AppleWatch3から初代まで!suicaなどおすすめ便利アプリ7選も

この記事のカテゴリー:

Apple Watchとは

Apple Watchは2014年に発表されたApple製のスマートウォッチです。スクエア型のケースが特徴的で、スマートウォッチと言えば「Apple Watch」という方も多いでしょう。

主にiPhoneとApple WatchをBluetoothで接続することによって、着信やメール、SNSなどを通知してくれますし、iPhoneに保存している音楽データなどを転送して聴くことも可能です。アプリの数も非常に豊富で、ヘルスケアやゲーム、様々なユーティリティをインストールすることで更に便利に使えるようになります。

現在は、Apple Watch 3までが販売されています。

 

「Apple Watch Series 3」って?|GPSモデルとGPS+Cellularモデル・38mmと42mm

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

「Apple Watch Series 3(Apple Watch 3)」は、2017年に発売されたモデルです。

Apple Watch 3には、GPSモデルとGPS+Cellular(セルラー)モデルがあり、後者の方はiPhoneがなくてもApple Watch 3単体で着信通話やSiriの使用が出来るようになったことで話題になりました。

Apple Watch 3は、50m耐水で、GPSに高度計も備わっていますのでマラソンや登山等のスポーツにもおすすめです。

ワークアウトアプリも豊富で、ランニングやサイクリング、水泳などにも対応しています。Apple Watch 3のアクティビティトラッカー機能により、文字盤に3つのリングが表示されます。ムーブ、エクササイズ、スタンドが3つのリングで可視化されるので、健康管理にももってこいのスマートウォッチと言えるでしょう。

Apple Watch 3はバンドの種類も豊富で、ナイロン、スポーツタイプ、レザー、ステンレススチールのものと組み合わせることが出来ます。

Apple Watch 3のケースサイズは38mmと42mmがあり、磁気充電ケーブルが同梱されており、バッテリーは最大18時間駆動となっています。

 

Apple Watch Series 3 38mm (参考価格:45,800円)

出典:https://amzn.to/2Kdapro

 GPS+Cellular(セルラー)モデルには、スペースグレーのアルミニウムケースに、ブラックのスポーツループを合わせた新タイプが登場しました。以前からあったゴールドやシルバーと新しく出たスペースグレーのアルミニウム、またはシルバーかスペースブラックのステンレススチールと、多彩なバンドとの組み合わせでGPS+Cellularモデルも45,800円(税別)からの価格帯となります。

Apple Watch Series 3 42mm GPS+Cellular(セルラー)モデル

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=Apple+Watch%C2%A0Series+3%E3%80%8042mm%E3%80%80GPS%EF%BC%8BCellular

出典:https://amzn.to/2tW8G0k

 

また、Apple Watchのバンドには、2018年3月より新しく「スプリングコレクション」が登場しました。

ホワイトとカラフルなカラーを組み合わせたナイロン素材のバンドにはストライプ柄などがあり、Nikeより発売されている最新のランニングシューズと合わせられる限定のNikeバンド、Apple Watch Hermèsのストラップなどが出ています。

Apple Watchのバンドは、Apple純正以外にも、サイズが合えば交換可能です。純正にはないベルトも楽しめ、雰囲気の幅も広がるので、ぜひお気に入りのデザインを見つけてみてください。

 SUPCASE Apple Watch Series 3 保護ケース バンド

出典:https://amzn.to/2KBraxu

 

Apple Watch Series 3のレビューは?

Apple Watch Series 3の使用感などのレビューはどうなのでしょうか?

実際に使っている方の感想は、セルラーモデルの方が使いやすく便利という意見が多いようです。AppleWatch単体でも使えるので、スポーツ時にiPhoneを持ち歩かずに済むことも。サイズに関しては、好みが分かれるところのようです。

 

Apple Watch 3とエルメスのコラボ|ラグジュアリーな「Apple Watch Hermès」

Apple Watch 3にはエスメスとのコラボモデルがあります。

4つのデザイン文字盤に、3種類のインデックス、ストラップ・日付・世界時間の3つの機能を自由に組み合わせることが出来ます。Hermesのシンプルトゥールやドゥブルトゥールのデザイン性の高いバンドが各種揃っており、オレンジ色Hermesスポーツバンドは全モデルに付属してきます。

ケースサイズは38mmと42mmの2種類で、いずれもステンレススチール製です。

Apple Watch Hermès (参考価格:139,800 (税別))

 

ナイキとのコラボモデル|「Apple Watch Nike+」

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

Apple Watch 3にはナイキとのコラボモデルもあります。

「Apple Watch Nike+」は、Apple Watch 3と基本的な性能はほぼ同じですが、Nike専用の文字盤があり、コンプリケーションをタップすれば直接Nike+Run Clubアプリを起動させることが出来るようになっています。

元々Nike+ Runningというアプリ名だったNike+Run Clubは、様々なランデータを計測・管理してくれるだけでなく、コーチングやデータの共有なども出来るアプリです。目標が達成されるとトロフィーやバッジが贈呈されモチベーション維持にも一役買ってくれます。

更にApple MusicにはNike+Run Club専用のプレイリストもありますので、音楽に合わせてスポーツを楽しみたい方にもおすすめです。

基本的に4つのシリーズから選べるようになっていますが、お好みでバンドを付け替えることも可能です。

Apple Watch Nike+ (参考価格:36,800円)

出典:https://amzn.to/2loNKKq

 

非常に丈夫な「Apple Watch EDITION」

「Apple Watch EDITION」は、ケースがセラミック製の特別仕様です。通常のステンレススチール製Apple Watch 3よりも軽く、約4倍の強度があります。

基本性能はApple Watch 3と同じで、ケースサイズは38mmと42mmがあります。

グレイセラミックとホワイトセラミックの2カラーから選べます。

Apple Watch Edition (参考価格:139,800円)

https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-edition

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-edition

 

「Apple Watch Series 2」はApple Watch Series 3とどう違う?

「Apple Watch Series 2」とApple Watch 3ではどのような違いがあるのでしょうか。

Apple Watch Series 2は、2016年に初代Apple Watchの後継機種として登場したモデルでWatch OS 3が搭載されています。Apple Watch 3と違い、Cellular機能は備わっていません。

GPS内蔵で50m耐水機能が備わっています。アルミケースモデルはスポーツバンドとウーブンナイロンバンド、ステンレススチールモデルはスポーツバンド、ステンレススチールバンド、レザーバンドがあります。

こちらにもApple Watch 3同様、Nike、Hermèsとのコラボモデルとセラミック製のEDITIONモデルがあります。

現在はSeries 3の発売をもって販売終了となっています。

Apple Watch Series 2 (参考価格:37,800円)

出典:https://amzn.to/2lrTTWc

 

Apple Watch EDITION(Series 2)

出典:https://amzn.to/2ls0sIH

 

「Apple Watch Series 1」とApple Watch 3の違い

Apple Watch Series 1というと、Series 2より前のモデルのイメージがありますが、こちらはSeries 2と併せて登場した初代のリファインモデルです。

初代Apple Watch Spotsとほぼ機能は同じですが、Watch OS 3が搭載され、デュアルコアプロセッサーにバージョンアップしています。

Apple Watch 3のようなGPS機能やCellular機能はついていません。

Apple Watch Series 1 (参考価格:27,800円)

出典:https://amzn.to/2lquDj9

 

AppleWatch対応のおすすめ便利アプリ7選

https://pixabay.com/

出典:https://pixabay.com/

Yahoo!天気

https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo-%E5%A4%A9%E6%B0%97/id521974902?mt=8

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo-%E5%A4%A9%E6%B0%97/id521974902?mt=8

天気アプリは是非入れておきたいものです。こちらのアプリはApple Watchのコンプリケーションに表示することが出来るため、すぐに起動させられるのが魅力的です。

 

Sleep Meister

https://itunes.apple.com/jp/app/sleep-meister-%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0lite/id599456380?mt=8

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/sleep-meister-%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0lite/id599456380?mt=8

睡眠サイクルを記録すると共に、寝言の録音機能や入眠時に自動停止する音楽プレーヤー機能などが備わっています。眠りの浅いレム睡眠時にアラームを鳴らしてくれるのでスッキリと目覚められます。

 

Wunderlist

https://itunes.apple.com/app/wunderlist-to-do-list-tasks/id406644151

出典:https://itunes.apple.com/app/wunderlist-to-do-list-tasks/id406644151

To Doリストやスケジュールを管理するのに便利なのがこちらのアプリです。買い物リストを家族と共有することも可能です。

 

こよみ – 月カレンダー

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%81%93%E3%82%88%E3%81%BF-%E6%9C%88%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC/id961407108?mt=8

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%81%93%E3%82%88%E3%81%BF-%E6%9C%88%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC/id961407108?mt=8

22種類のカラーテーマが選べ、イベントや祝日などもさっと確認することが出来ます。週の開始曜日も変更できるので使いやすさも抜群です。

 

PCalc Lite

https://itunes.apple.com/jp/app/pcalc-lite/id300311831?mt=8

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/pcalc-lite/id300311831?mt=8

ウィジェット対応の電卓アプリで、簡単な計算はもちろん、単位の変換等にも対応しているので非常に便利です。

 

Microsoft Translator

https://itunes.apple.com/app/microsoft-translator/id1018949559

出典:https://itunes.apple.com/app/microsoft-translator/id1018949559

海外サイトの翻訳や、画像翻訳、音声翻訳などが出来るアプリです。日常ではもちろん海外旅行時にも役立つこと間違いなしです。

 

suica

https://itunes.apple.com/jp/app/suica/id1156875272?mt=8

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/suica/id1156875272?mt=8

対応しているApple Watchであればプラスチック製のカードがなくても簡単にSuica決済が出来るようになるアプリです。

 

AppleWatch 3でSuicaを使えるようにするには

Apple Watch Series 2以降のApple Watchと、7以上のiPhoneがあればApple WatchでもSuica(スイカ)が使えるようになります。

まずはiPhone上でApple Watch Appを開き「WalletとApple Pay」→「カードを追加」をタップしましょう。後は表示される手順に沿って操作をすれば完了です。

プラスチック製のSuicaや相互利用可能な交通系ICカードに対応しているところでは、読み取り部分にApple Watch 3をかざすだけで決済可能です。

圏外であっても問題ありません。

読み取りが完了すれば画面に「完了」が表示されます。

※suica(スイカ)の使い方などをさらに詳しく知りたい方はこちらもチェック!

AppleWatchとAndroidWearのスマートウォッチ比較!など

 

AppleWatch 3でLINEを使うには

Apple Watch 3でもLINEを使えるようにするには、Apple Watch 3にLINEアプリをインストールしましょう。

Apple Watch 3とペアリングしているiPhoneからApple Watchを起動させ「マイウォッチ」から「LINE」を選択し、「AppをApple Watchで表示」をオンにしてあげればApple Watch側にもLINEがインストールされます。

Apple Watch 3側にLINEのアイコンが表示されたら、タップすることで起動させられます。

こうしておけばiPhoneにLINEの着信やメッセージが届いた場合、Apple Watch 3側にも通知が届きます。音声入力を使えば文章の返信も可能です。絵文字や定型文での返信もできます。

通知は、メッセージだけでなく、写真やスタンプも表示されます。

さらに、GPS+Cellular(セルラー)モデルであれば、Apple Watch単体でメッセージの送受信が可能となっています。

 

忙しいあなたにおすすめの便利アクセサリ|磁気充電ドック

Apple Watch磁気充電ドック (参考価格:8,800円)

出典:https://amzn.to/2KDsb8f

Apple Watch 3を購入すると、同梱物として、1m磁気充電ケーブルがありますが、この磁気充電ドッグは、この上にAppleWatchを置くだけで充電される便利なアクセサリです。こちらの「Apple Watch磁気充電ドック」は、Apple Watchに付属している1m磁気充電ケーブルと同じ電磁誘導充電コネクタを採用しているので安心して使えますよ。

Apple Watchのバンドを開いたまま、裏面を下にしたり、横向きに置いたりしても充電できます。38mmと42mmのどちらのモデルでも充電可能です。

また、横向きに置くと、Apple Watchが自動的にナイトスタンドモードになり、目覚まし時計としても使用可能となります。

 

最新「Apple Watch Series 4」は?|新デザイン・機能強化も?

現在、Series 3まで出ているApple Watchですが、次世代の「Apple Watch Series 4」がこの秋登場予定との噂が出ています。

Apple Watch 4は、デザインが新しくなり、ディスプレイが現在よりも15%大きくなり、駆動時間の延長も予定されているようで、さらに、ヘルスケアの機能も進化する様です。

ヘルスケア機能として、心電図計や血糖値計が追加されるという噂も。

常に進化していくApple Watch。「Apple Watch 4」が登場する予定の秋が今から楽しみですね。

 

Appleとはどんな会社?

Apple Watch 3などのApple Watchを製造しているApple社は、1976年にスティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアックの二人によってアメリカに設立されたハードウェア製品の製造・販売を行うメーカーです。

MacシリーズやiPhone、iPadなど革新的なデバイスを次々と発表しており、世界的にも大変人気があります。

関連する記事