https://www.photo-ac.com/

日帰り旅行【関東エリア】おすすめスポット11選&日帰り温泉も紹介

この記事のカテゴリー:

この記事の目次

ふらっと行ける日帰り旅行!【関東エリア編】

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

毎日仕事などで忙しくしている日々は、知らぬ間に身心共にストレスを溜めてしまうもの。せっかくの休日なら、家族や仲間とリフレッシュしたいですよね。

しかし泊りで行くのは、時間も経済的負担もかかります。そこでこちらでは、日帰り旅行が出来る関東近郊のおすすめスポット11選をご紹介します。

また、観光した帰りに寄れる「日帰り温泉」施設も併せてご紹介します。

 

おすすめ日帰り旅行スポット①:奥多摩湖(東京都)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

都心から車でわずか2時間の所にある奥多摩。ここには家族で楽しむことが出来る自然が広がり、まさに日帰り旅行向けの「オアシス」といった雰囲気が楽しめる場所で人気があります。

奥多摩には、奥多摩湖やキャンプ場、ダムなどもあり都心ではなかなか経験ができない体験をすることが出来るのも魅力の一つ。癒しだけでなく、アウトドアも楽しめる観光スポットと言っても良いでしょう。

<奥多摩の名所>

・小河内ダム

昭和32年に完成したダムで、その規模の大きさに驚く方も続出。展望台から覗くことが出来るのも都内では出来無い体験ですね。

【基本情報】

住  所:東京都西多摩郡奥多摩町原

営業時間:見学は自由。展望塔は10:00~16:00(定休日無)

・日原鍾乳洞

雨天でも楽しむことが出来る鍾乳洞。広さもあり、夏場でもひんやりとした涼しさを体験出来ます。

【基本情報】

住  所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052

営業日 :1/4~12/29 (年末年始休業12/30~1/3)

営業時間:4/1~11/30→8:00~17:00

     12/1~3/31→8:30~16:30

アクセス:JR青梅線奥多摩駅から路線バスでおよそ30分、「日原鍾乳洞」下車。

    (休日はバスが手前の東日原(ひがしにっぱら)止まりとなるので、東日原バス停から徒歩約20分。)

※注意ポイント※

肌寒さが予想されるので、上着を持っていくのがおすすめです。またサンダルなどは滑りやすいので避けましょう。

 

帰りは奥多摩温泉「もえぎの湯」で癒される|神経痛や健康増進に効果あり

奥多摩に日帰り旅行に行ったら立ち寄りたいのが「もえぎの湯」。

日本最高の地層と言われている古生層より湧き出る奥多摩温泉の源泉100%の温泉として、訪れる人を癒してくれます。

神経痛や健康増進に効果があるとされ、露天・内湯・足湯と様々なお風呂が揃っているのが特徴。食事処もあるのでゆったり過ぎすことが出来ます。

【基本情報】

住  所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1

アクセス:奥多摩駅から徒歩約10分

営業時間:9:30~20:00

休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)

 

おすすめ日帰り旅行スポット②:江川海岸(千葉県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

「死ぬまでに見たい千葉県の絶景」と呼ばれている江川海岸。日本のウユニ湖と比喩されるほど、幻想的な風景を楽しむことが出来ると評判です。

こちらは木更津市にあり、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台となっていると言われています。

江川海岸の名所は並んで建っている海中電柱。干潮時には並んで建っているだけの電柱ですが、満潮時には影が映り込み「天空の影」とも言われるほど美しい景色を見られるので、夕方に訪れるのがおすすめです。

また近辺では木更津の潮干狩りも楽しむことが出来ます。

【基本情報】

住  所:千葉県木更津市江川

アクセス:最寄り駅は内房線「岩根駅」。岩根駅からタクシーで、約6分。

料金:無料(潮干狩りは中学生以上1,600円、4歳以上小学生まで800円。)

※注意ポイント※

実は、電柱が並ぶ砂浜は「立ち入り禁止区域」。電柱横はかなり深くなっているので危険も多いです。必ずマナーを守りましょう!

 

「湯の郷かずさ」は備長炭風呂がおすすめ|その他8種類もお風呂がある

湯の郷かずさでは備長炭風呂を始め、男女それぞれ8種類のお風呂を楽しむことが出来ます。

館内は広いので、ゆったりとくつろぐことが出来、リラックスタイムにぴったり!日帰り旅行の疲れを癒して帰ってください。

【基本情報】

住  所:千葉県木更津市潮見5-7-1

電話番号:0438-30-2345

アクセス:・バスの場合 木更津駅西口より「イオンモール木更津線」へ乗車し「県営住宅前」で下車。

     ・車の場合  木更津南料金所を出たら、富津岬(国道16号線・君津市街・木更津港方面出口)から国道16号線を千葉方面へ。

料  金:平日→大人730円・子供360円(平日20:00以降:大人530円) / 土日祝・特定日→大人830円・子供530円

 

おすすめ日帰り旅行スポット③:沖ノ島(千葉県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

沖ノ島は、千葉県の館山にある無人の陸繋島です。島の周囲は1km弱、島までは200m程の砂浜(夏は海水浴場)と繋がっており、夏場は特に多くの観光客で賑わっています。

沖ノ島は、南房総国定公園(名称:沖ノ島公園)の指定を受けている自然環境区域として、自然豊かな体験をすることが出来ます。

環境省が実施する「海水浴場水質調査」で毎年最高レベルの「AAランク」と認定されるほどの水質を誇り、遠浅で波も静かなのも魅力です。

【基本情報】

住  所:千葉県館山市館山1563

アクセス:・電車の場合 JR内房線「館山駅」下車→日東バス館山航空隊行「館山航空隊前」下車

     ・車の場合  館山自動車道、最終地点の富浦インターを降りて、国道127号線を左折、館山バイパス方面へ。

※注意ポイント※

島の裏手は波が強いので遊泳はやめた方が良いとされています。また、遊泳区間も設けられており、場所によっては監視員が付かないので小さなお子様連れの場合は、しっかり確認しながら遊びましょう。

 

個室風呂もある!南総城山温泉「里見の湯」|予約は忘れずに

庭園露天風呂やジェットバス風呂、また岩盤浴や有料ではありますが個室風呂も完備。家族連れで行っても別々に入浴しなくても良いのが嬉しいですよね。

個室風呂は、予約必須なので日帰り旅行の前に事前に予約しましょう。

【基本情報】

住  所:千葉県館山市下真倉305-1

電話番号:0470-25-1126

アクセス:・電車の場合 JR内房線「館山駅」からタクシーで6分。
・バスの場合 館山日東バスで、JR内房線「館山駅」から安房白浜行きで約10分。青柳バス停を下車し、徒歩5分。

料  金:平日→大人1,080 円・小人500 円 / 土日祝日→大人1,480 円・小人500 円

営業時間:10:00 ~ 23:00(最終受付22:30、貸切風呂は~21:00)※年中無休

貸館内遊着・貸タオル・貸バスタオル・シャンプー・ボディソープ(脱衣室にドライヤー完備)は、料金に含まれています。

 

おすすめ日帰り旅行スポット④濃溝の滝(千葉県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

千葉県の君津市にある濃溝の滝は、清水渓流広場としてインターネットを通してなど広く知られることになりました。

洞窟にスポットライトの様に差し込む光は神秘的で、訪れるものを魅了しています。近くには350年ほど前に水田耕作のために作られた「亀岩の洞窟」もあり、中にある亀の岩を見ることが出来ます。辺りには「幸運の鐘」もあり、見どころが多いのでおすすめです。

【基本情報】

住  所:千葉県君津市笹1954-17

アクセス:アクアラインから君津インターを降り、房総スカイラインから県道24号線を鴨川方面へ向かいます。

※注意ポイント※

ヒルやマムシなどが出る場合があるので、長袖や長ズボンの着用をおすすめします。

 

チョコレート色の温泉を楽しめる「亀山温泉ホテル」|亀山湖を一望できる露天風呂も

濃溝の滝の日帰り旅行を締めくくるなら、亀山温泉ホテルの日帰り温泉がおすすめ。ホテルの若旦那は「温泉ソムリエ」の資格を取得したことで亀山温泉の良さをさらにアピールできる様になりました。

チョコレート色のお湯が自慢の亀山温泉は、地下2000mから自噴する温泉です。亀山湖を一望できる露天風呂が魅力です。

【基本情報】

住  所:千葉県君津市豊田65

電話番号:0439-39-2121

アクセス:・電車の場合 「上総亀山駅」から徒歩12分、タクシーで2分。

     ・車の場合  木更津ICから国道410号で20kmほど進んだ所にあります。

料  金:日帰り 大人 1,000円・子供(3歳~小学生)800円

Facebookでチェックインした方には、タオル・バスタオルレンタル(通常、計400円)が無料になるそうです。

 

おすすめ日帰り旅行スポット⑤:ユーシン渓谷(神奈川県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

神奈川県足柄にあるユーシン渓谷は、丹沢の秘境として知られています。新緑と紅葉を楽しむことが出来るスポットとして近年人気がでたスポットで、山道を登り、いくつかのトンネルをくぐると出てくる絶景が魅力。目の前に広がる渓谷のブルーは、息を飲む様な美しさで「ユーシンブルー」としても有名です。

日帰り旅行先としては申し分なく、まるでファンタジーの世界に来た様な気分を味わえることでしょう。

【基本情報】

住  所:神奈川県足柄上郡山北町玄倉

アクセス:小田急線・新松田駅から「西丹沢自然教室」行きの富士急湘南バスに乗り、約45分。「玄倉」で下車。

料  金:無料

※注意ポイント※

山岳事故等の緊急車両配備のために、ゲート付近や山道では駐車禁止です。新松田駅からバスで行きましょう。

 

中川温泉「ぶなの湯」は武田信玄の隠し湯として有名!|胃腸の病や切り傷に効果も

「ぶなの湯」は、武田信玄の隠し湯といわれる中川温泉にある日帰り温泉入浴施設で、温泉の泉質は水酸化物イオンの濃度の高い(ph10.1)のが特徴です。

胃腸病や切り傷の回復に効くとされています。ユーシン渓谷はとても歩く時間が長い為、日帰り旅行の締めくくりに温泉につかるのがおすすめです。

【基本情報】

住  所:神奈川県足柄上郡山北町中川645-8
電話番号:0465-78-3090

アクセス:小田急線・新松田駅からバスで55分・

料  金:大人2時間700円・1日1,000円、小人2時間400円・1日700円

営業時間:平日10:00~18:00 / 4月~11月までの土・日・祝日10:00~19:00 / 12月~3月までの土・日・祝日10:00~18:00

定休日 :毎週月曜日 (年末年始休業:12月28日~1月4日)

 

おすすめ日帰り旅行スポット⑥:箱根・芦ノ湖(神奈川県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

箱根観光で欠かせない芦ノ湖。神奈川県で最大の湖であり、名所はもちろんリゾートホテルなども建ち並んでいることもある為、多くの観光客が訪れていることが知られています。

首都圏からの日帰り旅行にはピッタリの距離感が魅力。また、適度な自然と富士山を眺めることが出来る最高のロケーションが、時代問わず人気がある理由と言えるでしょう。

観光スポットとしてのメインは、芦ノ湖の海賊船での遊覧。桃源台港、箱根町港、元箱根港を結ぶ海賊船は、家族連れでも楽しむ音が出来るアトラクション的な役割を果たしています。

他にも箱根関所や箱根神社など、芦ノ湖周辺には日帰り旅行に最適なスポットが点在しているのです。

【基本情報】

住  所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根184-1

アクセス:・電車の場合 小田原駅・箱根湯本からバスで60分

     ・車の場合  厚木ICより70分、御殿場ICより50分

営業期間:3月1日~12月下旬まで

 

虻川温泉「竜宮殿本館」で絶景を堪能!|神経痛・筋肉痛・関節痛に効果あり

絶景日帰り温泉所として人気がある「竜宮電本館」。箱根十七湯の中で最も新しい虻川温泉で、2017年にリニューアルしたばかりの綺麗さが魅力です。

雄大な芦ノ湖の自然の他、富士山まで望むことが出来るこの場所で、身心共にリラックスして日帰り旅行を締めくくりましょう。

泉質はカルシウムやナトリウム、硫酸塩泉、塩化物泉。神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果があると言われています。

【基本情報】

住  所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

電話番号:0460-83-1126

アクセス:・電車の場合 東海道新幹線「小田原駅」から伊豆箱根バスで1時間20分(ザ・プリンス箱根芦ノ湖行き)。

            元箱根から龍宮殿本館まで無料で運行している循環バスも利用可。

     ・車の場合  東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路経由で52km。

料  金:大人1,800円 小人1,000円 幼児500円

営業時間:10:00 ~22:30

有料で貸し切り個室もあるので、日帰り旅行の最後に少し休んでいきたい方に最適です。

 

おすすめ日帰り旅行スポット➆:猿島(神奈川県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

猿島は横須賀にあり、東京湾の中では唯一の自然島です。面積は横浜スタジアムのグランドの約4倍ほどの広さで、三笠桟橋からの約10分の船旅で到着することが出来る日帰り旅行に相応しい場所として人気があります。

旧海軍の要塞として一般人の立ち入りは禁止されていましたが、戦後開放されました。レンガ積みのトンネルや砲台跡などの旧軍施設もあり、まるで冒険している様な気分に浸れること間違いなしです。

バーベキューなどのアウトドアも楽しむことが出来ます。

【基本情報】

住  所:神奈川県横須賀市猿島1

電話番号:046-825-7144 (株式会社トライアングル) ※猿島渡船の運航会社になります。

アクセス:・電車の場合 京急横須賀中央駅から三笠桟橋まで徒歩15分、JR横須賀駅から三笠桟橋まで徒歩30分
・車の場合  横浜横須賀道路横須賀ICから、本町山中道路経由三笠桟橋まで約3km ※三笠桟橋より船で10分

料  金:猿島航路乗船料 大人1,300円・小学生650円

     入園料 15歳以上(中学生を除く)200円 小・中学生100円

営業時間:航路運航時間 3月~11月8:30~17:00 / 12月~2月9:30~16:00

定休日 :3月~11月は毎日運航 / 12月~2月は土・日・祝日のみ運航

 

熱の湯と呼ばれている横須賀温泉「湯楽の郷」|高濃度炭酸泉が人気!

温泉の泉質は、舐めると塩辛い海水に似た成分で、かつて海だったところの海水が地下に滞留して熱せられ湧き出しているもの。「熱の湯」と呼ばれているのは、保温効果が高く湯冷めしにくいことからきています。

特に人気なのが高濃度炭酸泉の湯で、体内に取り込まれた炭酸ガスは全身の血管を拡張し、血液の循環をよくする効果があることで知られています。健康増進を希望する多くの日帰り旅行者が訪れています。

【基本情報】

住  所:神奈川県横須賀市馬堀海岸4-1-23

電話番号:046-845-1726

アクセス:・電車の場合 京急本線馬堀海岸駅より徒歩約12分。

・バスの場合 馬堀海岸駅より「観音崎行き」または「立野団地行き」または「防衛大学校行き」乗車、「馬堀中学校前」下車、徒歩4分。

料  金:大人(中学生以上)平日1,030円、土休日・特定日1,230円・ナイトサービス(平日21時以降)830円
小人(0歳~小学生)平日510円、土休日・特定日610円

※入館料にはレンタルバスタオル・フェイスタオル代が含まれます。

営業時間:通年9:00~24:00(最終受付23:00)

 

おすすめ日帰り旅行スポット⑧:野反湖(群馬県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

野尻湖とは、群馬県と新潟県と長野県の県境に位置する湖です。標高約550m前後の高原にある湖で、諏訪湖よりも水量が多いのが特徴。ナウマンゾウの化石が発見された場所として知られ、現在も発掘調査が進められています。

観光スポットとしては「野尻湖ナウマンゾウ化石博物館」や、野尻湖遊覧船などが人気がります。

また黒姫高原などの自然豊かな景観も見どころの1つ。日帰り旅行でのんびりしたいのならこちらがおすすめです。

【基本情報】

住  所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山国有林223林班

アクセス:・電車の場合 吾妻線・長野原草津口駅からバスで野反湖へ。

     ・車の場合  渋川・伊香保ICから国道353号で約40分の中之条へ。

営業時間:遊覧船等のオンシーズンの4月中旬~11月 8:30~17:00

2007年から一般利用可能になった京塚温泉「しゃくなげの湯」|リューマチなどに効果あり

京塚温泉は、もともと地域の人々が利用してきた温泉で、平成19年(2007年)から一般利用ができるようになりました。

カルシウム硫酸塩・塩化物泉が、高血圧症・動脈硬化症・創傷・リューマチに効果があると言われています。

大自然を感じたいのならこちらの温泉に入浴してから日帰り旅行を締めくくりましょう。

【基本情報】

住  所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山3257

電話番号:0279-95-3768(野反ライン山口)

料  金:500円(貸切1,000円)

営業時間:10:00~19:00 (要確認)

定休日 :不定期

※注意ポイント※

利用の際は喜久豆腐店か宿くじら屋で料金を支払い、入浴用の鍵を借りましょう。

 

おすすめ日帰り旅行スポット➈:茶臼岳(栃木県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

那須連山の中央に位置する活火山の茶臼岳。ロープウェイで8合目まで登ることが出来、歩道が整備されているため頂上までも気軽に上がることが出来ます。

家族連れや初心者でも気楽に登山を楽しむことができるのが魅力で、天気が良いと関東平野を一望できるロケーションは多くの観光客を魅了しています。

また山の裏手側から吹き上がる活火山の白煙を間近に見ることができ、その迫力に感動するかも。

【基本情報】

住  所:栃木県那須郡那須町大字湯本

電話番号:0287-76-2619 (那須町観光協会)

アクセス:・電車の場合 JR東北本線黒磯駅から東野バス那須山麓行きで60分終点下車、ロープウェイ山頂駅から徒歩約50分。

     ・車の場合  東北自動車道「那須IC」より40分(ロープウェイ山頂駅まで)

営業時間:ロープウェイは8:30~16:25(但し、季節により異なる)
休業日 :ロープウェイは12月~翌3月19日まで休み、また強風時も休み、他は無休です。

 

1300年の歴史・那須温泉「鹿の湯」|かぶり湯も体験できる

鹿の湯は、七世紀前半、約千三百年前に開湯されたと言われています。松尾芭蕉が立ち寄った場所としても有名。

建物は明治時代、玄関は大正時代に建造され、その伝統や格式を今の時代まで伝えていることで人気があります。日本の良き時代を感じることが出来る鹿の湯は、日帰り旅行を締めくくる際には相応しいでしょう。

全国に数少ない「かぶり湯」という温泉効果を高める入浴前の方式が有名なので、ぜひ試してみて下さい。

【基本情報】

住  所: 栃木県那須郡那須町湯本181

アクセス:東北道那須ICより那須街道経由、那須温泉方面へ20分

料  金:大人 土日祭日500円 ・平日400円 / 小人300円

営業時間:8:00~18:00

定休日 :なし・年中無休

 

おすすめ日帰り旅行スポット➉:袋田の滝(茨城県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

日本三名瀑と呼ばれている袋田の滝は、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇り、迫力ある景観を楽しむことが出来ます。滝の流れが大岩壁を四段に落下することで、「四度(よど)の滝」とも呼ばれ多くの観光客から愛されています。また、流れる水のラインは繊細で細やか。四季それぞれの味わいを見せてくれる袋田の滝は、まさに日本の良さを感じとることが出来る自然の財産と言えるでしょう。

【基本情報】

住  所:茨城県久慈郡大子町

アクセス:袋田駅から徒歩40分、又はタクシーで5分

営業時間:8:00~18:00 (11~4月は9:00~17:00)

定休日 :なし・無休

 

美人の湯・袋田温泉「思い出浪漫館」|神経痛や五十肩などに効果あり

袋田の温泉は平安時代からの長い歴史が有名。

泉質はアルカリ性単純泉(ph値:8.9)で神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺等に効能があると言われています。

源泉かけ流しの渓流露天風呂が人気で、美人の湯ともいわれ特に女性の観光客が多いとか。他にも大浴場や露天風呂もあるので、楽しむことが出来ます。

【基本情報】

住  所:茨城県久慈郡大子町袋田978

電話番号:0295-72-3111

アクセス:・電車の場合 JR袋田駅⇔ホテル間送迎有り(2時半~4時半)。※袋田駅から徒歩20分。

     ・車の場合  那須ICから50分。

料  金:大人1,000円 小人500円(レンタルタオル代は別)

営業時間:渓流露天風呂11:00~12:00 / 露天・大浴場12:00~14:30

 

おすすめ日帰り旅行スポット⑪:秩父・長瀞(埼玉県)

https://www.photo-ac.com/

出典:https://www.photo-ac.com/

秩父の長瀞と言えば埼玉が誇る観光名所として有名です。長瀞は、大自然の恩恵を受けたアクティビティが充実し、家族で日帰り旅行を楽しめると人気があります。

特におすすめなのがライン下りで、その雄大さには目を見張るものがあるでしょう。また近くには三峯神社もあり、秩父を堪能することが出来ます。

【基本情報】

住  所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞529-1

アクセス:・電車の場合 池袋から西武池袋線(特急)で西武秩父まで約80分、西武秩父駅から秩父鉄道(お花畑駅)まで徒歩10分、秩父鉄道(お花畑駅)に乗換えて約20分。

     ・車の場合  関越自動車道 練馬ICから花園ICまで約50分、国道140号で約30分。

 

 

満願滝を見ながら入れる秩父温泉「満願の湯」|黄金の湯は誰しもが癒される

「満願の湯」は日本百観音の結願寺、秩父札所34番水潜寺のふところに地下数百メートルから湧出した温泉です。

特に満願滝を眼下に望むことが出来る露天風呂「黄金の湯」は、入る誰もが癒されたと感想を述べることで知られています。黄金の湯には新緑・紅葉と種類がある他、産の湯などバラエティに富んだお湯が魅力です。

【基本情報】

住  所:埼玉県秩父郡皆野町下日野沢4000

電話番号:0494-62-3026

アクセス:・電車の場合 秩父鉄道・皆野駅から皆野町営バス日野沢行きで15分秩父温泉下車。 ※秩父鉄道・皆野駅、長瀞駅周辺から無料送迎あり。

     ・車の場合  関越自動車道花園ICから140号で秩父方面へ約30分。

料  金:大人 平日800円・17時~600円 / 土日祝日3時間900円・1日1,000円

     小人 平日400円・17時~300円 / 土日祝日3時間450円・1日500円

営業時間:10:00~21:00 最終入館受付20:30

定休日 :なし・年中無休

1/1