https://consumer.huawei.com/jp/tablets/mediapad-m5-10-pro/

HUAWEIのタブレットの最新製品や人気モデルを徹底比較!

この記事のカテゴリー:

スマホと2台持ちする人が多い「タブレット」

最近はデジタル化の流れでスマホはもちろん、タブレットも所有しているといういわゆる2台持ちの方も多くなっていますよね。タブレットはスマホよりもサイズが大きく、PC機能も詰め込まれていることで、用途に応じて使う端末を変えているという方も良く見受けられます。

そこでご紹介したいのがHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットです。

 

HUAWEIの人気タブレット4選!|スペック比較も

HUAWEIの最新タブレット①:「MediaPad M5」

出典:https://amzn.to/2ttcuG0

MediaPad M5は、IPS液晶ディスプレイを搭載したタブレットで、

RAMは4GB、最大256GBまでのmicroSD外部ストレージも搭載しています。

HUAWEI(ファーウェイ)のタブレットは、映像の綺麗さに定評があることで知られています。また、世界的なオーディオブランドであるハーマン社が提供している高品質オーディオも最大の特徴なのです。

大人の男性が片手で乗せることが出来る8インチという大きさも魅力。タブレットの大きさはどこも縮小してきてはいますが、HUAWEI(ファーウェイ)のタブレットMediaPad M5は、8インチを大事にしていることで小さめが好みの方の支持を受けています。

対応OS   :Android™ 8.0 Oreo・Emotion UI 8.0

プロセッサ :Kirin 960 オクタコア(Cortex-A73 + Cortex A53)

ストレージ :32GB

メモリ   :RAM 4 GB・ROM 32 GB

カメラ   :1300万画素

重量    :320g

ディスプレイ:8.4インチ

 

サクサク使えるHUAWEIのタブレット②:「MediaPad M3 Lite」

出典:https://amzn.to/2MWMV8x

「MediaPad M3 Lite」は、Huawei MediaPad M3の機能をもっと安値で利用できるというコスパの良さが魅力です。描写速度の速さとサクサクとタップできる気持ちの良さは、機能的と人気。

メモリが3Gあるので、利用する上では問題も無く、使い勝手が良いでしょう。価格帯もお手頃なので、スマートフォンのサブ的役割で持ちたい方にはおすすめ。

対応OS   :Android7.0

プロセッサ :Snapdragon435

ストレージ :32GB(microSD最大128GB)

メモリ   :3GB

カメラ   :800万画素

重量    :308g

ディスプレイ:8インチ

 

LTE対応のSIMフリーなHUAWEIのタブレット③:「MediaPad T3」

出典:https://amzn.to/2ttaNZ6

HUAWEIのタブレットで特に人気があるのは、「Huawei MediaPad T3 8.0」

LTE対応のSIMフリータブレットとして発売されたことで、多くのタブレットユーザーから支持されています。また最大の魅力はコスパで、価格帯が2万円前後と安いのがポイント。値段が安いからといって品質が劣るわけではないのも嬉しいところです。

しかし、しっかりした常用タイプには向いていないのは事実なので、通勤時や休憩中にアプリやメール確認をする程度のサブ持ちとしての利用がおすすめ。もちろん、不自由なく使うことが出来ます。

このシリーズの他の商品は9.6インチのものが多く、やや大きめ。サイズ感で選ぶのが良いですね。

対応OS  :Android6.0

プロセッサ:Snapdragon615

ストレージ:16GB(microSD最大128GB)

メモリ  :2GB

 

外でも見やすいHUAWEIのタブレット④:「MediaPad T2 7.0 Pro

出典:https://amzn.to/2yHyu4P

Huawei MediaPad T2 7.0 Pro」は、他のタブレットに比べて7インチとサイズがとても小さくなっているのが人気の理由。

小さい故、外出時にも持ち運ぶことが想定されており、外でも見やすいファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu(クラリビュー)」を採用。これは明るさを自動調整する機能で、どこでも見やすい画面で使いやすくなっています。

また太陽光を調整する「Sun View」、自動で太陽光を感じる「Color Plus」、ブルーライト調整の「Eye Care Mode」も搭載し、シーンを選ばずにタブレットを利用することが出来ますね。

また1300万画素のカメラの搭載も、よりクオリティの高い写真を撮れると評判です。

対応OS   :Android5.1

プロセッサ :Snapdragon615

ストレージ :16GB(microSD最大128GB)

メモリ   :2GB

アウトカメラ:約1300万画素

インカメラ :約500万画素

ディスプレイ:7インチ

 

HUAWEIの最新作タブレット徹底比較!

それではここでHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットの2018年の新作商品について特徴や機能などをご紹介します。

HUAWEIの新作タブレット①「HUAWEI MediaPad M5 」 (参考価格:49,464円)

出典:https://amzn.to/2ttcuG0

 

こちらの新商品は2018年5月に発売になりました。まず音響の良さと8.4インチという持ち運びやすい大きさが人気の秘密です。

5100mAhの大容量バッテリーは、9V・2Aの急速充電にも対応し、使いやすさも抜群。

Wi-Fiモデルに加え、LTEモデルも用意されており、自身のライフスタイルにより決めることが出来ます。価格帯も高機能な割に手を出しやすい設定が魅力的で、多くの方が2台持ちとして利用しています。

対応OS   :Android™ 8.0 Oreo・Emotion UI 8.0

プロセッサ :Kirin 960 オクタコア(Cortex-A73 + Cortex A53)

ストレージ :32GB

メモリ   :RAM 4 GB・ROM 32 GB

カメラ   :1300万画素

重量    :320g

ディスプレイ:8.4インチ

 

HUAWEIの新作タブレット②「HUAWEI MediaPad M5 Pro 」 (参考価格:59,184円)

出典:https://amzn.to/2KbrAdy

対応OS   :Android™ 8.0 Oreo・Emotion UI 8.0

プロセッサ :Kirin 960 オクタコア(Cortex-A73 + Cortex A53)

メモリ   :RAM 4 GB・ROM 64 GB

カメラ   :1300万画素

重量    :500g

ディスプレイ:10.8インチ

オーディオにこだわりがあり、今まで2基だったスピーカーは4基に増えました。ですので、最高の音質で、音楽やメディアをより迫力たっぷりで楽しむことが可能に。

またこちらの製品の最大のポイントは、スタイラスペンのクオリティーの高さです。イラストを作成したり、ミーティング中にメモをとったりすることが出来、便利さという面では群を抜いた高品質さが魅力です。4096段階の筆圧・傾き検知も可能なスタイラスペン「M-Pen」が付いており、書き込みも楽々。

価格帯は6万円前後と、決して同じサイズ感で高機能を持っているタブレットと比べると安値ではないですが、スタイラス機能が搭載していることを考えるとお得ではあるでしょう。こちらはWi-Fiモデルのみの発売です。

 

HUAWEIのタブレット新作におすすめのカバーは?

タブレットはそのままで使うのも良いですが、やはり傷つきやすく汚れやすいのでケースに入れるのがおすすめです。そこでこちらでは上記でご紹介した2018年HUAWEI(ファーウェイ)のタブレットにおすすめのケースについてまとめます。

おすすめHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットケース①

出典:https://amzn.to/2MopYdb

こちらの商品は、タブレットケースとしてはもちろんのこと、側面にカード入れや紙幣入れがついているのが魅力。財布の様な役割をしてくれるケースは一石二鳥。外出時に気軽に持っていけますね。

 

おすすめHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットケース②

出典:https://amzn.to/2Kj0Qad

こちらのケースは手を入れる場所が付いており、メール確認や動画鑑賞時でも手が疲れないのが特徴。

タブレットを落としてしまう心配も軽減し、気軽に外出時のお供にすることが出来ますね。

 

おすすめHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットケース③

出典:https://amzn.to/2tF7LAa

手帳型が流行っている中で、敢えてシンプルにこだわるのであればこちら。柔らかいソフトケースは、軽く持っているのも便利ですよね。手帳型だと開くのが面倒だという方にはぴったりです。

 

おすすめHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットケース④

出典:https://amzn.to/2ItmlAb

指紋汚れを防いでくれるこちらのカバー。人とは違うデザイン性は、持っていても楽しくなれますね。アート性抜群のタブレットケースとして人気で、様々なバリエーションから選ぶことが出来ます。

 

HUAWEI(ファーウェイ)のタブレットを修理に出したい場合は?

もしもファーウェイのタブレットを使用中に不具合が生じたら、修理を依頼しましょう。

修理には「宅配修理」と「持ち込み修理」とがあり、「宅配修理」には電話やメール、またはチャットによる申し込みと、Webサイトでの申し込みがあります。(申し込み手順はホームページ掲載)。

一方で「持ち込み修理」にはファーウェイ・カスタマーサービスセンター(店頭修理)と、ファーウェイ・サポートカウンター(修理取次のみ)があるので注意しましょう。

<店頭修理依頼の場合>

ファーウェイ・カスタマーサービスセンター銀座店

住  所:東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ2階

営業時間:10:00~20:00(1月1日、2月・8月第3月曜日、12月31日休業)

 

HUAWEIとは

HUAWEI(ファーウェイ)社は、中国の深圳に1987年に設立。中国語表記は「華為技術」、英語表記では「HUAWEI」と書き、従業員持ち株制による民間企業です。

携帯電話やスマートフォン、PC、タブレット、ウェアラブル端末などの製品を次々と販売し、デザイン性の高さから多くの通信機器愛好家に支持されてきました。

特にタブレットに関しては品質の高さも有名で、国外問わず注目されている会社の一つです。

1/1