https://www.pexels.com/

2018年スマートブレスレットおすすめ商品10選と機能比較表!

この記事のカテゴリー:

スマートブレスレット・スマートバンドは、色や形もさまざまで、活動量計としてのものやスマートウォッチと大差ないものなどたくさんの製品が販売されており、比較的リーズナブルな価格帯のものが多くなっています。毎日の仕事でストレスの多いパパにも、健康管理や運動不足解消をするために、スマートブレスレットはおすすめのアイテムです。

ここでは、さまざまな機種が登場して迷ってしまうスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)の選び方をはじめ、特徴や厳選された10のアイテムをご紹介します。

 

スマートウォッチとの違いは?|活動量計としてのスマートブレスレット

スマートウォッチとスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はどちらも腕などに装着して利用することを想定したウェアラブルデバイスですが、違いはどこにあるのでしょうか?

スマートウォッチは、フルタッチパネルのユーザーインターフェースを備えていて、スマートフォンのアプリを実行したり、通信などを行うことができます。このほかにも、スマートフォンに保存されたメールを確認したり、画像を閲覧したりといった連携機能も充実しています。

また、画面に時計を表示させれば腕時計として使用することもできます。

 

一方、スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)は活動量計としての機能が中心となっているのが特徴で、血圧や心拍、消費カロリーといったライフログを取得することが主な目的となります。ここに、一般的なスマートブレスレットの場合、スマートフォンの電話着信やSNSの通知を受けたり、音楽再生の遠隔操作ができるといった機能が付加されています。

このため、スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はトレーニングやランニングなどにおいて、必要な情報提供してくれるウェアラブルデバイスといえるでしょう。デザインもスマートウォッチは時計と変わらないものが多いですが、スマートブレスレットはコンパクトかつスリムなものが多くなっています。

スマートウォッチが気になる方はこちらもチェック!!

2018年AppleWatchとAndroidスマートウォッチ比較!

スマートウォッチのメリットとデメリット・選び方・オススメ紹介

スマートブレスレットは運動データ分析や健康管理をしたい人におすすめ!

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

このように、スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)は活動量計としての機能に特化していることから、運動データを分析したい人に最適です。オーソドックスなスマートブレスレットの用途としてはランニングやウォーキングにおける消費カロリーの把握、あるいは万歩計として利用、トレッキングなどで利用するといったことも考えられます。

また、多くのスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はスリムで常に身に着けていても気にならないので、血圧や心拍数を計測し、健康管理を行いたい方にもおすすめです。

このほか、活動量計として以外にも、スマートフォンの所在がわからなくなることが多いのであれば紛失防止機能を使ってスマートフォンをしまい込んだりなくしてしまわないよう管理することもでき、SNS通知機能で新着のメッセージを確認したり、遠隔でスマートフォンのカメラを操作したいときなどにも便利です。

スマートブレスレットでの血圧測定の仕組みは?

ちなみに、スマートブレスレットでの血圧計測の仕組みは、強力な光により血中のヘモグロビン量で測定されます。

まず、スマートブレスレットの裏側にいくつかの光源とセンサーが付いており、その光源が血圧測定が始まると強い光で点滅を開始します。この光は緑色の場合が多く、皮膚の近くにある毛細血管に当たって、反射する光の量をセンサーが読み取ります。そして、血液中にあるヘモグロビンという物質は、緑色の光を吸収する性質があり、その性質を利用して、血液の量に応じて、反射する光が増減します。その反射する光の増減を計算して、血圧が割り出されるという仕組みになっています。

・【最新版】 スマートウォッチ IP67完全防水 itDEAL スマートブレスレット 血圧計 心拍計 歩数計 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 カラースクリーン 長い待機時間 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line/アプリ通知 長座注意 日本語対応 iPhone/iOS/Android対応 (参考価格:3,119円)

出典:https://amzn.to/2Ccpzs4

 

スマートブレスレットを選ぶ時はポイントを押さえて!

では、数多くの製品の中から自分にあったスマートブレスレット・スマートバンド(ウェアラブルスマートウォッチ)はどのように選んだらよいのでしょう。悩んでしまいがちなスマートブレスレット選びにおけるポイントをいくつかご紹介します。

スマートブレスレットを購入する予算を決めておく

https://www.pexels.com/

出典:https://www.pexels.com/

スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はスマートウォッチより安価ですが、数千円~数万円までの価格帯の製品があります。機種やブランドなどにこだわりがあるのであればそちらが優先されますが、そうでない場合には、あらかじめ予算を決めておくと選択肢を絞り込みやすくなります。

まずは予算に見合うスマートブレスレットをいくつかチョイスして、比較検討してみるとよいでしょう。

スマートブレスレットのデザインで選ぶ

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

デザインは好みのもので選んでもよいですが、スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)は日中や、睡眠時の活動量も計測してくれるものですので、原則として活動量計として使用したいのであれば1日中身につけておくことが必要です。このため、デザインも日常生活の支障にならないものでなければなりません。

活動量計としての使用の際は、できる限り、つけていることをあまり意識しないで済むようなデザインのスマートブレスレットを選ぶことが大切です。

スマートブレスレットの色や素材で選ぶ

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はデザインと同様に、色や素材もカラフルで一見おしゃれなものに目がいきがちですが、運動中は汗をかいたり、日常生活でも活動量計として毎日身に着けていれば汚れが目立つこともあります。

いくらおしゃれでも、汚れていては魅力が半減してしまいますので、汚れが目立たない色で、なおかつ耐久性のある素材のものを選んだほうがよいでしょう。

スマートブレスレットでは少ないかもしれませんが、バンドが防水加工のされていないレザーなどはすぐにぼろぼろになってしまうので、避けたほうが無難です。

スマートブレスレットの大きさで選ぶ

スマートブレスレット選びは大きさも重要な要素です。スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)のディスプレイが大きければさまざまな情報はチェックしやすいですが、サイズや重量は増大します。幅があるものは手首が不自由になりますし、厚みのあるものは服の袖に引っかかったりしてスマートブレスレットのディスプレイを確認しにくくなります。

このため、大きさも毎日使うことを考慮した使いやすいものを選びましょう。

スマートブレスレットの防水・防塵機能を知っておく

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

トレーニングで使用することが多いスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)は、防水・防塵に優れたものを選ぶのがベターです。多くのスマートブレスレットには、防塵・防水の性能を示すIPコードが表記されていますので、これを確認しておきましょう。

それぞれの項目で最高クラスの性能は、防塵が6級、防水が8級で、このような製品は「IP68」と表記されます。また、「50m防水」といった表記があれば、スマートブレスレットは水中で5気圧まで耐えることができます。

ただし、これらの表記はあくまで目安で、使用状況によっても異なるので、スマートブレスレットの取扱説明書をよく確認し、故意に水没させたりしないほうがよいでしょう。

・Willful最新版 スマートブレスレット カラースクリーンスマートウォッチ 心拍計 活動量計 歩数計 腕時計 Line/着信電話/SNS/Eメール/SMS通知 ストップウォッチ カロリー 自動睡眠監視 目覚まし時計 長座注意リモートカメラ IP68防塵防水 日本語説明書 iphone&Android対応 (参考価格:3,790円)

出典:https://amzn.to/2Lfj9LI

 

スマートブレスレットのバッテリー稼働時間のチェック

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)のバッテリーには大きく分けて充電タイプと電池交換タイプがあります。

充電タイプはコストパフォーマンスに優れるものの、定期的に充電する必要があります。

一方、電池交換タイプは数ヶ月間交換不要なものもありますが、交換の手間もコストもかかります。

機種によって稼働時間も異なるので、コストと利便性のバランスが取れたスマートブレスレットを選ぶのがおすすめです。

スマートブレスレットの実用性以外でのポイント

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

活動量計などの機能性だけでは満足できないという方には、バンドなど、交換パーツのあるスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)もおすすめです。豊富なカラーバリエーションで、バンドの交換が可能なものであれば、さまざまなシーンで着用することも考えながら、おしゃれに楽しむことができます。

また、バンドが交換可能なスマートブレスレットは汚れ対策にも一定の効果が期待できます。

スマートブレスレットと同期できるデバイスを確認しておく

https://unsplash.com/

出典:https://unsplash.com/

スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)はスマートフォンをはじめとしたデバイスと同期して使用することが前提ですので、実際に購入したものの同期できなければ最大限にその機能を発揮できません。スマートブレスレットを購入する前には対応しているデバイスを必ず確認しておきましょう。

また、スマートブレスレットに記録されたデータを集計する場合には、スマートフォンだけでなくパソコンも利用することがありますが、スマートフォンとは同期できても、パソコンとは同期できなかったり、対応している機種であっても、バージョンが異なるために使用できないこともありますので、これも使い方などで事前の確認を十分に行いましょう。

ライフスタイルに合わせたスマートブレスレットを選ぶ

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

このように、スマートブレスレットの選び方にはさまざまなポイントがありますが、最大のポイントは自分に必要な機能を備えているかということです。

スマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)の基本機能は主に歩数、移動距離、消費カロリーなどを表示してくれるというものです。

ここに心拍計や、スマートフォンへの着信、音楽再生の操作が可能であったり、中には座りすぎ防止のアラームといった機能がある機種もあり、トレーニングの種類によって機能を切り替えることができるものもあります。

購入の際には、自分のライフスタイルに合わせて、どのようにスマートブレスレット使いたいのかを考えてみましょう。必要な機能以外でも、たとえば計測結果が確認できるディスプレイのあるスマートブレスレットであれば、トレーニングのモチベーション向上にも役立つといった意外な効果も期待できます。

 

2018年機能比較表付き!おすすめスマートブレスレットのランキング12選|高精度な血圧計付や心拍計付も

ここまでのスマートブレスレット(スマートバンド・ウェアラブルスマートウォッチ)に関する情報や選び方を確認してきましたが、実際に2018年おすすめスマートブレスレットの12機種のランキングを見てみましょう。

機能比較表も参考に、利用シーンをイメージしながらスマートブレスレット・スマートバンドを選びましょう。スマートブレスレットも精度が上がってきていますので、自分に合う機能を重視した選び方もいいでしょう。活動量計として毎日つける場合はデザインにも注目した方がいいでしょう。

機能の表記:◯=対応 ×=非対応

itDEALスマートブレスレット(参考価格 3,599円)

出典:https://amzn.to/2rKEG5q

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
×

 

itDEALスマートブレスレットはAmazonでもベストセラーのスマートブレスレットで、レビューも多く高い評価を獲得しています。時間表示、日付、移動距離、歩数、カロリーの消費、血圧、血中酸素、呼吸頻度、心拍測定といった基本的な機能を網羅しているほか、Bluetoothで同期すると、専用の日本語アプリで週・月別の運動データの確認をすることができ、任意の1日の詳細データも素早く確認することも可能です。

このほかにも、itDEALは長座注意、水分補給警告などの表示や、スマートフォンのカメラ遠隔操作、スマートフォンが見つからないときの探索といった多彩な機能が搭載されています。

また、就寝中に体がどれだけ動いているかで、深い睡眠、浅い睡眠、目覚めといった睡眠の状態を計測し、毎日の睡眠の質を判断できる機能のほか、入眠時間・起床時間も測定することができます。

血圧計を搭載しているモデルはまだ少なく、比較的高い精度で血圧を測りたい方にはこちらはおすすめスマートブレスレットです。

スマートフォンとの連携

このitDEALは、電話の着信通知や、SNS通知をバイブレーションによって知ることができ、会議中や電車に乗車中で電話に応答できない場合には、本体のインボタンを3秒長押しすることで、応答を拒否する使い方もできます。Androidは4.4以上、iOSは8.0以上、Bluetooth4.0に対応しています。

防塵・防水性能

itDEALのスマートブレスレットは、IP67と高い性能を誇り、砂埃が舞うような苛酷な環境でも安心して使用できるスマートブレスレットで、15cm~1mの水中に30分間沈めても本体内に浸水することはありません。このため、汗をかいたり、日常生活における手洗いや洗顔の際にも、取り外さず使用することができます。

 

PMJ iWOWNfit i6HR-C(参考価格 3,999円)

出典:https://amzn.to/2rLUK79

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× ×

 

スポーツウォッチとして使用できるほか、スマートフォンのアプリと同期することで、歩数、距離、消費カロリー、アクティブなどの情報をグラフ表示して健康状態を把握することができるスマートブレスレットです。

心拍の変動は心肺運動、脂肪燃焼運動、有酸素運動、無酸素運動、高心拍警告の5つの心拍ゾーンに分けられ、運動の強度を把握しながら、効率の良いトレーニングが可能です。ランニング、サイクリング、バドミントン、バスケットボール、サッカー、卓球、テニスの7つのエクササイズを認識し、データは自動的にスマートフォンと同期され、アプリのアドバイスを受けることができます。

また、20時以降に動きがないと自動的に心拍センサーによって、睡眠状態をモニターし、入眠時間、起床時間、深い睡眠、浅い睡眠、目覚ましゾーンをグラフで表示し、睡眠の状態を確認できます。最新の光学式HRセンサーも内蔵しているので、身に着けていれば常にリアルタイムの心拍数を表示することができ、この変化をスマートフォンのアプリでグラフ表示させる使い方ができます。

光センサーを内蔵し、周囲の明るさに応じて画面の輝度が自動的に調整されるので、屋外での強い太陽光の元でも画面表示をしっかりと確認することができる一方、暗い場所では輝度が低下するので節電と目の保護に役立ちます。電池持ちも通常より良くなるでしょう。

こちらは、血圧計も心拍計も搭載されていますが、心拍を測りたいという方におすすめスマートブレスレットです。

スマートフォンとの連携

電話の着信通知は、画面表示で知ることができ、応答拒否も可能です。SNS通知も5通まで表示可能で、メッセージの削除機能もあります。アプリでスケジュールとアラームの設定をしておけば、トレーニング中でも振動で知らせてくれます。

防塵・防水性能

IP67相当の防水防塵性能があり、汗や雨、水しぶきに対応しています。

 

ANEKEN(参考価格 3,499円)

出典:https://amzn.to/2Gkdr7a

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× ×

 

14種類のスポーツモードを搭載していて、心拍数、歩数、距離、カロリー、睡眠状態といった毎日のさまざまな活動量の計測をすることができるスマートブレスレットです。タッチ画面のほか、目覚まし時計機能を搭載し、スマートフォンのカメラを遠隔操作することもできます。

日本語のアプリに対応しており、1~2時間程度の充電で、8日間の使用が可能となっています。電池持ちも良い方です。

スマートフォンとの連携

電話の着信通知は、振動で知ることができ、SNS通知にも対応しているので重要な電話やメッセージも見逃すことがありません。Android 4.4以上、iOS 7.0以上、Bluetooth 4.0に対応しています。

防塵・防水性能

IP67の高い防塵・防水性能を誇ります。

 

Gaddyスマートブレスレット(参考価格 3,599円)

出典:https://amzn.to/2GmxQbN

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× × ×

 

Gaddyのスマートブレスレットは、心拍数、走行距離、カロリー消費、睡眠モニター、移動ルートなど日常のさまざまな活動量の計測ができるほか、睡眠の質と時間も測定することができるスマートブレスレットです。

このGaddyのスマートブレスレットには心拍計が内臓されているので、消費カロリーを正確に記録でき、運動強度を把握することで、最大限のトレーニング効果を得ることを可能にし、体重管理や健康管理を容易にしてくれる使い方ができます。比較的高めの精度で血圧を測ることもできますよ。

また、ランニングやマラソン、ジョギング、フィットネス用のスポーツウォッチとしても活用でき、時間帯を設定しておけば、長時間座ったままの状態を振動で注意喚起してくれます。このほか、本体にUSB接続口があるので、充電用のケーブルを持ち歩かなくても直接充電することができます。

Gaddyの口コミでの評判は、初めてスマートブレスレットを購入する方に向いているとのことです。また、スマートフォンへかかってきた電話を必ず取りたい人に向いているとの口コミもありました。その他の口コミでは、充電の持ちがそこまで良くはないというものもありました。

スマートフォンとの連携

Gaddyのスマートブレスレットは電話やSNSの着信があると、スマートブレスレット本体のパイロットランプが点灯し振動するので、スマートフォンをバッグの中に入れていたり、賑やかな場所にいるときでも大事な着信を逃すことはありません。Androidは4.4以上、iOS 8.0以上のスマートフォンに対応し、Bluetooth4.0に対応しています。

防塵・防水性能

Gaddyは、IP67で手洗い時にも取り外す必要がなく、汗、雨、水しぶきに対応しています。

Huawei Band2 pro(参考価格 9,335円)

出典:https://amzn.to/2GkesMw

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× × × ×

スマートブレスレットとしての定番の機能を網羅しているほか、心拍計が装備され、トレーニング結果をさまざまなかたちで可視化する使い方ができるスマートブレスレットです。最大の特徴は、スリムなボディでありながらGPSを内蔵していることで、ランニングなどの際にスマートフォンを持っていなくても、秒単位のスピードやペース、またルートや距離も正確に高精度な計測ができることです。

また、「ランニングコーチ機能」を搭載していて、「ランニング」モードで20分以上ランニングを行うと、有酸素運動能力を測るうえで重要な指標である、運動中に体内に取り込まれる酸素の最大量「VO2max」の効果測定が可能です。これにより、トレーニングをより効果的に行うことができます。

このほか、心拍計は着用時には常に自動で心拍数を計測することが可能なので、ランニング中は秒単位で心拍数値が更新されます。この心拍計は睡眠時間のトラッキングも可能で、ハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得している睡眠モニタリング技術、「HUAWEI TruSleep」により、睡眠状況や睡眠の質を把握する使い方もできます。

さらに、100mAhのバッテリーを搭載しているので最大21日間の連続使用が可能とされています。

スマートフォンとの連携

電話やSNSの着信があると、振動によって通知されます。電話の場合はコールしている間、SNSは1回振動します。しっかりとした振動で、応答のタイミングを逃すことはありません。Androidは4.4以上、iOS 8.0以上のスマートフォンに対応し、Bluetoothは4.2に対応しています。

防塵・防水性能

IP675の5気圧防水仕様で、手洗いや雨などはもちろん、スイミングのトラッキングにも対応しています。

LETSCOM スマートブレスレット(参考価格 2,399円)

出典:https://amzn.to/2ImJ95y

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× ×

安価でありながら、スマートブレスレットとして心拍数管理、歩数計、消費カロリーの記録、睡眠の質の管理など、基本機能は備えられています。Bluetooth接続が切断されそうになると、スマートフォンの紛失防止のためにアラートで知らせてくれる機能もあります。

最新のHRセンサーを内臓しているので、24時間正確で効果的に心拍数の管理ができ、0.91インチのOLEDスクリーンは、タップとスライドで操作可能なタッチスクリーンとなっています。

また、およそ7日~10日程度待機できる電池容量があり、電池持ちは連続で4日間の使用が可能なほか、ゴムバンドの交換ができるので、好みに合わせて緑、紫、黒、紫の4色から選択できます。

スマートフォンとの連携

電話やSNSの着信は、振動によって通知され、本体に内蔵されている時計は、Bluetooth経由でアップデートされるので、時刻あわせの必要はありません。遠隔カメラ操作が可能で、スマートフォンが見つからないときにはスマートブレスレット側から探索することもできます。Androidは4.4以上、iOS7.1以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

IP67の防塵・防水グレードとなっています。

WERPOWER(参考価格 3,299円)

出典:https://amzn.to/2k1bCTM

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
×

毎日の歩数や消費カロリー、移動距離を測定し、データとしてスマートフォンのアプリに記録することができるので、運動強度を維持しながら運動効果を最大化し、健康管理に役立てる使い方ができるスマートブレスレットです。

また、長く座り続けるなど、体に悪影響を及ぼす状態が続く場合には振動とアラームによって知らせる警告機能のほか、入眠から起床までの眠りの深さを記録し、睡眠の質を分析する機能もあります。

USB接続口付きなので、充電の際にケーブルが不要で、内臓の90mAhバッテリーは電池持ち30日間の連続待機が可能となっています。

スマートフォンとの連携

電話やSNSの着信があると、OLEDディスプレイの輝度が増し、振動することによって通知されるほか、遠隔カメラモードではスマートブレスレットのスクリーンをタッチすることによってスマートフォンのカメラで写真が撮影可能です。

Androidは4.3以上、iOS8.0以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

IP67に対応しているので、汗、雨、水しぶきのほか、手洗いや水泳などでも着用したままで使用することができます。

GanRiver(参考価格 3,650円)

出典:https://amzn.to/2Gn6Okq

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× ×

GanRiverは、大画面で表示も大きく画面のデザインも簡潔なスマートブレスレットです。電池持ちも十分で、タッチスクリーンの感度もよく、操作も簡単です。健康管理面の機能では、血圧測定、心拍数測定、睡眠測定などが可能で、常に健康状態を把握できます。スポーツウォッチとして、歩数測定やカロリー測定が可能で、ジョギングやウォーキング、ジムなどでの使用にも適しています。

GanRiverのバッテリー容量は60mAhで、電池持ち5~7日間で連続使用が可能になっています。

スマートフォンとの連携

GanRiverのスマートブレスレットは、電話やSNSの着信は画面の点灯と振動で通知されます。画面には着信の情報が表示されるので、重要なメッセージを逃すことがありません。Androidは4.3以上、iOS8.0以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

こちらのGanRiverのスマートブレスレットは、IP67の防塵・防水性能となっています。

Fitbit alta HR(参考価格 18,800円)

出典:https://amzn.to/2IFliRU

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× × × ×

Fitbit alta HRは、歩数、移動距離、消費カロリーなど毎日のアクティビティを記録し、PurePulse 心拍数計により、正確な消費カロリーの把握や運動強度の最適化、安静時心拍数の計測が可能なスマートブレスレットです。高精度モーションセンサーも搭載しています。

また、睡眠の時間やサイクルを自動で記録することにより、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠、中途覚醒の4段階で睡眠の質を詳細にチェックすることもできます。心拍数計を搭載していながらスリムなデザインなので、睡眠の妨げになることもありません。

フル充電であれば、電池持ち最大7日間の連続使用が可能となっています。

スマートフォンとの連携

電話やSNSの着信やテキストメッセージ、カレンダー通知もディスプレイに表示でき、大切な連絡を見逃すことはありません。およそ200種以上のAndroidおよびiOS端末、パソコンと接続が可能で、計測データは自動で同期し、クラウド上にアップロードするという使い方もできます。

防塵・防水性能

防水・防滴対応に対応しています。

こちらの記事もチェック!!

世界1位「Fitbit」のおすすめ6端末を徹底比較!他7製品も

MoreFit Slim HR Plus(参考価格 3,537円)

出典:https://amzn.to/2IKdLRH

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× × ×

時間や日付表示、心拍計、歩数計、睡眠モニター、活動量計、カロリー消費、目覚まし時計、長座注意、データ分析などが可能な、多機能のスマートブレスレットです。24時間心拍数を自動的、継続的に計測し、運動時も14種のモードで心拍数を監視できます。

データは、タッチ画面の表示やスマートフォンのアプリでチェックすることができ、運動の合理性と安全性を分析する使い方ができます。

また、活動量計として歩数、距離、消費カロリーなどを自動計測することができるほか、睡眠時間と睡眠サイクルを自動的に記録・集計し、眠りの「浅い」「深い」を計測することによって、睡眠の質のチェックができます。

スマートフォンとの連携

電話やSNSの着信通知機能があり、重要なメッセージを逃すことがありません。Androidは4.4以上、iOSは7.1以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

IP67に対応し、日常生活における手洗いや洗顔では取り外す必要はありません。

Semiro 【2018最新版】 (参考価格 3,899円)

出典:https://amzn.to/2CWmwXr

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
×

こちらのSemiroは2018年の最新版で、交換用のベルトがついたタイプの多機能スマートブレスレットになります。20ℊと超軽量で、本体にUSB接続口がついているので、充電ケーブルなしに直接充電することができます。こちらは、血圧も心拍も計ることがことができますよ。精度も悪くありません。

スマートフォンとの連携

Semiroは電話やLINE、メッセージ、SNSの着信通知機能があります。振動して知らせてくれ、電話番号や名前、アイコンで表示してくれます。必要でない場合は、通知をOFFにする使い方も可能です。Semiroの対応OSは、Androidは4.4以上、iOSは8.0以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

こちらのSemiroのスマートブレスレットは、IP67高防塵防水のタイプです。汗、雨や水しぶきにも対応しており、日常の手洗い・洗顔時にも取り外す必要ありません。但し、お風呂や温泉、サウナなどの湯気には対応できません。

Read R5 Pro Max (参考価格 1,942円~)

出典:https://amzn.to/2Nfm0sp

血圧計 心拍計 着信通知 SNS通知 音楽再生操作 防水 紛失防止 カメラ遠隔操作
× ×

睡眠監視を行ってくれる機能が搭載されていて、睡眠の測定は夜の8時~翌午前10時までの対応となっています。また、長座通知機能もあり、座っている時間を設定し、時間がきたらバイブレーションで通知してくれますよ。こちらは、血圧計・心拍計も搭載されています。

スマートフォンとの連携

電話やLINE、SNSの着信を振動で通知してくれます。全てのメッセージを忘れることなく確認することができるでしょう。Androidは4.4以上、iOSは8.0以上スマートフォンに対応し、Bluetoothは4.0に対応しています。

防塵・防水性能

IP67防水なので、小雨や汗など日常の生活において耐えることができます。

 

もし、スマートブレスレットで秒表示可能なものをお探しでしたら、スマートブレスレットではなくスマートウォッチの方がいいでしょう。

スマートブレスレットは画面が細身のため秒表示をするものがなかなかありません。一方、スマートウォッチであれば、ハイブリッドタイプなどアナログの腕時計に近いものも多く存在しているので秒表示可能なものが見つかりやすいでしょう。

※秒表示可能などスマートウォッチについてはこちらから

2018年冬最新版:各社の人気スマートウォッチを完全徹底比較!

 

日本製のスマートブレスレットが欲しいなら|ソニー・オムロン

スマートブレスレットは海外製のものが主流となっていますが、日本製品のスマートブレスレットもあります。日本製・国内メーカーのスマートブレスレットであれば、SONY(ソニー)や、オムロンのものがいいでしょう。日本製品のものがいいという方は、まずはソニーのものを試すのがおすすめです。ソニー製品は、スマートブレスレットだけでなく、スマートウォッチもあるので比較してから購入するのもいいでしょう。日本製のスマートブレスレットは日本語に対応していますし、海外製品よりも日本製は修理対応しているものが多いので安心して使えるでしょう。

また、オムロンが発表したスマートウォッチには血圧計が搭載されていますが、この血圧計は医療用のものと大差がない精度となっています。日本製だからできる精度の高さなのかもしれませんね。

気になる方は、ソニー製品とオムロン製品をチェックしてみてください。

ソニーのスマートブレスレットについてはこちら

ソニーのスマートウォッチはiPhoneでも使用可能な商品も!

 

オムロンに関する記事はこちら

2018年版Apple WatchとAndroidスマートウォッチ比較!

 

いかがでしたか。比較的安価なスマートブレスレット(スマートバンド)ですが、このように機能も種類も充実していてコストパフォーマンスは十分です。活動量計として日頃の健康管理に、あるいはランニングやトレーニングの記録に活用してみてはいかがでしょうか。

スマートブレスレットの精度も上がってきているので、きっとパパの運動不足の解消や健康維持の一助になってくれるでしょう。

 

こちらの記事もチェック!!

カシオのスマートウォッチWSD-F10はアウトドアやスポーツで大活躍!

ウェアラブル端末とは?|種類や機能・おすすめ端末8選比較など

関連する記事