https://pixabay.com/

「口臭予防」にはコレが効く!おすすめな飲食物や予防商品をご紹介!

この記事のカテゴリー:

口臭は自分では気づきにくいもの

人と話をする時に口臭が気になった経験がある方は多いのではないでしょうか。

話し相手の口の臭いが辛く、どうにか会話を早く切り上げようとしたことのある方も多いでしょう。また、臭いが強い食べ物を食べた後、自分の口臭が気になって思うように人と会話出来なかった経験がある方も多いはずです。

口臭というのはなかなか自分では気が付きにくく、また相手の口臭が気になった場合も指摘しづらいという問題があります。長期的に続く口臭は人間関係を悪化させてしまうこともあるので、普段から十分注意して適切なケアを行っていくことが大切です。

ここでは、口臭の原因や口臭に効くもの、口臭に効く食べ物・口臭に効く飲み物をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

 

口臭の原因にはどんなものがあるの?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

口臭が起こる原因には、大きく分けて外的要因と内的要因の2種類があります。これらが原因で口内の唾液量が減ったり、細菌が増えたりすることで口臭が発生するのです。

それぞれどのようなものがあるのでしょうか。

外的要因:臭いの強い食べ物・タバコ

臭いの強い食べ物や飲み物を口にすることで、口臭が起きやすくなります。場合によっては口臭だけに留まらず体臭にも悪影響があらわれることもあるので注意が必要です。

また、普段喫煙をする方は口臭がきつくなりがちです。タバコに含まれるニコチンやタールは口内の血液循環を阻害し、唾液の量を減らしてしまうので、臭いの元となる細菌が増加しやすくなるのです。タバコに含まれる化学物質自体の臭いも口臭の原因になりやすい物質です。

内的要因:口内環境の悪化・ホルモンバランスの崩れ・腸内環境の悪化・口呼吸

虫歯や歯周病などで口内環境が悪化すると、揮発性硫黄化合物という臭いガスが発生しやすくなります。唾液の量が減ったり、口内に細菌が増加することが原因です。

また、女性の場合月経中や妊娠中などはホルモンバランスが崩れやすく、それに伴い唾液の量も少なくなります。噛みごたえのある食べ物やガムを噛んだりして唾液を増やす工夫が必要です。

胃腸疾患などで消化器官が弱ったり、腸内環境が悪化したりすると、口から腐敗臭のような強い臭いが出ることがあります。

また、副鼻腔炎や花粉症が原因で口呼吸が増えると口内が乾燥し、口臭が起こりやすくなります。

いずれも専門の医療機関でしっかりとした治療を受けるようにしましょう。

 

口臭が出やすい食べ物・飲み物とは?

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

口臭の原因になる食べ物:ネギ科やアブラナ科の野菜・納豆など

にんにく・ニラ・らっきょう・ネギ

これらのネギ科の食べ物は臭いが強いことでよく知られていますね。「アリシン」という物質が含まれており、これが酸素に触れると酸化して強い臭いを発生させます。

アリシンの厄介なところは口の中に含むだけでも臭いやすいのに、血液中に溶け出して全身の毛穴からも臭いを発生させるという点です。汗に混じって更に悪臭を放つようになることもあります。

アリシンの臭いが気にならなくなるまではおよそ16時間、体内からなくなるには1日以上かかりますので、飲食時には臭いを軽減させる工夫が必要です。

ブロッコリー・小松菜・キャベツ

意外なことにこれらアブラナ科の食べ物も口臭の原因になりやすいのです。

「インドール」という物質が含まれており、まるで糞尿のような臭いを発生させることもあります。

納豆

納豆には「ピラジン」というアンモニア成分が含まれています。

ピラジンは歯磨きなどで落としやすい物質ですので、食後は丁寧なブラッシングを心がけましょう。

糖分

甘い食べ物が虫歯の原因になるのは周知の事実ですよね。口内細菌が増え、口臭がきつくなります。

更に糖尿病になると「アセトン」という物質が体内で増加しやすくなり、口から腐敗臭を発生することもあります。

 

口臭の原因になる飲み物:カフェインの多いもの・酒

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

コーヒー・紅茶

カフェインには利尿作用があります。そのため体内の水分が不足し、唾液の量が減り口臭の原因になることがあります。

アルコール分解酵素である「アセトアルデヒド」は、酸っぱい臭いを発生させます。

また、分解しきれず体内に残ったアルコールが体内で混ざり合い、口から酢酸臭がする場合もあります。

 

続きを読む
1/2