しましょう。

 

ホームシアターは、ライフスタイルで選ぶのがおすすめ!

ホームシアターの購入を検討した時、自身のライフスタイルで選ぶのがおすすめです。簡単に言うと、一人暮らしなのか大家族なのかがとても重要となるのです。

例えば一人暮らしであれば大音量でのスピーカーは必要なく、近所との関係性から場合によってはヘッドホンで観るということも増えるでしょう。しかし大家族であれば座る場所を考えても広めのスクリーンが必要となる上、生活音も加わることから大音量が出せるサラウンドスピーカーのものがおすすめです。

 

ホームシアターは、家族構成で選ぶのがおすすめ!

ホームシアターを自由に使いたいとはいえ、お年寄りや子供たちに難しい操作はおすすめ出来ません。そこで操作の簡単なものを選ぶのが良いでしょう。せっかくのホームシアターなのですから、いつでも好きな時に利用したいですよね。

 

ホームシアターは、メーカーで選ぶのがおすすめ!

どの家電製品にも同じことが言えますが、ホームシアターと一概にいってもメーカーにより機能性も違います。また、特に好きな家電メーカーやオーディオメーカーがある方も多く、まずは自分が利用しやすいメーカーから探してみるのがおすすめです。

例えば家電メーカーが作っているホームシアターだと比較的簡易的なものが多く、本格的に作りたいというこだわりのある方には、やや物足りないと感じてしまうかもしれません。一方でオーディオ専門メーカーの場合は音響に力が入り、映画鑑賞などを希望している方には向いているとされています。

 

ホームシアターは、予算で選ぶのがおすすめ!

やはりこだわり続けると、どんどん費用がかさんでしまうのが難点のホームシアター。ある程度自分で「いくらまで」と決めてから選び始めるのがおすすめです。簡易的なものから本格的なものまで種類も多く、予算内でどのくらい理想通りのものを購入できるのかがカギとなりますよね。

 

ホームシアターは、設置したい部屋で選ぶのがおすすめ!

通常ホームシアターを設置する時に悩むのが場所。リビングなのか専用ルームなのか、はたまた自室なのかを決める必要があります。もしも家族がいる場合ならリビングシアターがおすすめ。お子さんが大きくなっても映画鑑賞やスポーツ観戦などを通してコミュニケーションを取ることが出来ますし、リラック出来る時間を共有できますよね。

一方で専用ルームを作ってしまうと一見集中できるプライベートスペースを確率出来そうですが、孤独を感じてしまうというデメリットも。寂しく感じる為ことから、結局専用ルームに行かないという方もいるのでまずは設置する部屋から決めるのが良いでしょう。

 

ホームシアターは、サブウーファーの有無で選ぶのがおすすめ!

ホームシアターを必要としている方は、少なからず臨場感のある音響効果を期待しているはず。そこでこの音響を充実させるために重要なのが、低音専用のサブウーファーを搭載しているかどうか。もちろん予算や好みによるので参考程度に頭に入れておくのがおすすめです。

 

ホームシアターは、スマホと連携出来ることを確認するのがおすすめ!

最近のホームシアターは多機能化が進み、スマホとも連携が取れるように。スマホを上手に利用できるとアプリなども利用できますし、リモコン機能も便利です。また、Bluetooth機能でハイレゾ対応も可能なのでチョイスに選ぶのおすすめ。

 

ホームシアターシステムのおすすめメーカー比較|SONY・YAMAHAなど6メーカー

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

一概にホームシアターシステムとはいっても、メーカーは強豪ばかり。オリジナルの特徴をしっかり備えてから売り出すのが当たり前です。しかしいくらメーカーによって違うとは分かっていても、どんな風に違うのかはわかりませんよね。

そこでこちらでは、メーカーごとのホームシアターシステムについて比較します。

 

ホームシアターメーカー①:SONYの特徴

SONYは、オーディオメーカーとしても映画製作会社としても老舗のプライドを誇る実力で有名。まさに映画鑑賞や音楽鑑賞という、総合的なエンターテインメントの為のホームシアターを作り上げていると言っても過言では無いでしょう。

またオーディオ機器用に開発した独自の高度技術を導入、そのおかげでステレオを限界までコンパクトにしたりすることが出来るなどソニーならではのホームシアターシステムを作り上げています。

 

ホームシアターメーカー②:YAMAHAの特徴

ヤマハホームシアターシステムの特徴は、音楽の演奏をメインにしている世界の名ホールや劇場の迫力を再現していること。この音響を「シネマDSP」と呼び、多くの人から人気を博しています。

最近は壁に音を反射させることにより音を楽しめる「YPS」のシリーズがおすすめです。このシリーズのおかげで重低音の臨場感はまさに劇場にいる様。

 

ホームシアターメーカー③:パイオニアの特徴

パイオニアのホームシアターシステムは、初心者向き。価格帯も手ごろな上、何より設置が簡単と評判なのでおすすめです。フロントとスピーカーがセパレートになっている上、コンパクトで置く場所を選ばないのが魅力です。

 

ホームシアターメーカー④:パナソニックの特徴

このパナソニックのホームシアターは、そのままテレビ台としても利用できるラックシステムなどの商品があることが特徴です。インテリアを重視するデザインのものが多く、気軽にホームシアターとして変身することが出来ますね。部屋の家具にこだわりのある方におすすめです。

 

ホームシアターメーカー⑤:BOSEの特徴

BOSEは何より音響に力を入れているメーカーで、360度ウーハーを体感出来ることが魅力です。映画やライヴなどを鑑賞する時に、とても迫力を感じることが出来るのが良いですね。音にこだわりのある方におすすめです。

 

ホームシアターメーカー⑥:JBL Bar Studioの特徴

このホームシアターシステムの最大のメリットとは、場所を取らないこと。なんと壁掛けにもすることが出来るので、部屋の場所を狭くせずホームシアターを気軽に楽しむことが出来ます。一人暮らしをしている方などにおすすめです。

 

おすすめのホームシアター!|機器説明・カテゴリー別おすすめ商品8選

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

もしもホームシアターを自宅に用意するとしたら、最初に気になるのは内容や費用でしょう。そこでこちらではホームシアターに最初に用意したい機器を、カテゴリーごとに分け特におすすめ商品などをご紹介します。

ホームシアターの要「ホームシアターシステム」

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

まず上記でもお話ししましたが、最近ではホームシアターシステムなる便利な商品が主流です。これは、家にいながら映画館や劇場の様な臨場感を大事にした高音質の機械のことで、ワイヤレス機能が搭載されるなどの技術が駆使されています。その為、今までは機械だけで場所を取られてしまい、大きな部屋が必要だったホームシアターですが、一人暮らしなどのアパートでも利用できる様になったのが魅力なのです。

またコードレスにしたことでスピーカーの位置を簡単に変えたり、移動出来るのもポイント。ホームシアターシステムの中にはTVの代用品として利用できるものも販売されており、テレビの音質を上質なものに変えることも可能なのです。

内容に関わらず、映像を鑑賞するのが好きな方にはおすすめですね、

 

映画好きにおすすめのホームシアターシステム

「SONY サウンドバー HT-S200F 2.1ch 内蔵サブウーファー Bluetooth ホームシアターシステム」¥21,576

まず何を購入して良いかわからないで悩んでいる方には、SONYのこちらの商品がおすすめ。ワイヤレス機能搭載でコンパクト、さらにPCやスマホに接続できるのが強い味方です。場所を取らないので気軽に自宅に設置することも出来るのもポイント。また、高音質を誇るSONYのサウンドバーは、映画好きにはぴったりです

出典:https://amzn.to/2G2yXgC

 

初心者におすすめのホームシアターシステム

「Pioneer HTP-CS1 コンパクトフロントスピーカーシステム」 ¥29,170

初心者の味方は、パイオニアから発売されているホームシアターシステム。フロントスピーカーが分かれており、機械に詳しくない方でも簡単に設置できるのが魅力です。初心者にとって最初の扱い方が簡単なのはポイントが高いもの。またウーハーを縦置き出来るので、自宅の場所をコンパクトにまとめることが出来ます

出典:https://amzn.to/2KN8kzE

 

劇場の様な臨場感を求めている人におすすめの、ホームシアターシステム

「ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107 4K」 ¥25,800

劇場や映画館の様な臨場感や迫力がある音質を大事にしているYAMAHA。「DTS Virtual: X」というバーチャル3Dサラウンド技術に世界で初めて対応した機種で、スリムなボディが魅力です。4K/HDR映像転送のMIDI端子も接続しているので、これだけあればまさに劇場にいるスケール感を楽しむことが出来るのでおすすめです。

出典:https://amzn.to/2K66xVp

 

ホームシアターの命「プロジェクター」

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

自宅に居ながら映画館や劇場にいる気分を味わうことが出来るホームシアターですが、映像を映し出すプロジェクターがとても重要となります。

プロジェクターの投影方法は主に次の3種類に分類されます。

①3LCD方式の液晶プロジェクター」

明るい映像を楽しむことができます。

②「DLP方式」の反射型プロジェクター」

軽量化しやすくお手頃価格で買うことが出来るので、家庭で所有しやすいのがポイント。

③「LCOS方式」の反射型液晶プロジェクター」

高品質の映像を楽しむことはできますが、プロジェクター自体が大きく場所を取ることと、値段が高価になるため家庭用とは言い難い商品となります。

 

手軽に映像のクオリティを実感したい人におすすめのプロジェクター

BenQ プロジェクター HT2050」 ¥74,800

この商品の魅力は、明るい部屋でも綺麗な映像を映し出すこと。また、高輝度・高コントラスト・フルHD対応なのも嬉しいところです。100インチサイズのスクリーンでもしっかりと映し出せる上、手軽に手に入れることが出来るのでおすすめです。

出典:https://amzn.to/2G3eYOD

 

本格的な映像を求めている方におすすめのプロジェクター

「EPSON dreamio EH-TW5350」 ¥146,000

この商品はエプソン独自の「Bright 3D Drive」を投入し、暗くなりがちな3D映像を明るく映し出してくれます。斜め横からでも投影可能なので、リビングなどで設置場所に困った時も簡単に置くことが出来るのが魅力。しかしながら初心者の方には不向きの価格設定なので、ホームシアターを買い替える方や本格的なクオリティを重視した方におすすめです。

出典:https://amzn.to/2I46soK

 

EPSON商品手軽な価格で欲しい方におすすめのプロジェクター

EPSON プロジェクター EB-W420」¥55,800

元々はビジネスモデルのこの商品ですが、解像度・サイズ・価格・重量などが自宅に設置しやすいものなので人気があります。Wi-Fi機能は搭載されていませんが、別売りの無線LAN専用ケーブルを付けることも可能。明るくクリアな映像を映し出してくれます。

出典:https://amzn.to/2KLiLnz

ホームシアターの舞台「スクリーン」

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

最後にご紹介するのはホームシアターを映し出すスクリーン。実際これは白い壁やシーツを代用している方もおり、専用のスクリーンを所有しなくても良いとはされていますが出来たらちゃんと揃えるとよりホームシアターを楽しむことが出来ます。

スクリーンは以下の様な種類に分けられます。

マットタイプ

暗くしたリビングなどに向いている商品で、あまりに明る場所だと映像がぶれたり見えにくくなるろころも。

パールタイプ

高く設置して低い位置で観るのがおすすめのスクリーン。マットタイプよりも明るいところで観ることは可能ですが、拡散性は無いのでゲームなどの集中した映像に向いています。

ビーズタイプ

設置は低く視聴も低い位置でするのが向いているスクリーン。画質や寿命はいかにも家庭向きなので、少人数やファミリーでの鑑賞に最適です。

サンドスクリーンタイプ

背面に設置したスピーカーの音を透過できるスクリーンで、映像と音を一体化出来る作りが魅力。ただこのシステム上スクリーンに無数の小さな穴が開いているので、設置に気を付けないとスクリーンがよれて模様の様になることもあります。

 

スクリーンの構造

天吊り式 :天井固定で巻取り型

張りこみ式:フレームに張り込み常設するスクリーン

タペストリー式:壁に掛けるだけの簡単なスクリーン

 

マットタイプスクリーンのおすすめ

エリートスクリーン プロジェクタースクリーン EZシネマ 100インチ」 ¥42,780

幅2290mm×高さ2315mmのマット式のスクリーンで、洗浄が簡単に行えるのも魅力です。持ち運びも楽で、フルHDや4K解像度にも対応しています。

出典:https://amzn.to/2KSCBxg

 

天吊り式のマットタイプスクリーンンおすすめ

「エリートスクリーン プロジェクタースクリーン マニュアル 100インチ」¥34,413

幅2374mm×高さ2009mmのスクリーンで天吊り式。任意の位置でオートロックシステムが付いているので、好きな場所に固定出来ます。

出典:https://amzn.to/2I55Krg

 

マンションでホームシアターの設置をする場合の注意点

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

マンションでもホームシアターを使いたい方ももちろんいますよね、そこでこちらでは、マンションでホームシアターを設置したい時に、気を付けたい注意点とは何かについてこちらでまとめます。

マンションでは、低音のパワーの少ないものを選ぶ!

ホームシアターの魅力は大迫力・大音量ですよね。そこで気になるのがマンションでの音量。もちろんお隣の方も居ますので最大限に気を付けなければいけません。

もしも音量に対し気を付けて設置を考えている場合は、低音のパワーが少なめのものなどを選ぶのが良いでしょう。実は低音は壁を通じて振動で響き渡るとされており、一番騒音と思われやすいので注意が必要なのです。

本格的大音量にしたいなら防音の部屋を作ろう!

マンションでは騒音問題は付きもの。もしも本格的な大音量でのホームシアターを必要としてるのであれば、防音の部屋を作りましょう。しかしこれは専門家の知識を必要とするので勝手に行うのは止めましょう。

購入マンションなら、ホームシアター専門業者に委ねよう!

マンションでは、取り付け工事や配線の確認も音が出るため苦情になりかねません。そこでホームシアター専門の取り付け業者に依頼して上手にこなしてもらいましょう。

賃貸や制限マンションなら、スクリーンは下置きタイプで!

もしも賃貸マンションや制限付きのマンションにお住まいなら、勝手に工事はできません。スクリーンの取り付けなどは置いてみるタイプのものを選び、壁や天井に傷を付けるのは避けましょう。

関連する記事