湊

最高峰の技術と感動を届けてくれる「IWC」|人気6シリーズ紹介など

この記事のカテゴリー:

IWCは洗練されたシンプルな高級時計を生み出すブランド

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年に誕生したスイスの歴史ある時計ブランドです。スイスの時計ブランドで、本店がドイツ国境に近いシャフハウゼンにあるにもかかわらず英語名であるのは、創業者であるフレンタイン・アリオスト・ジョーンズがアメリカ人だったからです。日本でも『インター』の名前で親しまれています。

懐中時計が主流であった当時からIWCの時計は高評価を得ていましたが、1915年に腕時計業界に参入するようになってからもその評価は変わらず、良質な自社式キャリバーを輩出し続けていました。

1970年のセイコーによるクオーツショックはIWCにも大きな影響を与えます。そこで、IWCは安価なエタ製の機械に独自の改良を加え、カスタマイズしたキャリバーを製造するようになりました。

IWCブランドの特徴と人気の理由とは

出典:https://pixabay.com/

IWCはスイスの時計ブランドではありますが、スイスブランドの時計に多いゴージャスな装飾ではなく、比較的シンプルで無駄のないデザインのものを多数製造しているのも人気の理由でしょう。装飾よりも材質や仕上げにコストを掛けており、まさに質実剛健な製品作りにこだわっているのです。今では当たり前になっているセンターセコンドをいち早く採用したのもIWCでした。

基本設計がしっかりしているので、時計としての性能も高く、それでいて視認性や装着時の心地よさも大変優れています。

いくらメンテナンスをしっかり行ってくれる企業でも、古くなった機種などは修理不能だったり、部品を取り扱わなくなったりするものですが、IWCでは何と創業当時の時計ですらしっかりと修理を行ってくれるのです。一つの物をいつまでも大切に使いたいという方には魅力的ですよね。この姿勢もIWCが人気の理由の一つです。

また、IWCは古いものを大切にする一方で常に進化を続けるブランドでもあります。現在ある6つのラインナップでは、毎年のようにシリーズ単位で一新させているのです。

 

IWCこだわりの人気6シリーズ

ではIWCが現在製造しているラインナップにはどのようなものがあるのでしょうか。

これらの6つのラインナップにはそれぞれ違った魅力のモデルが存在します。特にお勧めのモデルもそれぞれのラインナップごとに紹介していきます。

英国空軍のために作られた「IWC パイロット・ウォッチ」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

1936年制作のスペシャル・パイロット・ウォッチから始まり、英国空軍に長いこと愛用されてきたラインです。その名の通り、ミリタリー・パイロット向けの時計で、コックピットの計器を思わせるデザインと優れた視認性が特徴です。

「パイロット・ウォッチ・マーク XVIII(マーク18)」(参考価格:408,000円)

出典:https://amzn.to/2KSZrnz

機械式自動巻きムーブメントを搭載しており、3針と日付表示のみのシンプルなデザインになっています。42時間のパワーリザーブで、6気圧防水機能も備わっています。

文字盤はブラックとシルバーメッキの2パターンがあり、ベルト部分はステンレス・スティール性ブレスレットタイプ、カーフスキンタイプ、布製ストラップタイプがあります。

裏蓋にはユンカースJu52の美しいエングレービングが施されています。

 

「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」(参考価格:710,640円)

出典:https://amzn.to/2x78GOS

機械式自動巻きクロノグラフムーブメント、キャリバー79320を搭載したモデルで、ストップウォッチ機能と、曜日表示機能も備わっている6気圧防水腕時計です。短時間計測用の1/4秒単位目盛りが付いており計測用としても申し分ない性能を備えています。

針には夜光塗料が施されており、両面反射防止加工済みサファイアガラスを使用しているため視認性にも優れています。

 

地中海を感じられる1本に出会える「IWC ポートフィノ」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

1970年代終盤からスタートしたラインで、イタリアにある漁師町ポートフィノをイメージして作られています。多くの著名人が訪れるリゾート地でもあるポートフィノの優雅で甘い生活を体現したクラシックかつ、エレガントなデザインが特徴的なモデルです。

「ポートフィノ・クロノグラフ」(参考価格: 718,200円)

出典:https://amzn.to/2s7rusB

機械式クロノグラフムーブメント、キャリバー75320を搭載したストップウォッチ機能付きのクロノグラフモデルです。

プッシュボタンのデザインが印象的で、クロノグラフにありがちな煩雑さがなく、スッキリとした文字盤が魅力的です。

 

「ポートフィノ・オートマティック」(参考価格:429,840円)

出典:https://amzn.to/2GNrDpq

機械式自動巻きムーブメント搭載で、3針と日付表示のみのシンプルなデザインになっています。それでいてリーフ型の針、裏面にポートフィノ港の風景を描いたエングレービングが施されているなど、こだわりも随所に見える逸品です。

18Kゴールドタイプ、ステンレス・スティールタイプ、更にベゼルに72個のダイアモンドをあしらったラグジュアリーなタイプなど、バリエーションも豊富です。

 

「ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ」(参考価格:1,328,000円)

出典:https://amzn.to/2IJxUEw

自社製キャリバー59800を搭載した機械式手巻きムーブメント腕時計です。日付表示に加え、ムーンフェイズ、スモールセコンド、パワーリザーブが表示されているにもかかわらずスッキリとした見やすい文字盤デザインになっています。

シースルーバッグにより、最大8日間の稼働を可能としたパワーリザーブムーブメントを鑑賞することが出来ます。

 

ダーウィンに敬意を表した特別なものもある「IWC アクアタイマー」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

1967年に初登場したもので、ダイビングの人気を受けて製造されるようになりました。

防水なのはもちろん、高水圧にも耐えられる耐久性にも優れています。スポーツウォッチでありながら、日常でも使える汎用性の高いデザインが人気です。

「アクアタイマー・オートマティック2000」(参考価格:780,000円)

出典:https://amzn.to/2IQ2Hj7

ポルシェとコラボしたオーシャン2000のデザインを踏襲した2000mの防水機能を備えたダイバー向けモデルです。

チタニウム製ケースとラバーストラップというスポーティなデザインが特徴的で、裏蓋には潜水ヘルメットのエングレービングが施されています。

46mmという大きめのケースに夜光塗料針を使用しているので視認性も抜群です。

 

「アクアタイマー・クロノグラフ“ガラパゴスアイランド”」 (参考価格:1,144,800円)

出典:https://amzn.to/2KSSTVP

自社製キャリバー89365を搭載しており、夜光塗料針・文字盤・インナーベゼルにより深い深海でも高い視認性を誇ります。

ストップウォッチ機能、カレンダー機能に加え300m防水機能という恐るべきスペックを持っています。ガラパゴスシリーズの売上は、『チャールズ・ダーウィン財団』に寄付されます。

 

原点回帰を遂げた「IWC インヂュニア」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

耐磁性に優れたエンジニア(インヂュニアはドイツ語で技師の意味)向けのモデルです。衝撃や振動にも強く、まさにエンジニア向けのラインと言えるでしょう。初の双方向自動巻き上げムーブメントを搭載することによって、巻き上げ効率も高めています。

インヂュニアはダイバーのヘルメットからインスピレーションを得て、デザインが完成されました。

「インヂュニア・クロノグラフ」(参考価格:838,000円)

出典:https://amzn.to/2KUb5yi

双方向巻き上げ式自動巻き上げ機構に自社製キャリバー69375を搭載したクロノグラフタイプ腕時計で、日付表示、ストップウォッチ機能、12気圧防水仕様です。

ステンレス・スティール製モデル以外にも、アリゲーターストラップが付属した18Kゴールド製モデルもありますよ。

 

「インヂュニア・クロノグラフ・スポーツ“50TH アニバーサリー・オブ・メルセデスAMG”」

https://www.iwc.com/ja/collection/ingenieur/IW380902/

出典:https://www.iwc.com/ja/collection/ingenieur/IW380902/

メルセデスAMG車の高性能車に搭載されているディスクブレーキにインスピレーションを受けたモデルで、250本限定となっています。

レッド針と大きなアラビア数字が印象的なデザインで、自社製キャリバー89361を搭載しています。

 

2人のポルトガル人時計商の注文から生まれた「IWC ポルトギーゼ」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

1939年に二人のポルトガル人時計師に『大型でも構わないから高性能な時計を』と依頼されて作られた、モデルです。IWCのラインナップの中でも最も優雅で美しいデザインとも言われています。

「ポルトギーゼ・クロノグラフ」(参考価格:738,000円)

出典:https://amzn.to/2INNfDO

ポルトギーゼシリーズの中でも最も人気の高いモデルの一つで、クロノグラフタイプでありながらスッキリとした美しいデザインが魅力的です。ストップウォッチ機能付きの3気圧防水仕様です。

キャリバー79350を搭載しており、ケースの素材や文字盤カラー、ベルトなどのバリエーションも豊富です。

 

「ポルトギーゼ・オートマティック」(参考価格:2,635,200円)

出典:https://amzn.to/2GNX5UG

ほっそりとした繊細さを感じさせるリーフ針、クラシカルなデザインが特徴的で、裏蓋はシースルーバッグですので中の自社製キャリバー52010を鑑賞できるようになっています。無反射コーティングサファイアガラスですので色んな角度からでも時間が見やすくなっています。

人間工学的に再設計されたため、スリムな手首の方にも最高の着け心地を堪能することが出来ますよ。

 

「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」(参考価格:998,000円)

出典:https://amzn.to/2KUfvFo

自社製キャリバー89361では最大12時間までの計測が可能で、サブダイヤルに表示される計測タイムは時刻と同じ等に読み取ることが出来るようになっています。

シースルーバッグからはキャリバーと、コート・ド・ジュネーブ装飾が施された美しいローターを鑑賞できます。

 

IWCで長年人気のモデル「IWC ダ・ヴィンチ」

60年代後半、ダ・ヴィンチの思想にインスパイアされて作られるようになったモデルです。1985年には永久カレンダーを搭載したモデルを製造し、話題を呼びました。幾何学的な模様などを取り入れたデザインも特徴的です。

「ダ・ヴィンチ・オートマティック」 (参考価格:558,900 円)

出典:https://amzn.to/2IPoqHP

3気圧防水の機械式自動巻きムーブメントにリーフ針、大きなアラビア数字を施した視認性に優れたモデルです。クラシカルなデザインは男女問わず人気があり、あらゆるシーンで使える汎用性の高いモデルと言えるでしょう。

ケースは文字盤カラー、ベルトの種類も選ぶことが出来ます。キャリバー35111を搭載しており、両面反射防止済みのサファイアガラスと搭載していますので傷もつきにくくなっています。3針と日にち表示だけのシンプルなデザインですが、どこかにエレガントさを感じられる美しい時計です。

 

IWCを取り扱っているブティック・店舗

現在日本でIWCを取り扱っている店舗は全国に60箇所(東京15箇所)となっています。

ここでは、IWCの銀座ブティックをご紹介します。

住  所:東京都中央区銀座6-7-16 岩月ビル1F

電話番号:03-5537-6071

営業時間:11:00~20:00  (日曜日・祝祭日~19:00)

 

IWCの時計は定期的なメンテナンスを

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

IWCの時計は元々非常に質がよく、素材にもこだわって作られているのですが、毎日のように使っているとどんなに丈夫な時計でも徐々に精度が失われてきます。

そこで、IWCでは2年に一度のメンテナンスサービスと、5年に一度のコンプリートサービスの利用を推奨しています。

一度パーツを徹底的にチェックし、洗浄・修理等を行った後、更に厳しい基準を満たしているかどうか数日掛けて入念に調べた後、手元に返されます。

メンテナンスサービス後は24ヶ月の保証期間も設けられますので、大切な時計をいつまでも長く愛用したい方は、是非利用するようにしてください。

IWCのベルト交換は?|純正・非純正

長いこと使用しているとベルト部分も傷んできます。また、中には気分やTPOによってベルトを使い分けたいという方もいらっしゃるでしょう。

純正のベルトの場合、IWC製品を取り扱っている店舗に行き、ベルトを購入しその場で交換してもらうことも可能です。中には複数のベルトをあらかじめ用意して自分で付け替える方もいらっしゃいます。

時計の幅が合えば、非純正のものも付け替えられます。時計専門店でも付け替えてもらえますので、自分では不安とういう方や、道具をお持ちでない方などは、依頼するようにしましょう。

 

IWCを愛用している芸能人

IWCは日本の芸能人の方も多く愛用していらっしゃいます。

・谷原章介さん:「ポルトギーゼ・クロノグラフ」

出典:https://amzn.to/2INNfDO

 

・木梨憲武さん:「ポルトギーゼ・オートマティック」

出典:https://amzn.to/2GNX5UG

 

・さまぁ〜ず大竹一樹さん:「アクアタイマー・クロノグラフ“ガラパゴスアイランド”」

出典:https://amzn.to/2KSSTVP

 

・ケンドーコバヤシさん:「アクアタイマー2000」

出典:https://amzn.to/2GR1sy2

 

・麒麟 川島明さん:「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」

出典:https://amzn.to/2x78GOS

 

・中井貴一さん:「ポートフィノ・ハンドワインド」

出典:https://amzn.to/2xll4Lx

関連する記事